THE SNOW SURF 私的インプレッション-5 SPOONFISH

DSC00356.jpg

あけましておめでとうございます。

また買ってしまいました・・・
本当の衝動、思いつきです。

こちらにも諸々書かせていただいておりますが、
私はスキー場では基本ゲレンデを流すように滑るのが専門で、
故にGENTEMなりVECTORGLIDEなりに趣向が偏っております。
結果160cmを優に越す長さのボードたちが集まってしまっておりました。
spoonfish.jpg

これらのボードは朝一の整備されたグルーミングバーンなら最高なのですが
昼も近づいてきた時間帯の荒れたバーンになってくると、お気に入りの流しが難しくなります。
そういった理由で、もう少し小気味良いと申しますか、小回りの効くボードにも興味があったのですが
かといってイマ風のツインラウンドテールなトリック系だと
「走り系」がつまらないと思っているへそ曲がりな私なのであります。

そこで、今季よりGENTEMSTICKがTHE SNOW SURFという新ラインで展開するSPOONFISHです。
THE SNOW SURFにはPHENOMENAもありますが、
MAGIC38でいい印象しかないアクセル・キャンバーが採用されているSPOONFISHを選びました。

いきなり結論ですが、
サイッコーです!
大きなターン弧でゆったり回す滑り方と回転系トリック以外は、ほとんど全部できます。
むしろ、160cm台のボードたちにできないことが、いともたやすくできてしまうことの方が
ずっと多いくらいです。
160cm台と較べてターン弧ははっきりと3分の1。とにかく曲がります。
かといってきょろきょろと落ち着きがないかといわれれば、そんなことはまったくなく
高い安定感を維持します。スーパーです。
これの何がいいのかと言えば例えばTTで同じようなことをしようとすると
3倍以上のスピードが出てしまうため必然的に曲がりに集中してしまい
他のことに気が回りませんが、SPOONFISHなら何かしてやろうという気分になります。

入る気もしないようなほんの少し残っただけのゲレンデ脇の新雪などで
ただ新雪踏むだけで終わってしまうような場所でも数回ターンできたり
林間コースの壁や沢地形など登って当て込んで回して、と
いつものゲレンデがまるで遊園地。
ちょっとしたアトラクションを探す目ざとさが増します。
私、TTなら尚のこと、こんな滑り方できません。でもSPOONFISHならできてしまいます。
腕っこきが乗ればもっとすごいことになるのでしょうが、
私レベルでも充分楽しい一品です。

加えてその小回りの良さから、
ふだんならとにかくやり過ごさなければならないような憂鬱でしかない
掘れてしまった荒れたバーンで楽しくターンできたりします。

今回は試せませんでしたが、バックカントリーでも
膝丈のパウダーくらいまでならこちらの方が楽しいと思います。

私だけかも知れませんが、パブリシティで紹介されている文面から
パイプやボウルなど「特殊な遊び」専用と思われがちなボードですが
どうしてどうして、むしろ万能選手。かなりの優等生。
とにかくショートボードに対する先入観を全て捨ててください!
サブボードとしてももちろんですが
たとえメインボードに選んでも後悔しないと思います。

DSC00358.jpg
これからはスキー場ではSPOONFISHで行きます!
DSC00345.jpg

年末から石打丸山に行ってきました。
予報に反して晴天!


________________________________________________________________________________

ss_cover.jpg

追っかけでThe Snow Surf 謹製のカバーが到着しました。
可愛いけどGENTEM同様ネオプレーン素材のソールカバーの方が良かったな・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2011.01.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR