Katerham SEVEN 160

katerham160_2.jpg
katerham160_1.jpg

ケータハム・セブンにスズキ製の軽自動車用 直列3気筒ターボエンジンを搭載した
モデルが登場するという話は前にこちらでもしましたが、
いよいよこの4月から『Katerham SEVEN 160』として発売が開始されたようだ。

詳しいことは公式サイトで見ていただくとして、私的見所はやはり、
排気量だけでなく、外寸も日本の軽自動車規格内に納まったということ。

これでプリミティブなスポーツカーを軽自動車として乗り回すことができる。
それはつまり黄色いナンバープレートさえ我慢できれば、
安価な維持費で所有できることを意味し、
走る以外に能のない思い切った構成を持つこういったスポーツカーの場合、
2台持ちが大前提となるわけで、資金不足な好事家たちにとって、
それは素晴らしいソリューションとなるわけだ。

かといってこれは、単なる廉価版という意味合いではなく、
日本での発表会の冒頭、ケータハムカーズ 取締役CCO デビット・リドリー氏が
「この160はコリン・チャップマンが目指したセブンのオリジナルコンセプトである
 “パワーだけでなく、軽量で乗っていて楽しいクルマ”を実現するものだ」と
語ったとされるように、車両トータルとして軽量さを実現することで、
スポーツカーらしいハンドリングを実現するという、
ロータス・カーズの創始者であり、オリジナルのセブンの開発者でもある
故コリン・チャップマン氏の理想を、その本当の意味で実現したモデルなのだ!

と、一人コーフンしている私に冷や水を浴びせたのがそのお値段・・・

車両本体価格:3,942,000円(消費税8%込)

おいおい・・・それはいくらなんでも高すぎるだろ〜
それだけ払うのなら、中古のポルシェ・ボクスターも視野に入るっちゅーねん!
もう完全に圏外。儚い夢だったね。

katerham160_3.jpg

可夢偉はノーギャラで乗ってるっていうのに。
もうちっと勉強してよ〜



ということになってくると、俄然興味を惹かれるのは、
前回の東京モーターショーに展示されていた『ホンダ S660』。
「660ccで100馬力も技術的には可能だ」なんて、
ホンダの人が言ったとか言わないとか、そんな噂も出ているが、
その上でお値段の方でも日本のモノ作りの意地を見せていただきたい。
 

関連記事
スポンサーサイト

2014.06.17 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

乗ってみたいが、確かに高い!
S2000 でも400ぐらいでしたよネ〜⁉︎

2014-06-17 火 17:10:08 | URL | オヤジボーダー #K3/xRIcs [ 編集 ]

オヤジボーダーさん
そうなんです。いくら維持費が安くても
この値段はおいそれとは手が出せませんです。

2014-06-17 火 22:10:09 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

高っか!
400万出して軽扱いかぁ…
せめてKERSでも積んでてほしいな。
ステアリングにKERSボタンつけて。
ススキだからエネチャージ...

最近は収益性高めるために、あえて高めの価格設定の商品が多くなってますねぇ
しかし、こんだけデフレになっても車の価格だけは下がらなかったですね。

2014-06-18 水 01:20:40 | URL | Toshi #- [ 編集 ]

Toshiさん
確かにエネチャージ欲しいね!

日本の輸入元が欲の皮つっぱらかしてんのか、
元値が高いのかわからないけれど、
エキストラコストが乗っかってるのは確かだねぇ・・・
嗜好品だから仕方ないんだろうけど、夢がねえなあ〜

2014-06-18 水 10:56:37 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR