夏休みの思い出動画:栗原川林道



自然を相手にする以上、その是非はどうしても天候に左右されてしまいます。
だから、こうやって狙い澄ましてピンポイントで行動できると
本当に素晴らしい体験ができますね。

そうそう仕事を放って自由には動けませんが、
お盆に夏休みを取れないことの裏返しで、
こういう夏休みの取り方が出来るのだからむしろ活用しないと損だね。

栗原川林道ですが、追貝側の舗装工事は着実に進んでいて、
今現在、途中に少しのダート箇所を残すものの、林道の入口から約7kmの地点まで
ほぼ完全に舗装されてしまっております。

動画にも納めておきましたが、その7km地点で川の方へ分岐する道を新造していて、
それは以降の旧来からの山側へ林道が、そこから傾斜が急になり、
行き場のない雨水がそこを流れて舗装してもすぐに剥がれてしまうので
そこを迂回するための新しい道ではないかと勝手に想像しています。
なので、これ以上山側の道は舗装されないのではないかと
淡い期待を抱いておりますが、さて、どうなることやら。

根利側からのダートは、タクシーが登山客を乗せて走って登って来るほど走りやすく
超のつく気持ちよさは相変わらず。ただ、そのため時間によっては
交通量も多くなるので、対向車には充分に注意が必要です。
ここはどちらのルートであっても気持ちの良い、まさに関東屈指の
ロングダートなので、10mでもこの楽しい砂利道を遺していって欲しいと願う。



iMovie10.jpg

ところで、ここのところ使い手の気持ちを無視して
短いタームでメジャーアップデートを繰り返していた『iMovie』。
特にVer.9になったあたりからの迷走ぶりは泣きたくなるほど
使いづらい改悪を繰り返していたので、
他のソフトに鞍替えするかと思っていたのだが、
『10.0.4』になってかなり使いやすくなった。

特に今まではデータの読み込みをバックグランドで行えなかったので、
読み込みが終わるまで、場合によっては1時間ほどまったく作業ができずに
イライラさせられたが、今は3時間ほどある高解像度画像を、
数秒でプレビューを完了し、すぐに画像修正を含めた編集作業に取りかかれる。

ただ、読み込んだデータの所在が曖昧になったり、
ライブラリの管理が煩雑なことが難点ではあるが、
編集自体はかなりやり易くなり、これなら及第点だ。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2014.08.21 | コメント(2) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

編集アプリは残念ながらappleを諦めることに…
adobe Premiereにちょっとづつ移行していきます。
Premiereはとんでもないペースで進化してますね。
FCPの機能を移植しまくってユーザーの移行に力入れてますね。


FCX、iMovieは一応持ってるレベルですね…
習得しようかとちょっと触るけど即挫折しますねw
Premiereは素材の格納箇所から直でタイムラインに
並べることができる(実質読み込みが無い)のでひと手間減りますね。

2014-08-22 金 12:37:33 | URL | Toshi #- [ 編集 ]

Toshiさん
Primireですか。こんどチェックしてみますね。
とはいえ、iMovieはほとんどすべてのMacにバンドルされている
ほぼフリーのアプリなので、なかなかお金を払ってまで
乗り換えができませんですが・・・
でも、そのぶん出来ることには限りがあって、
細かい演出はまったくできないので、
プロ仕様の編集ソフトはやはり気になりますねー

2014-08-22 金 13:31:14 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR