JONES SNOWBOARDS SOLUTION 168W-その4【シールとクランポン編】

vs1.jpg

スプリット・ボードはこれがなくてははじまりません。
クライミング・スキンです。

スキーですでに使っていることもあり、安心感含みでBlackDiamondにしました。
BlackDiamond ナイロンSTS 140mm。

vs2b.jpg
ますはまっすぐなエッジの方を2mmほど内側に貼り付けて位置決めしてから
トップのループの取り付け。45度の角度にしました。
このトップ部を自由に決められるタイプのスキンでないとスプリットには不向き。
加えてBlackDiamondの場合、ループの幅を自由に変えられるのも尚GOOD。

つづいてサイドをカットしていきますが、もちろんスプリットの場合、
スキーと違って片側は一直線ですんで一方のみカットします。
vs3.jpg
vs9.jpg
で、オススメなのがG3のトリミング・ツール。
画像左側が同梱されているBlackDiamondのものなのですが、
BlackDiamondのトリミング・ツールですと、2mm外側にずらして貼り直してからカットし
元に戻すとエッジ部分を避けてスキンが貼られるという段取りなのですが
このG3のトリミング・ツールならば設定した場所そのままで
2mmずらしてカットしてくれるという優れもの!

vs4.jpg
テール側は貼り流しなので引っかかりのないよう丸くカット。

vs5.jpg
本当はまん丸にカットした方がより良いのですが、
せっかくテール留めがあるので、いつか移植しようと思いこの形状。

つづいて
VOILEのクランポンの取り付けもご報告。
幅130mmを優に超えるスプリット・ボードに使うんですから大きいです。
二つ重ねるとオールドスクールには昔懐かしい、まるでアルミの弁当箱。
DSC00442.jpg

vs8.jpg
こちらの画像ではきちんと左右にはまっておりますが、これがツルシだとはまりません。
シルバーのネジ3点留めされているトゥピースに関しては
インターフェースの取り付けの記事にて報告した通り
そもそもこのボードに空いている取り付け穴の位置がめちゃくちゃで
ひとつの穴が数ミリ進行右側にずれて空いておりそのままこのトゥピースを着けると
これを挟むようにはめるクランポンも右にズレてしまい、クランポンの左内側面と
ボードのエッジ部とが干渉してしまい納まりませんでした。
こういった部分は山の中でスムースに作業を行いたいところなので
それなりのクリアランスも欲しいところ。
ただでさえ、穴を拡大しないとこのトゥピースすらボードに着かないところ
更に横にずらして留めなければならず、正直この部分の剛性感はとても心配。

しかも!!
vs6.jpg
クランポンの後端をヒールピースに潜り込ませるようにして固定するのですが
差し込む切り込みの位置もめちゃめちゃズレとる!!(水色で示した部分)
つまり、このボードの前後に着くウォークモード用パーツ2点の
取り付け穴の位置のセンターが出てないってことね・・・
vs7.jpg
削ってなんとか収めましたが、次はつま先側に来る固定用ピンを通す穴の位置が合わない・・・
またもって穴を横に広げて対応。

vs10.jpg

そして最後にその厚みぶん長い固定用ピンを、クランポンに同梱されているものに交換して完了です。
はあ、めっちゃ苦労した・・・

でも、こういうのも楽しかったりするんですけどね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2011.02.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR