JONES SNOWBOARDS SOLUTION 168W-その2【Voile取付編】

DSC00441.jpg

それではVOILEのインターフェースを取り付けていきます。
といってもこのSOLUTIONには取り付け用のねじ穴がすでに取り付けられているので
いたって簡単・・・な、ハズでした。
「まずはウォークモードに使うトゥピースから」と
意気揚々と取り付けを開始ししたその2秒後・・・

v1.jpg
「と、取り付け穴が合ってない・・・」

オートバイの部品でもそうですが
やはり海外物は基本現物合わせ・・・・
穴を横方向に拡げたりして装着。
しかして、この部分はこれでは終わってはいませんでした。
その件に関しましてはまたのちほど・・・

v2.jpg
クライミングサポートの付いているヒールピースは問題なく装着完了。

v3.jpg
つづいて滑走時のビンディングを取り付けるベース部分。
一体どうやってカント出すんだろう?と実はこの部分が一番興味がありました。
ナルホド、ガイドが添付されてるのね。

v6.jpg
私はビンディングはSHIMANOを使用しているので
ACCUBLADEの下側に付くゴムをはがします。想像より簡単に剥がれた。

v7.jpg
で、ベースプレートに装着。

v8.jpg
ベースがプレート一枚のACCUBLADEとの相性は抜群ではないでしょうか。
ブラ系のストラップバインディングに較べて高さがほとんど出ません。

v5.jpg

ベースに入れてみました。
で、つま先側に外れ止めのピンを差し込みますが
さきほどのベースの位置決めをするガイドの通りベースを留めると
このピンがベースに当たって入りづらいため、気持ちつま先側のベースを後退させました。
下げすぎるとピンは差し込み易いのですが、
ベースとベースプレートの動きを規制しているのはこのピンですので
クリアランス0(ゼロ)にしないと滑走中にビンディングが動いてしまいます。

v4.jpg
一応可動部にはシリコングリースを塗布。

v9.jpg
ウォークモードはこんな感じです。

さて、次回は一番の問題点。重量に関してのご報告です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2011.02.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR