JONES SNOWBOARDS SOLUTION 168W-その1【チェック編】

DSC00435.jpg

今年の雪の豊富さは滑りの楽しさと同時に
登りのキツさも倍増させております。

先日かぐらにて、1日目スキーにシール
2日目ボードでスノーシューでバックカントリーに入った時に
「新雪を登る時にスキーってどんだけラクなんだよ!」と
2日目のボードの時に骨身にしみた私であります。

それから1週間と経たずに我が家に来てしまいました。
JONES SNOWBOARDS SOLUTION 168Wであります。
まあ何事も「使ってみなけりゃワカラナイ」ので
スプリット・ボード使ってみます。

もちろんこちら以外にもスプリットボードは数種ございますが
Jeremy Jones' Deeperを観た私は猫まっしぐらでこちらでございます。
記念すべきファーストモデルということも後押し感高し。
とか言いながら使ってみてスプリット・ボードの印象良ければGENTEM予約か。
(今年のMAGIC38のスプリットは泣けるくらいかっこええし)

まずは届いたボードをヤブニラミ。

DSC00437b.jpg
スプリットした両方に製造番号が刻印されているのがなんだかおもしろい。

DSC00438.jpgDSC00439.jpg

正直私、スプリット・ボードの存在は知っておりましたが
間近で見るのはこれがはじめて。
そんなわけで、一番興味があったのは連結部分の造作と申しますか仕組み。
トップとテールの留め具を外し、上下にずらすと割れます。

DSC00440.jpg
これはまさに百聞は一見にしかず。

あと、正直な感想としましては
造りが雑。
Made in Japanに見慣れた身にとっては、もう10点満点で5点のデキ。
いろいろTake it Easy!にできております。
そう考えると海外ブランドの中でもBURTONってレベル高いんだなーと感慨深し。
DSC00445.jpg
トップシートもこんな感じで汚れの上からヘーキでクリア吹いてます。
滑走面もデザイン的な色の切り返し部分がガタつていて、平滑とはほど遠い仕上がり。

そんなわけで所有欲はあまり満たしてはくれませんが
大切なのは部屋にいるときではないので使ってナンボでしょう。

では、次回はVoileのInterfaceの取り付けをご報告いたします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2011.01.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR