イントゥ・ダークネス

intodarkness.jpg

前作があまり響かなかったので、
今回もあまり期待せずにほんの暇つぶしに観ただけなのですが
どうしてどうして、おもしろいじゃないの『イントゥ・ダークネス』。

とはいえ、私はTrekkies(スタートレックマニアのこと)ではないので
その深い世界観に根ざした部分にまでは気づけなかったのですが、
トレッキーズが観ても破綻のないよう過去のシリーズ全編にわたり
考察とチェックが施されているようで、そのための伏線の配置の仕方など
詳しい方なら更に楽しめたのではないでしょうか。

まあこの作品がはじめてのスタートレックでも、
SFアクション超大作として、特に問題なく楽しめるとは思いますが
念のためこのリブートシリーズの1作目である前作は予習した方が
より楽しめるとは思います。

intodarkness2.jpg

で、若干ネタバレしますが、その伏線のど真ん中を行くのが
このベネディクト・カンバーバッチさん演じる「カーン」です。

     intodarkness4.jpg
はい、この1982年公開の『カーンの逆襲』のその「カーン」です。
このカーンですが、テレビシリーズから敵役ながらなかなかの人気を誇るらしく
過去の遺産を上手に使ってきたというところでしょうか。

ところでこちらのベネディクト・カンバーバッチさんですが、
以前こちらでも紹介させていただいた
檄シヴシネマ『裏切りのサーカス』にも出演されていて
「この人は来るな」と目を付けていた俳優さんなのでちょっとうれしい。
俳優の青田刈りは映画ファンの楽しみのひとつだね。

intodarkness3.jpg

そういう意味で言うと、こちらのMr.スポックを演じるザカリー・クイントさんも
TVドラマ『HEROS』からの推しメンなのだが、
「この人はアクが強すぎるから、次回作が難しそうだね」とか余計な心配をしていたら
映画史上 一、二を争うアクの強い大役をゲットしてしまったわけで、
こちらもまるで私の手柄であるかのようにうれしかった。

star_wars_episode_vii.jpg

ところで、
今作の監督であるJJエイブラムスさんもご存じ『LOST』からの私の推し監督。
ときに監督作の中で一番好きなのは
言わずと知れた(え?知らない?)『クローバーフィールド』。
さておきそのJJエイブラムスが『スターウォーズ エピソード7』の監督に
決まった話はご存じの方も多いと思うが、私の推し監督であるということよりも、
かのスピルバーグでさえ断ったと言われるこの大役を引き受けたということ自体が
すでに大事件だ。ちなみにディスニーにルーカスフィルムが買収された時点から
ジョージ・ルーカスはストーリー監修しかしない事が決まっていたそうなので
まだ肩の荷は軽いかもしれないが、それでもこれだけの人気を誇る大作を
監督するのだからそのプレッシャーはすでに推して知るべしだ。チビりそうだ。

ときに第一作目の『エピソード4/新たなる希望』が公開されたのが1977年。
私が11歳の時だ。そしてご存じの通りスターウォーズは全9部作。
その『エピソード7』は2015年12月公開予定なので、三年おきに公開されたとして
単純計算しても残り3作が完結するのは2021年、56歳だ・・・・・
食べたいものを我慢してでもそこまでは生きたいとさえ思ってしまうが
そのJJエイブラムスさんも1つしか歳が違わないので心配は無用か。
クゥゥゥゥ〜早く観たい〜〜〜〜

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2014.01.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR