G3 ION & DYNAFIT Radical 2

Introducing The 2014/15 G3 ION Tech Binding from G3 Genuine Guide Gear on Vimeo.


g3ion.jpg
g3ion2.jpg

G3 ION

G3から新しいテックバインディングが登場するらしい。
さすが後発なだけあって、パッと見渡しただけでも気の利いた改善箇所が見てとれる。

まずヒールピースは時計回転に一方通行でしか回せないDYNAFITとは違い
両方向に回せるようで、そのためモードチェンジにも左右90°の往復で済むようだ。
そしてブレーキもヒールピースの回転作業とは個別に収納が可能なようで
ヒールピースを回転させることでブレーキを格納するDYNAFITだと
モードチェンジ中にスキーだけ谷底に滑降して行ってしまうなんてこともあり得るので
これによって、よりユーザーの使い方のバリエーションを増やす改良が
施されているものと思われます。

g3_ion.jpg

そして個人的に一番気になっているのが、
ビデオの中でチラッと紹介されているこの「Foword Pressure」。
dynafitbeast16b.jpg
私のRADICALではピンを寄せ合う方向に効くスプリングの開放値と
回転方向に荷重をかける開放値のみ設定されていることに対し、
同じDYNAFITでも上の画像にある最新機種のBEAST16では、そこに更に
ブーツを前方向にも抑える前圧のスプリングを追加で装備していたが
このIONではその機構をエクストリームモデルではなく、
通常のツアーモデルにまで設定してきた。

テックバインディングはその構造上、ブーツの踵を上から押さえ付けるのではなく、
前後に挟み込むようにブーツを固定するので、特に板が山なりに撓んだ時には
トゥピースとヒールピースの距離が離れてしまうため固定力に少なくない問題を
抱えていたのだが、このフォワードプレッシャーの装備によって、板が山なりに
撓んだ時にでもヒールピースがブーツを押し込む方向に追従するということだ。
さすがに競合や市場の反応がよく研究された核心を突いた開発をしてくるね。
ONYX.jpg
デザインもONYXと較べてだいぶ洗練されてきたようだし、
先日報告したG3の新しいポールにも感じたことだが、
G3は全体的なデザインの方向性を180°変えてきたようだ。

最後に気になる部分は、
トゥピースの構造体に積極的に空間を作って凍った雪の排除を容易にしたようですが
みたところそのためにブーツ位置が10mm程度上側に上がってしまっているようで
重心が高くなるというか、エッジから足裏が離れるのは個人的には嫌な部分。


DYNAFIT Radical 2

dynafit_radivcal2.jpg

30周年を迎える本家のDYNAFITも「こりゃあ黙って見過ごせん!」と
言ったかどうかは知らないが、これに対抗するように『RADICAL2』を導入予定。
こちらも詳細は不明だが、BEAST16とはまた別の方法によってトゥピースを
回転方向のリリースにも対応させたようで、これによって横方向の衝撃からも
ブーツが解放されるようになり、より一層の安全性の向上が想像される。ちなみに
トゥピースをロックするとこの回転方向の動きも固定させることができるようだ。

そしてヒールピースの回転のロック機構を本体内部に装備していたのだが
そのロック機構を外側に移設したようだ。そもそも時計回りの一方向にしか
回させなかった(実は両方向に回せるのだが、メーカーがそれを禁止している)のは、
この内部にあった固定の仕方による問題だと思われるのでそれを解消させる目的が
想像される。こちらもヒールピースの逆回転が可能になったということだろうか?

dynafit_beast14.jpg

そして『BEAST14』。まだCAD画像ではあるが、これを見ると上の『RADICAL2』と
同様のトゥーピースが採用されているようで、それもあってか重量も795gと
BEAST16から200g程度の軽量化も果たされている様子。

といったわけで、良きライバルの出現は開発のスピードを上げてくれるから
ユーザーにはウエルカムだ。より一層の切磋琢磨に期待したい。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 注意 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
あくまでも個人ブログとして、私が気になったり注目しているアイテムをこちらで紹介しております。
したがいまして、こちらで紹介しているアイテムの内容や情報に関しまして、噂話レベルの話から、一人のモノ好きとしての勝手な思い入れや希望的観測など、独自見解が含まれている可能性がございます。
こちらを見て気になられたアイテムや情報の詳細に関しましては、個々にメーカー等へご確認いただきますようお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2014.02.05 | コメント(2) | トラックバック(0) | スキー

コメント

そうなんですよね、G3のIONもDYNAFITのRADICAL 2も、気になってます。

個人的には、ION のトランスポーター的な外観が好みなんですか。
来シーズンに狙っている、vector glide のGenius にはどちらが似合うか今から楽しみです。
あっ、へそ曲がりさんに、吊られて買い物癖が付いてきちゃいました。

2014-02-05 水 12:59:25 | URL | Sugaya #- [ 編集 ]

Sugayaさん
デザイン的な洗練度で言ったら間違いなくG3でしょうねぇ。
これでオレンジ以外にも出してくれると尚うれしいのですが。
安全性で考えると「ヒールの前圧」と「トゥの回転解放」との
比較がポイントではないでしょうか?
正直これは両方とも装備していて欲しいのですが、
その両方を装備ってことになると必然的にBEASTってことになるんですよね。
でも軽くなったとはいえまだ200gくらい重いわけですから
軽さが命のTLTにあってこれまた手が出せませんよねぇ・・・
う〜ん。悩ましいですな。

2014-02-05 水 13:13:47 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR