かぐらBC【1月25日】

0126_kagura-2.jpg

風邪っぴきで自粛してから早一週間。
今週こそ雪山行きますよー。と、いうわけで、

shimoda0622-13.jpg いつも波乗りでお世話になっているatuさんに連絡すると、
なんとか仕事の区切りを付けて駆けつけてくれることに。
と、なれば「登るでしょ!」と、かぐらのBCへお誘いした。

0126_kagura-1.jpg

かぐら駐車場で車泊しているatuさんを追いかけるように朝出発。
5時に家を出たのだが、渋滞しはじめるギリギリのタイミングだったようで
上里S.Aまでは制限速度内進行。遅刻気味か?と、焦りながらもなんとか
かぐらロープウェイの始発に間に合うように到着し、
チケット売り場でatuさんとも無事合流。
前日の予報でもこの日の朝までの積雪はないということもあって、
いつもならばパウダージャンキーたちで賑わうロープウェイ乗り場は
どこか閑散としていた。すると・・・・その始発を待つ列の中に
先日の3Day Campでもご一緒させていただいたマッキ−さんの姿が!
日帰りで自適にかぐらの山を楽しまれる予定だったマッキーさんを
半ば強引に仲間に引き入れ、

0126_kagura-5.jpg

旅は道連れ世は情け、三人してかぐらBCへ潜入することに!

0126_kagura-3.jpg
0126_kagura-4.jpg

予報は晴れだったが、実際は薄曇りでたまに陽が差す程度。
でも、この日の東京の気温が13度を伝えていたように、広く高気圧に覆われ
稜線に出てもあまり風のないとても過ごしやすい一日だった。
まさにBCピクニック日和!

ちなみにこの日のかぐらスキー場も空いていて、
午前中一旦は来客者がほぼ全員集まるかぐら第一高速リフトも待ち時間なし。
いつもなら運転開始待ちで長蛇の列ができる第5ロマンスリフトも待ち時間なし。
桜が咲きそうな気温予報のせいか?みなさんここへ来て正月疲れが出たのか?
まあ、いずれにせよラッキーだ。

0126_kagura-6.jpg

まずは5ロマ降り場から1時間弱だけハイクして、北向きの森を抜けてみると、
「外はサクサク、中はもっちり」の、クラストしながらも足応えの堪らない
底突きしないきれいなノートラックが森の中にはたっぷり保存されていた。
クゥ〜〜〜!

0126_kagura-8.jpg
0126_kagura-9.jpg

あまりの気持ちよさにちょっと標高下げすぎ・・・私のアテンドミス。
のぞき見る三角峰にはまだブッシュが覗いている状況で、沢に落とすには早そうだ。
極力標高を下げずに尾根を迂回すべく、トラバース気味に登り返すことに。
でも、すでに3Day Campでトレーニングは完了していたので、
面倒なモードチェンジはすでにお手の物。
加えてすっかり身体が出来ているようで息も上がらないし、むしろ足取りは軽い。
何よりガイドに頼らず、自身の判断で安全な攻略点を見つける作業は楽しい。
これが視界の悪い日だと、一気にサバイバルになってしまうので
晴れた日の素人山行の醍醐味だ。
マッキーさんも同じ心持ちだったようで「やっぱり山はいいねぇ〜」
登り返しもまたもまた楽し。

0126_kagura-12.jpg

天気がいいとはいえ、BCエリアの雪はまだ深い。
スプリット二人組のペースにまんまと付き合わされたスノーシューのatuさんは
実は今季初ハイクのため、この一本でゲレンデでの自主練モードに。

そんな一人かぐらメインゲレンデに残ったatuさんに
申し訳なく思いながらもマッキーさんと二人で登り返すことに。

0126_kagura-14.jpg
0126_kagura-15.jpg

今度は神楽が峰の頂上まで足を運んだ。
さすがに斜度が上がる大詰めの部分はキツい。さっきまでの威勢の良さはどこへやら。
山頂で息を整えて神楽が峰から反射板へは向かわず、正面の森の中へドロップ。
こちらの森の雪はちょっと重め。
すぐに足を取られてしまうので不用意に速度を下げないように注意が必要だ。
それでも森の中はまだまだノートラックが残る。そして、重めながらも
底突きのないその充分な足応えに二人揃って思わずニンマリする。
楽しい。

このあとatuさんと再び合流し、駐車場でクレープでも!と盛り上がるも
この週末のマリオンクレープは2日とも休業・・・残念。
仕方がないので3人でお茶して、日帰りのマッキーさんとここではお別れ。
マッキーさんお疲れ様〜

0126_kagura-16.jpg

そのあと一泊する私とatuさんはかぐらスキー場から湯沢町まで降りて行き
いつもの『駒子の湯』とへぎそば『中野屋』へ。
で、その中野屋、そもそも駐車場に使っていた湯沢駅前の場所に移転していた。
画像の通りの立派な店構え。もちろん店内も広くなっており、
これでいつもお客さんが列をなしていた待ち時間も減るのか?
味はもちろんそのままです。お美味いです。

0126_kagura-17.jpg

で、翌朝かぐらスキー場にほど近い宿で目を醒ますと雨が・・・
1月に雨っスか?
それにしても、今季のかぐらはまだ雪が足らないように思うのですが・・・
大丈夫かなあ?まだまだこれからなのかなあ?

といったわけで日曜日の様子はまた明日!




0126_kagura-10.jpg

この日、私の日頃のズボラのためスプリットボードのインターフェースが
ネジ緩みでバインディングがガクガクと動くようになってしまった。
やはり出発前のネジの増締めは必須チェック項目だ。

vole_spark_guide-3.jpg

前にも書いたように、スプリットボードにVoileのインターフェースを使用する場合
スタンス、ローテションともにバインデング調整にはこのホルダーが必要になるが
いちいちこんなもの山には持ってはいけない。さてどうしたものかと悩んでいた私に、
マッキーさんがサッと自らのバインディングを差し出してきた。そう、マッキーさんの
バインディングは同じSPARK R&DのTesla System搭載モデルでも、
ベースに大胆な肉抜き軽量化が施された『MAGNETO』であった!

0126_kagura-11.jpg

で、案の定ベースプレートにこれでもかと空けられた穴からは
ネジ穴の位置がスッキリと覗けるようになっており、MAGNETOであれば
件のプレートがなくても現場で調整が可能であることが発覚!
こりゃあ便利だ。



そして、おまけがもう一発。

Karakoram-primesystem.jpg

先頃行われたISPOで、Karakoramから『PRIME SYSTEM』という新たな
スプリットボード・バインディング用のシステムが発表された模様!
残念ながら私の英語力ではプレスリリースから
その全貌をお知らせすることが出来ない・・・のだが、
まだまだ過渡期であるスプリットボード業界は、こういった日進月歩で現れる
技術革新に触れることが出来るのも楽しみのひとつ。
まるで時代の証人になれるようで、これまた新し物好きの琴線に触れるわけだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2014.01.27 | コメント(6) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

自分も、14日と21日のvector glide の試乗会でかぐらのBCに上がりましたが、まだちょっぴり、ヤブが濃かったですね。
もう一発ぐらい欲しい感じでしたね。

なかなか、スプリットボードの世界も奥が深そうですね~。マテリアル好きには、たまらないですね。

2014-01-27 月 13:33:27 | URL | Sugaya #- [ 編集 ]

Sugayaさん
Vectorの試乗会って、2回もあったんですか!
21日の回には仕事の都合でやむなく諦めましたが
参加していたらお会いできましたね!残念!

2014-01-27 月 14:10:55 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

へそ曲がりさん、vector glide の試乗会は21日だけでした。書き方が悪くてスミマセン。
パウダーでGENIUS は、最高でしたよ!
こちらこそ、お会い出来なくて残念です!

2014-01-27 月 17:05:53 | URL | Sugaya #- [ 編集 ]

シールについて

先日もご質問させて頂きました。色々あり!?マジック38のスプリットを購入しました。
質問ばかりで申し訳ありませんが、G3のハイトラ、スプリット用のシールを購入しようと思いますが、お薦めのサイズや注意点はありますか?

質問コーナーになり本当にすいません。

2014-01-27 月 18:03:44 | URL | イージー #- [ 編集 ]

Re: シールについて

イージーさん
おお〜Magic38 Splitですか!やりましたね!良い板ですよ〜
で、肝心なシールの件ですが、
ダブルピンテールのスプリットボードに使用する場合、
結構テールフックの取り付けが面倒なんです。
詳しくは以下の記事をお読みください。
http://psyvano.blog109.fc2.com/blog-entry-316.html

なので、テールフックを使わずに、貼り流しという
要はテールはシールを貼ったそのままにしておくという方法が一番良いかも知れません。
もちろんテールフックを使う一番のメリットは
水分などで糊の効力が落ちてきた時にシールがボードから剥がれにくくすることです。

スプリットボードでは有名なサンライズヒルというショップさんに
相談してみるのも良いかも知れません。
http://www.sunrisehill.co.jp

ちなみにそちらで加工されたシールのテール処理の事例画像です。
http://blog.sunrisehill.shop-pro.jp/images/2012_11_02.jpg

ただ、このサンヒルさんの事例にあるSpark R&Dのテールクリップ
http://www.sparkrandd.com/gear/skins-tailclips/tailclips/
を使う場合でも、私の記事にある通り、金属製のフックが
逆側のボードに引っかかる可能性は否めません・・・

なので、もしテールフックを使いたいのであれば私の知る限り
私が先の記事で試したG3のテールクリップ
http://item.rakuten.co.jp/auc-paddleclub/ono2012092707/
を使う方法が良いように思います。

いまのところ外れるなどの不具合はありませんが
先端に留まっているだけというその見た目に不安感が高いので・・・

長さに関しては実際に購入するショップにボードを持ち込んで
合わせさせてもらうのが一番だと思います。

2014-01-27 月 19:13:21 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

へそまがりさん、ありがとうございます!あやうく犠牲者として続くところでした・・・。
サンライズヒルに相談してみます。今も貼りながしなのでそれでもよさそうですね。ダクトテープ常備ですが。

ありがとうございました。

2014-01-27 月 20:51:34 | URL | イージー #5i3exEpM [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR