FC2ブログ

フランクフルトショウ 2013

fftshow2013_5.jpg
fftshow2013_4.jpg

今年は東京モーターショウの年(11月20日〜東京ビッグサイト)ですんで、
フランクフルトショウがちょっと気になり調べていたら、
なかなかに要注目物件が多かったのでレポートします。

まずは上の『BMW i8』。
街中を前輪駆動のEVとして走行し、いよいよとなれば後輪を
1.5L直3エンジン(と補助的なモーター)で駆動し、システム出力で362ps、
最大トルク58.1kgmを誇るBMWが放つPHV4WDのスーパーカー。そして、
リッター40kmを標榜するエコカーでもある。
お値段13万5700ドル(約1360万円)と、
ポルシェやフェラーリのハイブリッドスポーツと較べれば結構リーズナブル。
つまりこちらは市販予定車。ショウモデルに非ず。まんま未来。

fftshow2013_8.jpg

はい、『ミッション・インポッシブル:ゴーストプロトコル』で
トム・クルーズが乗り回していたアレがそのまんま発売されます。

fftshow2013_7.jpg
fftshow2013_1.jpg

つづいいては『ケーターハム セブン165』。
スズキ製軽自動車用660cc直3ターボエンジンを最高出力80psにチューニングして
セブンに載せたまさに日本のためのホンモノセブン。
わずか80psと思うなかれ、その車重はわずか460kg。
まさにセブンの不文律に伴ったパフォーマンスを持っている。
イギリスでは2014年に270万円以内で発売される予定だそう。
気になるのは見たところスズキのブースに展示されていること。まさか?スズキで?

fftshow2013_3.jpg

そして、
地元フランクフルトショウのテッパンとしてポルシェから『911ターボ/S』。
いつも911はターボやRS、GT3などハイパフォーマンスモデルの方が
カッコ良く見えていたが、最新の991型に関しては
ノーマルのカレラの方がエレガントで好きだなあ・・・

fftshow2013_2.jpg

そしてパナメーラのディーゼルモデルはさらにパワーアップされた模様。
ディーセルに伸びシロがあるなんて思いもよらなかったな。
でも、そんな先入観の強い日本では、ポルシェとディーゼルってなかなか
結びつかないものなあ・・・カイエン同様に発売されないのか?

fftshow2013_9.jpg
maseraticoovan.jpg

近頃は各社SUVモデルなしでは経営が成り立たないとまで言われているが
私的にあり得ないとまで思った『マセラティ・クーバン』もすでに発売間近。
マセラがSUV????ナシでしょ・・・と思うがポルシェがカイエンを出してから
なんでもありのバトルロイヤル状態だ。SUV専門メーカーの顔色なし。で、
まさかのジャガーもいよいよこの『C-X17』でプレミアムSUVクラスに本格参入?
かと思いきやまだスタディモデルらしく、発表されたのはこれに採用される予定の
アルミモノコックを共有したミドルクラスサルーンを2015年に発売というニュース。
いわゆるその告知用のアドバルーンだが、その完成度の高さからも市場調査を
兼ねているだろうことが想像される。ジャガー売る気だな・・・

fftshow2013_10.jpg

SUVからもう一台『レクサス LF-NX』。
こちらはあからさまなスタディモデルだが、スピンドルグリル以降
レクサスブランドのデザインのまとまり良さには目を見張る物がある。

と、特にレンジローバー・イヴォーク以降、各社が放つ近頃のSUVモデルの
デザイン性の高さは「なんとかなってる」レベルから「SUVでないとできない」
SUVだからこそ成立するデザインにまで昇華されていると感じる。

fftshow2013_6.jpg

そして最後に紹介するのは、これですよコレ!
『アウディ スポーツクワトロ コンセプト』。
これ自体がどうのこうのということではなく、

fftshow2013_11.jpg

それはつまり往年のアウディスポーツクワトロの現代解釈だ!
みなさんはどうか知らないが、私にとって「フルタイム4WD」とは、
スーパーカー世代を過ごした我々が、免許を取ったまさにそのときに登場した
最新技術の塊のような存在。そんな『クワトロ』はまさにアイコン的存在で
WRCホモロゲモデルであるスポーツクワトロには畏敬の念すら抱いておりました。
ついついあの頃にタイムスリップ!!!!!嗚呼、青春のアルカディア。

そう、クルマはその時代を映す鑑だ。
今はパワー競争を終えて環境性能の分野で各社がしのぎを削るフェーズに入ったが、
そんな中にあってもこうやってクルマ好きの心を動かす感動性能は未だに
あの頃とは少しも変わってはいない。夢があるなあ。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

2013.09.25 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

クワトロ、037ラリー、デルタ…あの頃のラリーカーってすごく特別ですよね。

セブン165も気になる!
しかもリアフェンダーがかなり狭いのは日本で軽自動車として…楽しそうですねー
サービスをスズキで受けてくれるなら、心配事も少なくなるし!
たのしみっすなぁー

2013-09-25 水 13:49:08 | URL | おにぃーさん #- [ 編集 ]

おにぃーさん
そーなんですっ!免許取ってからのスーパーカーって
つまりWRCカーだったりするんですよね!
で、セブン(軽)いいでしょう?一度乗ってみたいなあ。

2013-09-25 水 15:47:36 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

スーパーカー世代とは言えないかも知れませんが?ジャンプは欠かさず読んでました。
ディーノに憧れたくちで
奇しくも?現在の車はV6エンジンです。
残念ながらV6バンク角は65度ではなくて75度の3200ccですが・・・

やっぱりセブンが気になりますね。
ジムニーなら国内にノウハウ沢山持ったショップも有りますし
カプチーノ復活のきな臭い話も有りますからスズキ系列からなら期待大!
でもミニも3ナンバーになっちゃたから不安要素も?

2013-09-25 水 17:27:55 | URL | 正宗 #ijxcUoTg [ 編集 ]

正宗さん
セブンはそもそも排気量の大きいハイパフォーマンスモデルが
基本にあっての今回の軽仕様ですから心配無用ですよ!
期待通りに登場してくれるハズです!
もし私が仕事をリタイヤするとしたらゼッタイにコレ買いますね!
毎朝4時起きでこいつで近所をひとっ走り・・・

2013-09-25 水 17:41:21 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR