FC2ブログ

テレビって本当に終わってるんだ と、思った話

0014138.jpg

いよいよ今週開幕する東京オリンピック。
ここまで笑っちゃうくらいにいろいろありました。

とはいえ、オリンピック自体には特に思い入れもない。
それでもシンプルに私の中のナショナリズムが
刺激されることは確かで、
メダルが期待される選手がいると聞けば
競技にかかわらず関心は沸く。

そんな程度の関心しかないので、
たとえコロナ禍で中止が決定しても
特に何の問題もなかった。
なので、“何となく”開催反対論、
感染症拡大危険論に同調してきたのだが、
よくよく考えてみると、
“何となく”でいいわけないよな?
と考えさせられることがあった。

先日の『ワイドナショー』で、国際政治学者の
三浦瑠麗さんが面白いことを言っていて、
ビッグデータを解析すると、Twitter上で
オリンピックに関することが話題に上がる割合よりも
テレビで報道される割合の方が多いのだという。
解析の詳細も紹介されなかったし、
それ以前にMCの東野幸治さんは
この話題を避けるように話を逸らしてしまったので、
それ以上広がることもなかったのですが、
「さんざん開催に反対の姿勢を示してきたテレビが
 開催をすると決まれば手のひらを返したように
 応援に回る」という市井の声が紹介された流れでの
発言だったので、テレビ的に地雷を踏んだのか?と
余計に気になってしまった。

国民はコロナ禍においてのオリンピック開催に対して
実はあまり関心を寄せてはおらず、
むしろテレビの方が過剰に報道していることに関して、
是非とも三浦さんの見解を伺いたかったのですが、
そのあともそのコメントはスルーされてしまったので
三浦さんの発言の意図は想像するほかないのですが、
(普通なら録画であればカットされるであろう
 三浦さんがコップの飲み物をこぼしたシーンを
 ずっと長回ししていたのは、それを三浦さんの
 動揺と見せようとしたテレビ側の意図
 であったように思えてしまった)、
テレビに映る方々の多くと、
テレビのこちら側にいる一般人とで、
感染症対策に関する意識の温度差があったように
感じていた私は、それを聞いて思うことがあった。

テレビで繰り返されるオリンピック危険論を受けて
国民感情が誘導されていた可能性はないのだろうか?
テレビっ子の私は、
すっかりテレビに洗脳されていたのではないのか?

無観客開催にしてしまったのも、
感染封じ込めの準備が整わないままで
開催に至ってしまったことも、
私たちテレビ世代のせいかもしれない。

テレビに踊らされた我々世代
(政治家、JOCも我々世代)が、
物事を悪い方向に持って行ってしまったように感じる。
もしくは、正しい議論をさせなかった可能性がある。

開催するにはどうするべきなのか?
成功させるにはどうするべきなのか?
開催賛成論も議論のテーブルに挙げる必要が
あったのではないのか?

今回の問題が、今の日本がテレビ世代とネット世代との
世代交代の端境期にあることを明らかにしたのかもしれない。
すでにテレビを信用していない世代からすれば
「何を今さら・・・」といったトコロなのだろうが、
テレビを信頼できた時代というのは
それはそれで、とても幸せな時代だったのでありますよ。

どっちが良い悪い、古い新しいの話ではなく、
これからは今まで以上に
他人の意見の真偽を見極めるために
世の中を疑って見つめる嫌な時代になるのだと感じる。
本当にテレビの時代は終わったのだな、
テレビサイズの政治の時代は終わったのだな、と、
世論のほとんどをテレビから吸収してきた
テレビっ子としては何とも寂しい出来事に映りました。

と、実にオジサンらしい
取り留めのない徒然になってしまった。
海に行かないと、こんなことばかり考えてしまって
ほんとダメだな。

やっぱり閉鎖感は何も生み出さない。

_ _ _ _ _ _ _ 閑話休題 _ _ _ _ _ _

東京パラリンピック
車イいすバスケットボール男子決勝
(3位決定戦・表彰式)のチケットが当たった
ことは
前にもお伝えしたが、無観客かどうかに関しては
「7月8に開催された五者協議で、『今後の感染状況等を踏まえて判断する必要があることから、オリンピックが閉会した後(2021年8月8日以降)に、パラリンピックの観客数の取扱いを決めることとする』との方針が示されました。」
ということらしい。
「示されました」とか、他人事のように言ってますが、
これは大会組織委員会から届いたメールの中の一文。

こんなところにも責任のなすり付け合いを感じて
寂しい限り。

さておき、車いすバスケの会場は
さいたまスーパーアリーナから
新設された有明アリーナに変更になっていた。
9月5日(日)はすでにワクチン接種は
2回とも完了しているはずなので、
こうなったら是非
パラリンピックは観客を入れて開催して欲しい。

_ _ _ _ _ _ _ 土と雪と:次回の更新は明後日(水)です_ _ _ _ _ _ _
【キニナルクルマノハナシ】の第4話をお伝えいたします。
やっぱり私の心の真ん中には、いつもあいつがいるわけで・・・
  

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

2021.07.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

ブラック・ウィドウ

blackwidow1.jpg



『ブラック・ウィドウ』もやっと公開された。
クワイエット・プレイス2
ゴジラvsコング』と同様に、待たされすぎて、
この際もうどでもよくなりかけておりましたが、
ゴジラやエヴァンゲリオンと同様に、
ほとんど腐れ縁のマーベル作品なので
やはり観ないわけにはいかない。

blackwidow8.jpg

『ブラック・ウィドウ』は直訳すると
「黒い未亡人」ということになってしまうのですが、
これは「クロゴケグモ」という
毒グモに由来するコードネーム。
お尻の模様がタイトルロゴにもあしらわれております。

というわけで、この映画は女スパイアクションモノ。

スカーレット・ヨハンソン演じる
ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフは
ジェニファー・ローレンス主演の『レッド・スパロー』
と同じように、旧ソ連が生み出した女性秘密工作員。
そんな東側の女スパイが、紆余曲折を経て
西側のヒーローチームであるアベンジャーズの一員として
活躍してきたわけなのですが、ナターシャ・ロマノフは
アベンジャース/エンドゲーム』ですでに殉職している。

blackwidow6.jpg

つまり今作は前日譚で、エンドゲームから遡って
シビル・ウォー』と『インフィニティ・ウォー』の間の世界が舞台。
シビルウォーでアベンジャーズが分断されてしまったため
その機に乗じてロシアから裏社会を牛耳ってきた
秘密組織「レッドルーム」が暗躍をはじめる。
ナターシャの過去とも繋がりのあるその組織との戦いを通じて
ブラック・ウィドウ誕生の背景となる
“紆余曲折”の部分が描かれる。

前評判によると、なぜエンドゲームのあの場面で、
ナターシャは自らが犠牲になることを選んだのか?
その理由が語られるとのことで、
それを確認することと、今後のユニバースにつづく
トピックがないのかを確認することが、
私が劇場まで足を運ぶモチベーションなのであります。

劇場まで足を運ぶと申し上げましたが、
今作も新型コロナ時代のニュースタンダードとも言える
劇場公開の翌日から動画配信も開始されている。
ただ、自宅で鑑賞しようとすると、
Disney+の定額料金以外にプレミアムセクセス料金
税込3,278円がかかるので、
感染症対策に腐心されている方、もしくは
よっぽど映画館へのアクセスが悪いとかいう以外は
映画館で観た方がお得だし迫力もある。

ただ、結論から申し上げますと、
配信でも充分楽しめる規模感の作品でありました。

というのも、
ワンダヴィジョン』をはじめとした
Disney+配信のドラマシリーズの出来が良すぎで、
ブラック・ウィドウ クラスの作品は
完全に喰ってしまっているように感じるから。

本来ブラック・ウィドウの方が先に劇場で公開され、
そのあとに『ファルコン&ウィンターソルジャー』
そして『ワンダビジョン』の順で
Disney+で配信が開始されるはずが、
すっかり逆順になってしまった。
(ファルコン&〜がワンダビジョンよりも
 あとになったのはコロナ禍による撮影の遅れから)
当初の予定通りに昨年の5月に
『ブラック・ウィドウ』を観ていたら
だいぶ印象も違ったように思うのはとても残念。

ナターシャの紆余曲折にもこれといった驚きもなく、
誰か大御所がカメオ出演しているのかと言えば
それもない。ファンとしては物足りないが
そのぶん初見の方でも楽しめる内容とも言える。

blackwidow2.jpg

ただ、つまらなかったのかと言うとそんなわけでもなく、
中でも、今回初登場となったナターシャの妹分で、
同じく旧ソ連の組織であるレッドルームによって
秘密諜報部員として育てられた
エレーナの皮肉っぽいキャラクターは、
今後の展開も含めて期待大の存在でありました。

ミッドサマー』、
『ストーリー・オブ・マイライフ/私の若草物語』の
フローレンス・ピュー演じるエレーナの、
真面目でどこか影のあるナターシャとは180度違った
陰鬱な影はありながらも、どこか飄々とした
現代っ子風のキャラクターはかなり魅力的。

例によってエンドロールの最後に収められた
ポスト・クレジットシーンでも
エレーナの今後の活躍が示唆されている。

blackwidow3.jpg

ナターシャはどちらかというと
強面のクールなキャラクターなので、
劇中でもイジられるようなことはまずないのですが、
そんなナターシャにもお構いなしで、
エレーナはガシガシにツッコんでいく。
中でもこのナターシャの有名なポーズを
いじり倒すところは面白かった。

blackwidow4.jpg

ちなみに、
スパイダーマンも似たようなポーズを取るのですが、
それはやはり“クモつながり”だからなのだそう。

blackwidow7.jpg

もう一丁、小ネタを披露しておくと、
ナターシャの子供時代を演じたのはなんと
『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチの娘さん。
こんな大きなお子さんがいるんですね。と、
オジサンはつい時の流れを感じずにいられない。

blackwidow5.jpg

さておき、どうやら『ブラック・ウィドウ』は
エレーナを主軸とした続編がすでに企画されているようだ。
人気、実力共に証明済みのフローレンス・ピューの起用は
当然“ポスト・ナターシャ”を視野に入れてのことだろうから
それも確定路線と言え、特に驚くようなことでもない。
今作でブラック・ウィドウ役を卒業したと公言している
スカーレット・ヨハンソンも、
何らかのカタチで再演する可能性もあるとかないとか。

相変わらずMCUは、
こういった布石の打ち方が得意。
まんまと乗せられてしまう私も私だが、
それが楽しみで観続けているのでそれも仕方がない。
(オススメ度:70)

_ _ _ _ _ _ _ 土と雪と:次回の更新は19日来週月曜です_ _ _ _ _ _ _
この週末は何もせずにダラダラと自宅で過ごしたので
フィールドワークのネタもない。
せっかくなので、TOKYO2020に対する
徒然を書いておこうと思う。
  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2021.07.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR