Gentemstickの謎

gentemlineup_2014_2.jpg
gentemlineup_2014_1.jpg
先日こちらのコメント欄にGentemstickについての質問をいただいた。
私がこのブログでGentemstickのことを書いているのも、
そもそも私自身が買う時に、Gentemstickが一体どういったスノーボードなのか
皆目見当もつかず、しかも、なんだって検索すれば答が見つかる今の世の中で、
あろうことかその答が見つからなかったからだ。

そんなミステリアスで「一見さんお断り」的な
敷居の高さもGentemstickの魅力なのではありますが、
同じような疑問にぶつかっている方にとって何かの参考になれば、と、
Gentemstickとは一体、どんなスノーボードであるのかについて、
かなり偏った考えであることは承知の上で、
恥を忍んでこのブログの中で書かせてもらっている。

もちろん正規ディーラーに問い合わせれば済むことなのだが、
ひと度ショップに出かけて質問をしただけで理解できるような代物ではなく、
モノが物なだけに、意味深な横文字の専門用語が羅列され、
それを何度も聞き直すことになるか、解ったフリして生返事を繰り返すことになる。
最終的に買わないにしても、
そのショップとの良好な関係は維持するという選択肢を残すためにも、
「申し訳なくて(恥ずかしくて)ショップでは訊けない」とおっしゃる方もいる。

そしてもちろん「ショップの方は売り物の悪いことは言わない」という
疑念は最後までついて回ってしまうので、
ショップではなく私に質問をお寄せいただく気持ちもまた良く解る。そして、
とても詳しいショップが、説明の上手いショップであるとも限らないので
せめて下情報くらいは入れてから、ショップとのディスカッションに
臨みたいと思うのは当然だろう。

とはいえ、私が取り扱いショップ以上にGentem信者であることは
火を見るよりも明らかなので「最後の一押し」を期待されて
質問されるケースも少なくないということも付け加えておきます・・・

いずれにせよGentemstickというスノーボードが、
一見ではなかなか理解できないということは確かだろう。
いや、そもそも“スノーボード"ではなく、“スノースティック"か?

そんなわけで、これも何かの参考になるかもと思い。
ご質問いただいたメールと、私が返信したメールのやりとりを、
質問された方のご承諾をいただいた上で
ここに掲載させていただくことにした。

以下長文になりますので、お暇な時にでも・・・



はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。

今年、スノーボードを本格的に始め、パウダーの快楽に陥ってしまい、
スノーシューも買い、雪山にも登るようになりました
170cm-60kg、筋力不足気味の一般サラリーマンです。

実は、来季にギアを新調したく色々考えておりまして、

・一緒に行ってる人がスキーなので、スプリットが欲しい。
・ニセコで知り合った方々の、ゲンテンでの新雪でのカービングがカッコよかった。
(実際ミーハーなだけかもしれませんが)

こんな感じで、悩みぬいた結果、

案1:ゲンテンのSpeedmasterか、TT160か、Magic38の3本のうちのどれかと
   K2のスプリットとを組み合わせて2本買う。

案2:Magic38 Splitか、TT160 Splitのどちらかを買う 。

これのどちらかでとても悩んでいます。私の知っているショップの店員ですら、
「ゲンテンのスプリットは良くわからん」と言っています。
さあ、困った!ってことになりました。

ずばり、Magic38 Splitと、TT Splitで、Gentemstickらしさは味わえますか?

なんせ情報が無さ過ぎてこちらのブログ を
1日10回は読んで悶々とした日々を過ごしております。
厚かましいとは思いますが、相談に乗っていただけないでしょうか。

一言で構いません。教えてください!よろしくお願いします!



Aさんはじめまして。
コメントありがとうございます。

とても良い悩みの時間をお楽しみの様子で、羨ましいです!
ミーハー大いに結構じゃないですか!直感は一番大事ですし
それがないと後々面白くならないと私は思います。

この答えが出そうでなかなか出ない時間が、そろそろ予約しておかないと、来シーズンのスタートに間に合わないかもしれないギリギリのタイミングだと、それが疎ましくもありますが、逆にとても楽しくもありますね〜

Gentemstick以外のボードに乗った経験が多いわけではないので、偏った話になることもご了承ください。という前提条件付きではありますが、私の考えをお知らせしておきます。

まず、AさんがGentemstickに抱かれているイメージは間違っていないと思います。
その「ニセコで知り合った方々の、ゲンテンでの新雪でのカービング」の様子が、Gentemstickの全てと言って過言でないからです。
たぶん造っている玉井さん本人も、Aさんがお感じになっているそのカービングがしたくて造っていると思ってマズ間違いありません。そうなんです!Gentemstickは「そのラインを描くための」専用のボードなんです!

というわけで、もしソリッドであれ、スプリットであれ、Gentemstickを所有するのなら、併行してK2を買っても目的意識が違いすぎて、結果乗らなくなること請け合いです。(もちろん逆にGentemstickに乗らなくなる可能性もあります。ここのところの答は両方乗ってみてはじめて出る答えなわけです)

K2で苦労してドロップポイントまで登って最高の雪が待っていた時「あ〜〜〜ここでゲンテンだったら〜〜〜〜」って絶対に思うと思います。

というわけで、私のお勧めはソリッドでも、スプリットでも、
Gentemstickで統一するべきだということです。

もちろんGentemstickのソリッドとスプリット両方一度に買えれば、悩む必要もないと思いますので、Gentemstickのスプリットだけを買うことを案に入れられているものと思います。そう考えますと「ソリッドのGentemstickを買って、ひとまず来季もスノーシューで登る」という選択肢もありますね。

と申しますのも、スプリットはボード以外にも買い揃えるモノが多く、投資額も重量も増加します。そして、ハイク時の剛性感を確保するためどうしてもフレックスが固くなる傾向にあるので、同じ名前を持つボードでも、ソリッドとスプリットとでは少々乗り味の違うものになります。(だから現在は『Gentemstick』と『Gentem chopstick』と名前を別けているのかもしれません)つまり、Gentemstickらしさを本当の意味で純粋に感じられるのはやっぱり割れないソリッドボードの方だからです。

誤解のないように言っておくと、たとえスプリットであっても、Gentem chopstickであれば、K2よりもニセコでご覧になったその「カービング」に近づけることは間違いありません。

そろそろご質問にお答えしなくてはなりませんが、そういったわけで、「MAGIC38 Splitでも、TT Splitでも、Gentemstickらしさを味わうことはできますが、たぶんソリッドのMAGIC38にも、TTにも、いつか乗りたくなられる日が来ます」

というのが、私の見解です。
遅かれ早かれどちらも所有されることになると思いますよ!

で、ここから先は私の余計なお世話なのですが、こちらのの記事にも書いたように、そのGentemstickのもつ「カービング性能」と、ブレーキやトラバースなどの安全な「下山性能」というスプリットボードを含めたアルパインボードに求められる「官能」と「機能」のバランスが素晴らしいのが『SLASHER Split』です。
フラットキャンバーでラウンドテールですので、MAGIC38 SplitよりもGentemstickらしさは濃いめで、サイドカーブが深いぶん、TT Splitよりも味は薄めながら、安全性能が高い造りになっており、楽しさと安心さのさじ加減が抜群だと思っています。

というわけで、かなり偏った意見ではありますが、何かの参考にでもしていただければ幸いです。これからもよろしくお願いいたします。



埼玉のへそ曲がり様
返信ありがとうございます!長文でうれしい限りです。
非常に的確なアドバイス、建設的な内容でよくわかりました。と、同時に
へそ曲がりさんのGentemに対する非常にアツい気持ちまで伝わってきました。

Gentemstickの全てのボードで、他とは違った楽しみ方ができるということですね、ここまで聞いてもホンマカイナ?というのが本音ですが、Gentem経験値の高いへそ曲がりさんが仰ってるので間違いないのでしょう!
一般的なメーカーの思想ではないので、そこは違いの分かるユーザーとブランド(TT)を信じるしかないと思ってます(笑)〜〜〜〜(略)



Aさん
ハイ、その通り「ホンマカイナ?」です。
こればっかりはGentemstickが意図した操作性やら、楽しみ方がAさんにハマるのかどうかは判らないんです。

安い買い物では決してないので、失敗だった場合の失望感も比例して大きく、できるだけ後悔のないようにしていただきたいのですが、ショップで実物を眺めるだけ、短い時間試乗したくらいでは判らない部分も多いので、こればっかりは思い切って飛び込んでいただくしかないというのも本音です・・・・

ただ、初見で一目惚れ、試乗だけで運命の出会い。
なんていう奇特な方も片方にはいらっしゃいます。

噂を聞いて買ってはみたけれど、まったく乗りこなせない、
乗ってもまったく楽しくない、という結論に達する方も少なくありません。
ただ、
逆にハマると値段以上の悦びを享受することができるのもまた事実で
それくらい他のメーカーとは違う、特徴的な設えが施されています。

と、それくらい
「かなり変わったスノーボード」であるということはお伝えしておきます。

「まあ、ダメならすぐにオークションで売っ払えばいいや」という方も実に多く
実際Gentemstickのボードはモデルにもよりますが、
非常に高い値段で取り引きされているので
(キレイなほど高く売れるので、決断は早ければ早いほどいいと、
 たった1回滑っただけで見限られるケースもあるくらいです)
そういった意味の安心感もなくはないということも、
念のため付け加えておきます。



埼玉のへそ曲がり様

Aです。先日はアドバイスありがとうございました。
アドバイスを色々参考にした結果、Magic38のスプリットに決めました!

TT160とMagic38のソリッド両方買おうかとか悩んで悩んで悩んだのですが、悩みすぎて結局、自分のやりたい目的に即した板にしようとした結果になりました。
ブログにもとりあえずMagicは間違いないと書いてありましたし(笑)

まずは入りやすいとこからデビューしたいと思います。TTは来年、ニセコに行った際にでも試乗してみたいと思います!お陰様で新しい楽しみができました。

いつかどこかでお会いできることを楽しみにしてます!

では!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2014.05.14 | コメント(6) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

Gentem、面白い(気持ちいい)板ですね~
試乗会ですっかり魅せられてしまいました(^-^)
自ら板をしならせサイドカーブを変えてあげると、斜面とリンクしてスパッとキレていく。気持ち良すぎっす(^o^)
あ~欲しい(*_*)

2014-05-15 木 14:59:20 | URL | サトゥー #- [ 編集 ]

サトゥーさん
そうなんです!
ただ逆にボードなりに滑らせられないので、
そこを嫌われる方や、馴染めない方もいらっしゃるんですよね。
なので、それができるサトゥーさんは、買って損はないってことですよ!
それだけ気持ち良ければ、あの値段も安いもんです!

2014-05-15 木 15:28:17 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

そうですね~
あの乗り味、決して高い買い物ではないですよね(^-^)
ただ俺の小遣い事情が追いつかないのであります_(^^;)ゞ
15-16あたりがデビューかと...

2014-05-15 木 19:53:20 | URL | サトゥー #- [ 編集 ]

gentemスティック 迷っています

はじめまして、楽しくブログを読ませていただいております。実にゲンテンスティックに対しての考察が奥深く素晴らしく興味深いです。

私は現在、おもに新潟のスキー場で(新潟在住なので)マンタレイで3シーズンを過ごしており、そろそろ来季、もう一本ゲンテンを購入しようと思っています。サーフィンも日本海でやっていますのでサーフライクな滑りも好きです。

マンタレイは私的には大変のりやすく良いボードだと思っています。そこで2本目を考えておるのですが、個人的にはTTSSシリーズのFlyfisk (来季のTHE CHASERが私の体型にはあってる?)、そしてFloater, Slusher で迷っております。当方、たまに関温泉や赤倉のディープパウダーを満喫しに行きます。マンタレイでも十分楽しいのですが、よりパウダーに強いボード、そして速いボードを探しているとマンタレイの上を行くボードを考えているのです。

フローターはショップの方も乗りやすく万人受けすると言ってました。スラッシャーもそれなりに楽しいという意見をいただいているのですがTTSSの情報はショップにあまりないのです(そのショップでオーダーする方が非常に少ない)

またTTSSは中国製だという情報をいただき、そこが私には少しひっかかるところ(典型的な日本人の先入観、偏見ですいません)です。フローター、スラッシャーは日本製で特にスラッシャーの仕上がりは抜群に素晴らしいということも教えていただいており、非常に迷うところです。ただブログを読ませて頂いてるとTTSSに非常に高い評価をされているので気になってしょうがないところです。

もしお時間ありましたらご意見、ご指南を頂けたらうれしいです。

PS 新潟のスキー場を滑走されているようですのでどこかでお会いしているかもしれませんね!

2015-02-09 月 16:41:39 | URL | masa #- [ 編集 ]

Re: gentemスティック 迷っています

masaさん
お気持ちよく分かりますよ〜(笑)

結論から先に申し上げますと、
masaさんが抱かれている印象で間違いないと思います。
Flyfiskでも、Floaterでも、Slasherでも、Chaserであっても、
今お持ちのイメージで間違いないと思いますよ。

あとは、どれを選ぶか?ということですね。

で、結局私のように、どれも試してみたくなってしまうわけです(笑)
つまり、似ているようでどれも似ておらず、
その上、全てがそれぞれに、乗る人毎の可能性を秘めているので、
その掛け合わせは無限で、それはそれは本当に困ったことになります。

ちなみに私の持論ですが、数分の試乗では絶対にその本質は分からないと思います。
私を含め人から話を聞いても絶対に分からないと思います。
たぶん玉井太郎本人に聞いても分からないと思いますし、責任取れないと思います。
持論から推察し、あとは実際に身銭を切って所有して、検証し、
果たしてその出費に見合うかどうかは、自分で結論を導き出すほかに
近道はないと思います。
ハイリスク・ハイリターンの自己責任の世界です。
(オークションでそれなりの値段で売れるので、ローリスクとも言えますが)

ですので、マンタレイとの二本持ちを
どのボードでするか、その答は自分の心に聞くのが一番ですね!

と、言いながら、
それではあまりに煙に巻いた話になってしまうので、
あくまでも「私なら」という参考程度の見地で申し上げておきますと
オススメは上から順に

1:Flyfisk
2:Chaser
3:Slasher
選外:Floater

ということになります。
簡単に言ってマンタレイから遠い順に並べてます。
もちろんTTSSのもの凄い浮力もマンタレイとの違いですが、
Slasherも含め、フラットキャンバーもまた、まったくの別世界ですので、
その違いに差を付けることはできませんので、そこはあくまでも私の尺度です。
(それとChaserは想像しか出来ないのでイメージです)
つまり正反対とは言わないまでも、違うものを揃えた方が
バリエーションが拡がって、滑るのが楽しくなるからというのが
私の推薦理由です。

パウダーでの「強さ」に関しても、この順になりますが、
「速さ」に関しては残念ながら逆順になると思います。

更に言えば、マンタレイから一番遠くて速いのはTTシリーズですので
真のオススメはTTになりますが、ここでも何度も書いているとおり、
パウダーでの浮力を得るには特殊な技術が必要になることを含め、
おいそれと他人に薦められないボードですので、ここまでにしておきます。

全ての要件を満たす万能なボードなど存在し得ないので、
これだけ狭い範囲に多くのモデルをラインナップしているのもまた事実です。

いずれにせよ、ここに挙げられたボードならば、Floaterを除きどれに乗っても
間違いなくまたマンタレイに乗りたくなるボードたちですので問題ないと思います。
ちなみに私ならサーフライクという見地で見ても
マンタレイを持っていたらFloaterは要らないように思いますし、
Floaterにできることはここに挙げられた他のボードでも出来るように思います。

それと、たぶん敢えてダブルピンテール(フィッシュテール)のモデルを
除かれているものと推察しますが「マンタレイから遠いボード」と考えますと
それらも検討の余地ありだと思います。まあ更に話が散らかりますけどね・・・

最後に、懸念されているTTSSの中国生産に対する疑念に関してですが、
私の使用範囲では今のところそれによる弊害は出ておりません。
仕上がりへのこだわり方や、製品の最終チェック、
そして、Gentemstickの命と言っていい滑走面の品質の高さや平滑度など
大陸生産であっても、そこにはゲンテン品質がきちんと貫かれていると思います。

ただ、中国生産が原因かどうかは分かりませんが、
「TTSSのボードが折れた」という話をよく耳にするのも事実です。
これはバンブー材を含めた折り合うべき構造上の弱点なのかもしれません。
いずれにせよ、オーリーを含めて強いプレスなどは御法度のようですので
使い方、扱い方に特別な作法があることもまた確かです。
そんな面倒とも言える付き合い方も含めて、
それを特別感だと受け取れる大らかさもTTSSの所有者には求められるのかもしれません。

かぐら、八海山に、たまに石内丸山あたりが私の新潟での出没ポイントです。
見かけましたら遠慮なくお声がけください!

最終的にお選びになったボードも是非こちらにお知らせください!

2015-02-09 月 18:38:52 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

貴重な情報ありがとうございます!

埼玉のへそ曲がり様

早速の返信ありがとうございます。今、こうしてタイピングしながらも私の肘の下には昨日もらってきたばかりの15−16シーズンのゲンテンカタログがあります(笑)

上からの選考順大変参考になります。ありがとうございます!おっしゃる通り、それぞれに乗り味があってどれが正解ということは導きだせそうにありません(笑)嬉しい悩みなんですね。

こちらのブログにたどり着くまでにいろいろな方のゲンテン試乗レポートをネットで熟読してきましたがどれも皆さん、意見がバラバラで(笑)あとはやっぱり乗り手の方の少なからず主観が入りますから本当参考程度にしておりましたが、へそ曲がり様のレポートは一番わかりやすく詳細だと思いました!

TTシリーズは確かに皆さん、クセがあるとおっしゃいますし、お世話になってるショップの方もすごく意見がお客によって分かれるという感じでおススメはしていませんでした(乗り方がやはり圧倒的に難しいということが私の中での結論です)

そしてダブルピンテールを上げなかった理由は実はやはりショップでテールが剥離するということがあると言われて怖くて(笑)そしてやはりテールが折れることもあるとショップから教えてもらい私の中では選考外にしておりました。

個人的見解からChaser Flyfiskのテールならそんなに剥離の心配はないかなと思ってましたし無理なプレスをしなければ長く使えそうですね。無理なオーリーなどをしなければということでもし乗る事になれば心に留めておきたいと思います。

そして中国製のことに関しても詳細な情報ありがとうございます。お世話になっているショップにはTTSSシリーズの現品はやはりおいてなくデッキの仕上がり具合があくまでもネットの画像とカタログでの画像でしかなく非常に悩ましかったのですが、へそ曲がり様のコメントを読ませて頂き中国製でもよっぽどへたなことをしなければ大丈夫!ということがよくわかりました。

私は身長が167cm 体重が62キロなのでflyfiskとchaserであれば来期からでるchaserのほうが私の体型には合うかなと勝手に思いこんでいます(笑)

そしてスラッシャーですが、これもまた別店舗の方のオーナー様のご意見で素晴しく良いということをおっしゃってるのですね。一度、現物スラッシャーを見せて頂いたのですがそれがまた素晴しく綺麗で衝撃的だったことを覚えています(現物を見るのが当たり前ですが一番ですね)残念ながら私は試乗会にいつも行けておりません(仕事の都合上で)

ただそのオーナー様は私もやはり体が大きいですし、体重も有る方ですのでスラッシャー最高!となると思うのですが私の体型では??となることが本当に悩ましいです(笑)

そのオーナー様はやはりマンタレイあるならフローターとあんまり代わり映えしないからスラッシャーがいい!とおっしゃってましたし、その意見にもすごく納得している自分がいました。

締め切りオーダーまであと1ヶ月ほどなのでもうちょっと悩みに悩みたいと思います。決まったらもちろん報告させて頂きます。

PS 明日の午前中はマンタレイで滑りに行ってこようと思います。新潟、現在すごい勢いで雪が降ってます。

2015-02-09 月 21:56:13 | URL | masa #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR