久しぶりの Gentemstick MAGIC38 Split

kagura_2014_0510-9.jpg

この週末、シーズンの最後の最後に持ち込んだのは、
なんと、ほぼ2シーズンぶりの登場となるMAGIC38 split。

一応ベースワックスは毎年入れ直してはいたが、
そのままず〜〜〜っと放置されていたMAGIC38を、
よりによってシーズンファイナルになって持ち込んだワケは、
明日やんわりとお話しするが、そんなこんなもあり、金曜の晩に
一杯やりながら部屋で眺めていたら無性にこいつに乗りたくなってしまった。

そこから、専用のシールを引っ張り出すことに始まり、急遽滑走ワックスの塗布に、
スプリットのアレコレの設定を施し、まさにこの期に及んでの緊急登板となった。

それにしてもこのエメラルドティントに彩られたスプリットボードの
なんと美しいことか!
久しぶりに陽の光に晒して見れば尚のこと、思わず時間を忘れて見入ってしまった。
まさに目を奪われる美しさってやつだ。
この手の込んだ仕上げを堪能できるのもGentemstickを所有する楽しさのひとつだ。

で、久方ぶりに乗ってみれば、例によってGentemstickってヤツは、
どいつもこいつもビッシバシに私に訴えかけて来やがるわけで、
まさに見てヨシ乗ってヨシと、これにはもう何か語らずにはいられない。
と、なるわけだ。

まずは、何を差し置いてもMAGIC38の一番の旨味成分と言えるのは、
そのターンのキレ味だ。

それがたとえ春のシャバ雪でもお構いなしにターンがキレまくる!
特にターン後半の糸を引くような伸びが最高に気持ちいい。

同じダブルピンテールのRocketFISHやBigFISHも、もちろん同様の伸びを見せるが、
その両FISHも、MAGICと較べたらターンの入口付近でモヤッとしているように
感じてしまう。

それくらいにターンの入口からスパッ!と切れ込んで、
スッパーッ!とそのまま出口に向かうMAGICは、同じダブルピンテールであっても、
ターンの一貫性という意味で、それらとはまったく趣を異にする。

MAXFORCE、TT、そしてFlyfiskと、今季特にラウンド(ダイヤモンド)テールの
自由度にドップリとはまっていた私をも、
このMAGIC38はダブルピンブームに引き戻す勢いだ。

その反面ダブルピンテールをショートレンジで振り回すのには限界がある。
ある程度回転弧のゆるい、直線的なラインに乗せた時に、MAGICのもつ
出口付近のキレが活きてくる仕掛けだ。
なので当然、今回のような抵抗の強い雪質なら尚のこと、
ラウンドテールの方がターン出口での自由度は高いし、
コブ斜面を避けられない春のゲレンデなどではそちらの方が遊べる幅は広がる。

そういった意味で言うと、RocketFISHとBigFISHの方が、
後ろ足からの距離が短いぶん、そういった場面での自由度は比較的高いのだが
トップの太い両FISHを、こういった春のグダグダな雪で加速させる腕前は
残念ながら今の私にはない。

それと、ターン入口での比較の話もしておくと、
これに関してはTTのカミソリのようなキレ方が尋常ではなく、
トップはTTで、テールはダブルピンのまさにレーシングカーみたいな
ボードがあったら・・・・なんてつい夢想してしまうほどだ。

しかして、そこまでではなく、MAGICが敢えて入口付近の安定成分を
増やしているのは、そのあとに来る出口の伸びを楽しむためだとすら思う。

と、つまりはそんな感じで、それぞれの持つ特徴によって与えらる守備範囲を、
その時々に応じて楽しむのが、私のGentemstickの楽しみ方というわけだ。

まあ手持ちのボード中で、何かに久しぶりに乗ったりすると、いとも簡単に
感動してしまうのは、安上がりな私の場合、いつものことではありますが、
充実したシーズンの最後だと尚のこと、
往々にしてこういった感慨深い出来事が起こるものだ。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2014.05.13 | コメント(5) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

>トップはTTで、テールはダブルピンのまさにレーシングカーみたいな
ボードがあったら・・・・なんてつい夢想してしまうほどだ。

まさにIMPOSSIBLEがそれですよ!
TTのノーズにボディーはMAX。そこにダプルピンを付けたのがIMPOSSIBLEなんですよ~!
なので実は僕もいつか欲しいのです(笑)

2014-05-13 火 14:21:44 | URL | yokotin #hiiZJbic [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yokotinさん
ナルホド!IMPOSSIBLEがソレなわけですな。
どうにも186cmは長過ぎに感じてしまい、いつも圏外だったのですが
そういうことなら次の機会にでも試乗してみます・・・・って、
いや待て・・・欲しくなったらどーするんだ???

2014-05-13 火 14:44:13 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

これも

T・TとDPTを足した板と言ったら?
シーサーの1番最初のシグネチャーボードではないでしょうか。?

webに中々ヒットしないのですが、クリーム色と薄黄緑のツートンで
発売当時は172のスピードマスターに対して165DPTシーサーモデルと呼んでいました。

スペック詳細不明だったのと現物持っているのでざっくり比べて
長さ165同じでトップの巾が10mm?程度幅広くサイドカーブは
キツ目(T・Tと比べちゃいかんかぁ?)ウエストはほぼ一緒?
アクセルキャンバーも確か3~5mm位?
板の硬さも2種類選べたので硬いのを男性でも軽量派は当方周辺でも二人購入していました。

2014-05-18 日 17:55:09 | URL | 正宗 #ijxcUoTg [ 編集 ]

あれ?

長さは164cmだったかなぁ?
自信無し

2014-05-18 日 17:57:56 | URL | 正宗 #ijxcUoTg [ 編集 ]

質問です。

2回目の投稿です。
アルペンボード18年一筋でやってきて、40代後半にフリースタイルの楽さに目覚め、メタル系のクロス用中心に圧雪メインで3年、昨年、気にはなっていたパウダーボードの試乗でmoss snowstickに出会い、58SWを即買いしたのですが、同じ仲間にゲンテンマニアがおり、洗脳されてしまいました。そいつのボード、FLOATER161、MANTARAY,TT160,と試乗したのですが、高速カービング(圧雪バーンです)でしっくりきたのがFLOATER161でした。
只、へそまがりさんのBLOGを拝見して、MAGIC38が非常に気になっております。
関西では試乗できる機会も無く、是非、ご意見を聞かせてください。
①主にゲレンデ95%
(深雪用にはmoss snowstickを使用する為)
②高速でカービングが楽しい事
③バインはクロス用ボードのダイオードを使用。
等、勝手な事を書きましたが、ご教授ください。

2014-05-19 月 18:54:08 | URL | quetaro #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR