FC2ブログ

朝イチのサーフィンで一番困るのはトイレ問題

2021_0614-29.jpg

サーフィンに限らず、山でも同じだと思うが、
朝一から行動したいとなれば、
現場近くでする車中泊は最高の選択肢だ。
ただ、そうしたときに真っ先に頭に浮かぶのは
トイレ問題。

ウェットスーツに着替えて
最初のパドルで便意が発動したり、
バックカントリーに出発した後で
便意に襲われたりするのは、まあまあ最悪だ。
やはり、スッキリと憂いのない精神状態で
行動を開始したいもの。

早朝に家を出て向かうぶんには
その道中でお腹の調子をパーキングエリアやコンビニに
合わせつつ向かえるのですが、
前乗りでの車中泊となるとそうもいかない。

宿泊ではなく、テント泊や、車中泊であれば、
朝トイレが近くにあることは必須条件なのでありますが、
そのトイレのある場所がポイント付近にあるとは限らない。

まずは現場近くのトイレやコンビニを優先して
車泊場所を見つけたりするのですが、
すっかり便通が乱れている私の場合、
かと言って起きてすぐに便意を催すとも限らない。

車泊を好んでするようになってから、
トイレ問題は一番と言っていい頭痛の種となりましたが、
実は精神的な影響が大きいセンシティブな問題なので、
一番の解決策は「いつでもかかってきなさい」的な
心の余裕であると常々思ってきた。

そんなトイレ問題について、
日々葛藤を繰り返してきたわけなのだが、
ついに根本から解決する策を見出すことと相成った。

2021_0614-24.jpg

それがこの折りたたみ式の簡易トイレ
『InstaPrivy インスタント・トイレ・キット』であります。
アウトドアトイレ、非常用トイレなど、呼び名は様々だが、
もちろんその用途はひとつ。
トイレのない場所でのトイレに他ならない。

2021_0614-30.jpg

座面にビニール袋を設置して、
中に凝固剤を配置すれば準備OK。

と、ここまでのモノだったらAmazonでもすぐに見つかる。
こいつが秀逸なのは・・・

2021_0614-25.jpg

『プライベート・シェルター』と呼ばれる
簡易テントもこのキットに含まれていること。
何はなくともこれが一番重要。

中で立つことのできる着替え用のポップアップテントと
簡易トイレを組合わせている事例なども見かけるのですが、
やったことのある人なら分かると思うが、
ポップアップテントの片付けは、
それを考えるだけで便意が失せるほどパズル的で超面倒。

その点この簡易シェルターは、少々コツは要るものの
クルマ用の外枠にワイヤーを設えた
丸く畳めるサンシェード程度に畳むのが簡単。

2021_0614-27.jpg

そして、この簡易シェルターが秀逸なところは、
このテント部が自立せず、
座った状態で頭に乗せるだけの帽子式であること。
なので脚などの余分なパーツが存在しないので
言ったように折り畳みも簡単だし、
小型軽量にできている。
なんならこの中で座りながら着替えだってできる。

ただ、風の強い日は突然飛んでいって
あられもない姿が丸見えにならないよう注意したい。

2021_0614-26.jpg

中から外が窺えるようになっているのは、
トイレに集中したいムキには良いのか悪いのか
ちょっと微妙ではありますが、
目を瞑れば済むことでもあるし、
換気の意味もあるようなので、まあいいだろう。

2021_0614-22.jpg
2021_0614-23.jpg

そしてそして。
40cm四方のザック型の収納バッグに
オールインワンで仕舞うことができる。
ビニール袋と凝固シート10回ぶんと、
ハンドシャベル、トイレットペーパーも付属。

ちなみに、簡易トイレ用のビニール袋と凝固剤は
Amazonで普通に手に入る。

これを背負ってどこかに出かけるのは、
まさに災害時ってくらいの状況に限定されるだろうが、
コンパクトに収まってくれるのはクルマ移動であっても便利だ。

2021_0614-32.jpg

と、考えに考え抜かれた、
とても秀逸なアウトドアトイレですが、
最初に見つけたのはもちろんクラウドファウンディング。

ひと目見て「これだ!」と思ったのですが、
超超超早割であっても
私の熱を一気に冷ますほどの高額商品で、
さすがに簡易トイレにそこまでの出費は・・・と、
そのときはあっさりと諦めた。

それから一年近く経ったころに、車上生活者の暮らし
を描いた映画『ノマドランド』を観たのですが、
劇中でもキャンパーたちのトイレ問題がフィーチャーされており、
それに触発されて改めて簡易トイレを探してみたらナント!
Amazonでこいつが普通に売られているいるではありませんか!
しかも、大きな声では言えませんが50%OFFのチケット付!

クラウドファウンディングの超超超早割(35%OFF)
の値段がAmazonでの定価。
そこから更に50%OFFになるチケットを見つけたときの
私の衝撃具合は、どなにも分かっていただけるだろう。
悩み無用で購入させていただきました。

これに限らず、
近ごろクラウドファウンディングで見つけた商品を
数ヶ月後にAmazonで安く見つけるコト
が増えてきている。

真っ先に手に入れるか、一年待って安く手に入れるか。
セッカチとセコさのせめぎ合いは誠に悩ましいので、
今回の出会いはホントにツイていたと言えるだろう。

さておき。
これでいつ便意に襲われても問題なし。

なのですが、実際の場面を想定して
いつものフィールドを見渡すに、
これを出すのは相当に勇気が要ることもまた
偽らざる事実でありまして・・・
まだこれを使うことはできていないのであります・・・

_ _ _ _ _ _ _ 土と雪と:次回の更新は明後日(金)です_ _ _ _ _ _ _
これまた1年越しで公開されたお待たせ作品
『ブラック・ウィドウ』のお話。
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2021.07.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

久しぶりに多くの仲間と入った茨城の海の話

2021_0705-5.jpg
2021_0705-10.jpg

沖縄に移住したatuが仕事で一時帰京した。
atuは1ヶ月前にもこちらに来ていたので
実は久しぶりというわけではない。

ただ、仕事の打ち合わせだけこなして
慌ただしく帰って行った前回とは違い、
今回はプライベートな時間もとれると言うことで、
久しぶりに一緒に海に入れることになった。

2021_0705-1.jpg

今回atuを羽田まで迎えに行ったのは
私が暇だったせいもあるのだが、
とあるブツを一緒に飛行機に載せてもらい
それを受け取りに行くため。
“クルマで受け取りが必要なブツ”という時点で
まあまあバレバレではありますが、
その話はまたあとですることとしよう。

そんなわけで、
この日はatuの仕事の時間まで、
久しぶりに二人であーでもないこーでもないと
大して古くもなっていない旧交を温めた。

2021_0705-2.jpg
2021_0705-3.jpg

そうしてその週末。
atuと海に入るのは日曜日なのですが、
私は土曜から前乗り。
集合場所は例によって大貫。

この週末から急激に梅雨らしい天気になってしまった。
atuが沖縄から低気圧を連れて来たというのが、
仲間内の大方の予想。
その真偽のほどは置いておくとして、
ここ大貫に通い慣れた私としては、
実にらしい強い北東からの風波。
特に問題ございません。

いつもほどではないにせよ、
実際多くのサーファーがここ大貫にやって来ていた。
茨城の波あるある。

そんな北東風が予想されていたこともあり、
この日はノンビリと昼前に社長出勤。

道中は強めに雨に降られたりしたが、
海に着くと晴れ間も覗くなかなかの状況。
着替えのタイミングで雨が止んでいるのはとても助かる。

そうして11時過ぎに入水したのですが
気温はかなり低め。
海水温はさほどでもないので、
海に浸かっていた方が暖かく感じる。

ちょっと嫌な予感はしていたので、
さすがに取り越し苦労かも、とは思いつつも、
2mmながら裏側に起毛のある
保温力の高い方のウェットスーツを持ち込んだのですが、
それで正解でありました。

2021_0705-17.jpg

面は強めにザワついていて、
波待ちで船酔いに似た症状が出るほどなのに、
あるときビタッとコシくらいの波間の面が
きれいに整う瞬間がある。
それは突然目の前に現れるのですが、
慣れてくるとその予兆に気づけるようになる。

2021_0705-11.jpg
2021_0705-14.jpg

それを数えると、
まあまあの波数であることに気づける。
というわけで、2時間でそこそこ乗らせていただいた。

2021_0705-8.jpg

最近、ここ大洗の市営駐車場で
車上荒らしが頻発しているという。
そう言えば、パトカーが広い駐車場内を
巡回しているのを最近よく見かける。
数年前にクルマごと盗まれる被害が頻発したことがあったが、
近ごろは窓ガラスを破って
社内の貴重品を持ち出す窃盗事件のようだ。

犯人は朝一のまだ人がまばらな時間帯に
サーファーが海に向かった直後を狙ってくるらしい。

近ごろは鹿嶋の方まで被害が広がっているということなので、
茨城LOVERSの皆さんにはご注意をいただきたい。

2021_0705-12.jpg
2021_0705-7.jpg

15時から第2ラウンド。
サイズは下がったが状況に大きな変化はなし。
ただ半ドンで仕事を終えた方々なのか、
サーファーの数はグンっと上昇。

30分ほど経った頃にコモさんが入って来たのですが、
コモさんがショートジョンにタッパーの姿だったので
ちょっと驚いた。はじめは、
実はショートジョンでも問題ない気温だったのかも
とか思ったのですが、あとから聞いたら
コモさんのヤセ我慢だったようだ。

それから更に30分後にユウタくんが追っかけ入って来て
無事二人と合流。

ただ、私はほどなく電池切れ。
波数も減ったので先に上がることにしたのですが、
どうやらこのあと波数は持ち直したらしい。
こういうコンディションを確実に掴むためにも、
もう少し体力が欲しいトコロ。

2021_0705-15.jpg
2021_0705-18.jpg

とはいえ、
ここのところ昼前に帰る波乗りばかりだったので、
久しぶりに入る夕映えの海に感激しきり。
気持ちイイなあ。

その晩は近くで車中泊したのですが、
気温も低めで過ごしやすかった。のですが、
雨も止んだためか遅くまで駐車場で騒ぐ輩もいて
なかなかに寝苦しい夜となってしまった。

夏の夜は車中泊の場所には気を付けないとならない。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

翌日曜日。

2021_0705-19.jpg

朝も雨は止んでおり、薄く陽が差す状況。

私が目を醒ました5時半の時点で、
朝一サーファーのTくんを筆頭に
ユウタくん、atu、OYくん、Hさんはすでに入水済み。

2021_0705-21.jpg
2021_0705-20.jpg

私が駐車場で歯磨きを終えた頃に到着したマッツンと
6時半に追いかけ入水。ちなみに、
前日から一緒だったコモさんは完全寝坊。

波は前日の2ラウンド目とあまり変わらない感じでしたが、
気温の方は更に低くなった。
返す返すも裏起毛のスーツを持って来ておいて良かった。

ただ、二日間波乗りするのは久しぶりだったので、
この日は体力的な不安の方が大きい。

案の定、パドルが遅い遅い。
前日よりもブレイクポイントが前後に散らかり気味で、
こういうときによく現れる追いかけても割れない波も
多く混ざり、そうした波をまったく追いかけきれない。
かといって、割れ際を狙うと速すぎて、乗ってもすぐ
波が崩れてしまうスープライド。

この日は2時間と、1時間半と2ラウンドしたのですが、
そんなわけで、ほとんど波のフェイスを滑ることは
叶わなかった。残念無念。

2021_0705-22.jpg

それでも、
久しぶりに多くの仲間たちと入る海はやっぱり格別。
良い波じゃなくても、
太陽の光が燦々と降り注ぐような日じゃなくても、
海の上でワイワイやってるだけで楽しい。

2021_0705-23.jpg

ランチは二週続けて大洗のタイ料理。
毎日でも食べられるガパオライスですが、
この日は敢えて「牛肉チャーハン」。
ガパオライス一推しの姿勢に変わりはないが、
チャーハン系も旨し。
これで毎日でもここに来られることが判明した。

というわけで、
天気も波もイマイチでしたが、
それを上回るメンツの良さでいつも以上に楽しめた。
これまたヨキ週末でありました。

また気兼ねなく仲間と集まれる日々が戻って来て欲しい。

_ _ _ _ _ _ _ 土と雪と:次回の更新は明後日(水)です_ _ _ _ _ _ _
海にせよ、山にせよ、
前乗りで車中泊するときの一番の懸念点は
何をさておきトイレ問題でありましょう。
そんな、Car団地派の抱えるビッグイシューに
とてもナイスなソリューションを手に入れた。
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2021.07.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR