FC2ブログ

やっぱり? DEELUXE SPARK SUMMIT

marunuma1223_2013-6.jpg

よい子のみんな!Merry Christmas!
今日はサンタさんから届いたプレゼントのお話しだよ!



・・・と、この際もう子供のふりして現実逃避するほかないし、
ion Leatherのインプレをお待ちの皆さんにはもう謝るしかない。申し訳なし。
というわけで、年末のドサクサに紛れてこの記事をポストしておこう。

ion_leather.jpg

とにもかくにも、BURTON ion Leatherがこれだけ重くなってしまい
しかも、2012-13モデルに較べて、足裏感覚も後退してしまったのならば、
「もう未練はない」というのが、紛うことなき今回の突然の移籍劇の真相だ。

    spark_summit_1108.jpeg

ちなみにSPARK SUMMITは1,307g。
同じ本革仕様でしかもビブラムソールなどゴツイ装備満載なのに50gしか違わない。

しかして、改めてこのSPARK SUMMITに色気を出しても、時すでに遅し。
もちろんメーカーでもすでにSold out。
このテの希少品は10月を過ぎてからでは手に入りにくいものだ。

そんなわけで、一旦浮気心に火が点いてからは「ひょっとしてキャンセル物件」とか
ショップ在庫を漁る日々が続いたが、一向に見つからない・・・
そして、諦めかけていた11月も目前に控えたある日、サンタさんが
愛知県にあるSIDECARにあった27.5cmの在庫を見つけてくれた!
1cm刻みで設定されているサイズを、できることならば27.5と28.5cmとを
試してみたいところだが、サンタさんにそんな贅沢を言っている場合ではない。
27.5cmを即ポチ・・・いや違った、靴下にお願いを入れた。だった。

で、カスタムインソールを制作した記事の中でも、
スキーブーツに加えてスノーボードのブーツにもカスタムインソールをお願いした
という話を書いたが、実はそれがSPARK SUMMIT。今まで隠していてごめんなさい。

で、心配だったサイズ感だが、
スキーブーツチューンナップ エスキモーのお力もあり“なんとかなった"。
特につま先にオーバーサイズのパッドを当ててからサーモインナーを施工するなど
手の込んだフィッティングを施していただいたことで、
一切の余分もないくらいピッタリフィットするブーツになった。
これが28.5cmからの調整だったらどうだったかは分からないが、
タイト目を好む私には、結果的に27.5cmから拡げる方向で調整して良かったと思う。

1224_2013-7.jpg

このSPARK SUMMITは見た目からすでに
キワモノ感をバリバリに発しているところに加えて、
各方面で「バックカントリー専用ブーツ」だとか、かなり特殊な部類として紹介され、
しかもあのお値段なので、私のようなお上りさんは、
銀座のクラブのような敷居の高さを感じてしまう。

アホみたいな数のボードを所有している私だが、
ブーツに関しては、できればゲレンデでもバックカントリーでも
使い分けずに一足だけですべての場所に対応させたいという思いが強く、
そんなSPARK SUMMITのとても狭義な位置づけが、
勢いに乗って買ったあとでも心にしこりを残す部分であった。

でも、実際に使ってみればなんてことはない、本当に普通に使えるブーツだ。
もちろんこの「普通」の定義も様々であるが、
特に気を遣わされたり、特別な作法があるでもない。そういう普通。ただし、
ソールは明らかにビブラムでないモデルに較べて1cmは厚くできており、
かなりボードと離れた位置に居るような違和感は否めない。
そして、その嵩の高さはバインディングのストラップを含めた調整にも大きく影響し、
あれこれと試しながら見つけたセッティングは、BURTON ionと較べて
ローテションに約6°のズレが生じており、結果大変更を余儀なくされた。

加えて、このSPARK SUMMITに装備される
ビブラムICETRECKソールは、そのゴツい見た目の通り(?)にリフト乗り場など
凍った雪でのグリップ感がionに較べて乏しいと感じたのが数少ない不満点。

でも、何より実際に足を入れてみれば、このSPARK SUMMITの
フィット感はすでに比較にならないほど上質だということを思い知らされ
些細な不満点などスッキリと晴れてしまう。

見た目とは違ってアッパーはとても柔らかく足首の動きを阻害しない。そして何より
そのサーモインナーによって生み出されるホールド感と履き心地は別次元。
これだけ足首の動きを許容するのに、踵はブーツの中で一切浮き上がらず、
かといって過剰な締め付け感が伴うわけでもなく、自然に足を包み込んでくれる。

そのサーモインナーの上に、片手で引っ張るだけで上下共に締め上げられる
CSLシングルレーシングに、足首だけを担当するBOAを組み合わせた
『SCL 2.0』と呼ばれるシステムに、ブーツの最上部を締め上げる
パワーベルトまで用意され、もはや過剰とも言える調整範囲を持つ。
これだけ細かく締結力を調整できたらまず不満は出ないだろうと思えるほど
DEELUXEのホールドに対する考え方は偏執的ですらある。

つまり「犠牲」となる部分とは、軽さと豊富な足裏感覚になるというわけで
この失う部分をどう考えるかによって「普通」に付き合えるのかが決まるわけだ。

ただ、とても困ったことに、それはつまりDEELUXEの通常モデルへの興味が
俄然高まってしまうという痛し痒しな状況を生み出す要因でもある。

今まで盲目的にBURTONを選んで来たわけだが、
世界はまだまだ広いんだなあ、と再確認。井の中の蛙。

そんなわけで、BURTONへの未練を秤に掛けてでも、
今はこのブーツを履きこなしたいと意気込んでいるし、何より
その名前が指し示すとおり『SPARK バインディング』が
こいつの真の居場所であり、仕事場である。
そして今は、その双方にとっての本籍地であるバックカントリーで、
こいつの本領を存分に発揮させたい気持ちで一杯である。

サンタさんありがとう!(←まだ言うか)
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2013.12.25 | コメント(11) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

merryChristmas!
太っ腹なサンタさんがいたものですね~
それにしても、注目のソール素材がリフト乗り場でイマイチとは?
稜線のガチガチ斜面だったら、効果を発揮するんですかねー

2013-12-25 水 11:51:14 | URL | マッキー #USanPCEI [ 編集 ]

あー、また買ってるしw

って、前回記事で着てる「ウェア」も気になるのですが、どこのウェアですか??

2013-12-25 水 14:34:04 | URL | のぶ #- [ 編集 ]

マッキーさん
埼玉方面担当のサンタさんは
アベノミクスの影響で景気が良いようです。
さておき、リフト乗り場の踏み固められたツルッとした雪の上では
BURTONのソールの方が安心感高かったです。
ビブラムの溝は深く刻まれていますけど、
雪面に接地する面積も結構広いですからね。
ツルッとは苦手かもしれないです。

2013-12-25 水 16:35:15 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

のぶさん
黒猫のマークのついたサンタさんが届けてくれたんです。
それ以前の記憶はありません・・・

あのゲレンデ用ウエアはGreenClothingの
Heavy JKTとBIB Pantsです。
ちなみにグローブもGreenのUnderMittで、
このミトンのインナーグローブは、青/黒ボーダーの
のぶさんのグローブとお揃いです。

2013-12-25 水 16:41:09 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

歳いくと足下はとにかく軽い方がいいですよねw

僕も愛用していたメーカーがスピードレースを採用しちゃったので
来年どうしようか悩んでます。

2013-12-25 水 17:38:07 | URL | Toshi #- [ 編集 ]

Toshiさんは
オールドスクールなレースアップブーツがお好みでしたか。
私は手間いらずな部分に関しては、ハイテク万歳な性格なので
スピードレースの便利さに溺れています。

2013-12-25 水 18:07:25 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

来ましたかspark
私のは旧型ですが、ブーツ剛性は気に入ってます、ION馴染めなかったので。。。
それとエスキモー、てんちょうーは旧店バイト仲間、世間というかスキー界狭いですね。ちなみに私のsparkはテレマーク用ですが、ビンはまだ作成中、先は長いです。

2013-12-26 木 02:29:50 | URL | tanakahiroshi #- [ 編集 ]

tanakahiroshiさん
はい、結局SPARK行ってしまいました。
コメントいただいていたとおりに、履いてみると意外とコンパクトに感じますね。
つまり、あのゴツい感じの根源はすべて分厚いビブラムソールにあるというわけで、
テレマークにはあのソールの剛性感が効いていそうですね。
おお〜てんちょうさんとお知り合いでしたか!
どんどん輪が縮まってくる感じがいいですねえ。

2013-12-26 木 10:13:46 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

シェル剛性は良いのですが、ソール剛性はあり過ぎというところです、まあ、自作ビンディングの調整が必要です。

2013-12-26 木 20:12:19 | URL | tanakahiroshi #- [ 編集 ]

あけましておめでとうございます。
先日私も今シーズンスタートしました。cloudsplitterはまだデビューさせてませんが(^-^;

DEELUXEも良いメーカーだと思います。私の足にはサロモンのほうが「普通」に履けるのでサロモンを使用してます。

板を履いてる写真ですが、ビンディングの角度両足とも0度ですか?
新年から質問してしまって申し訳ありませんが滑りはどういうフィーリングなのか気になったので(^-^;

2014-01-05 日 10:13:08 | URL | tetsu #7Vwe54W6 [ 編集 ]

Re: タイトルなし

tetsuさん
明けましておめでとうございます。
シーズンインもおめでとうございます!
まだNewボードを投入しないとは!なんと強い精神力!
私は雪さえ充分あればいっちゃいますよ!(実際奥只見でTT160いきました・・・)
ところで、
スタンスの件ですが、この正月休みツアーでかなり細かく
セッティングを繰り返しましたので、次の記事をおまちくだささい!
今年もよろしくお願いいたします。

2014-01-05 日 12:54:07 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR