Sound of Honda - Ayrton Senna 1989 -



1989年、F1日本グランプリ予選。
その日、まさに私はそこ(鈴鹿サーキット)にいました。
じ〜んと来るなあ・・・心臓の裏側のあたりがザワつく感じだ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:F1全般 - ジャンル:車・バイク

2013.07.29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

この動画かなりヤバいですね。
これ目頭熱くなりますよ。
HONDAの動画のセンスは毎回いいですよねぇ。

人間のセンスと製造技術が高次元で融合した瞬間の価値って
僕個人としては本来その場やその時、その年しか無く、
あとは人々の記憶の中だけにあるものだと思ってるんですよ。
それを人々の記憶から再現する手法をバカみたいに盛大に
金かけてやってますけど、独りよがりで終わらず、
ちゃんと効果出てて凄い。

編集としては最後のストレートはグランドスタンドから見た
光が走ってる視点もインサートで入れて欲しかったなぁ
短く入ってるんですけど、光が走ってるカットじゃないんですよね。

当時、翌日の決勝はまた劇的でしたよね。
プロストがこれでチャンピオン取って悪い的な風潮でしたけど、
プロストが試合巧者なだけで翌年のセナ特攻よりはw

2013-07-29 月 17:33:19 | URL | Toshi #- [ 編集 ]

Toshiさん

> この動画かなりヤバいですね。
> これ目頭熱くなりますよ。

私もオフィスで危なく涙をこぼすところでした。
アイルトン・セナって我々日本人にとって特別な存在なんだって
改めて思いました。
それを技術を駆使してこういったカタチで復元して蘇らせるなんて素敵ですね。
技術の進歩も捨てたもんじゃないって思えます。

やっぱり「器造って魂入れず」が、技術者やクリエイターにとって
一番良くないことですよね。
HONDA自身が一番良くわかってるってことですかね。

2013-07-29 月 19:03:43 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR