FC2ブログ

永遠の0

eien_no_zoro.jpg

『永遠の0』読みました。
自分自身『アウトレイジビヨンド』の話をしたあとにこの話というのも、作為的と申しますか無関係ではなさそうにも思いますが、そんなわけで私自身余計に没入して読んでしまいました。
軽くつまんで内容をお話ししますと─

 司法試験浪人中の佐伯健太郎のところに、ある日ノンフィクションライターを目指すフリージャーナリストである姉の慶子から、とある新聞社の終戦60周年プロジェクトとして戦争体験者の証言集の取材を手伝わないかと持ちかけられる。実はこの姉弟の祖父は特攻隊として夫を亡くした祖母の再婚相手で、血の繋がった本当の祖父ではなかった。
 その姉の雇い主である新聞社でプロジェクトを進める高山は、神風特攻隊のことを「テロリスト」だと語る。実の祖父のこともあり、その考えがどうにも腑に落ちない慶子は、この取材に際して特攻隊であった実の祖父のことを調べてみることにしたのだが、その取材を弟の健太郎に手伝わせようと考えたわけだ。
 そうして戦友会を通じて祖父に縁のある戦争体験者の元を訪ね歩くわけだが、そこで浮かんできたのは実の祖父である「宮部久蔵」の謎に満ちた人間像であった。ある人は「臆病者」とさげすみ、ある人は「勇気ある人」と称える。そして全員が共通して言うのは「天才的な零戦搭乗員(パイロット)」であったということ。
 最前線で命を賭して戦う者をおおよそ人として扱わず、さも使い捨ての道具のように使い、そのことに一点の疑問も抱かずに、それを天命として受け入れ多くの若者たちが死んでいったと語られたその時代。そこに生きた者たちは本当にそれを「天命」と受け入れ喜び勇んで「玉砕」していったのか?あたかも国に、軍に洗脳されて神風として「特攻」していったのか?まるで貿易センタービルに突入した旅客機のように──そこにあった若者たちの葛藤と真実が深く語られる──


と、いった内容です。

 今までにも「特攻隊」や「回天」「桜花」を題材にした小説は数多くありましたが、戦争体験者の多くがお亡くなりになり、すっかり戦争のことを遠い昔話としてしか認識していない人々が増えたこの時代に、そしてテロという新しい戦争の時代に、年代に関わりなく読みやすく、分かりやすく解説された本作はとても新しい試みだと思う。
 そして何より、ギリギリの戦闘空間であっても愛する女性のために絶対に生きて帰ると誓う宮部久蔵の人物像を描くことで、特攻という重い題材を、特に若い女性にも共感を与えられる、まさに老若男女問わずに読めるようにしたことは、本書がこの時代に残すとても大切な「行い」だとすら思えます。

 冒頭に語られる「神風特攻隊はテロリストと同じ」という見識には、私自身「そうかもしれないなあ」と思いながら読み始めました。実際、これを読むまでは、国のために「特攻」という手段を実行できるその精神の強さに憧れ、そういった思いの強さを持った日本人であることに誇りを感じたりもしていました。しかし、本作で戦争体験者の口から語られる真実には胸が痛くなることばかりで、のちに様々な場所で語られ、私が知ったつもりでいた真実や認識がひっくり返るような話が立て続けに語られます。
 中でも大手新聞社に勤める高山が、とある特攻要員であった人物に、その「特攻はテロ行為である」との認識を打ち砕かれる場面は、あたかも自分がひっぱたかれているような気分になるほど、骨身に染みる場面でした。いまここにその場面のやりとりを書きたい、皆さんに教えたい気持ちで一杯ですが、ここはグッと堪えておくことにします。

 最後に生意気にも書評などさせていただきますれば、その史実としての内容部分はもちろんすばらしく、「宮部久蔵」のミステリアスでありながら、その実人間性に富んだ人物像とその描き方にはぐいぐい惹き込まれるので、近代日本史、特に大東亜戦争について興味のない人にも知らずにのめり込ませてしまうところは素晴らしいと思います。
 ただ、私としましては「それはあまりにも短絡に過ぎないか?」とツッコミたくなる最後のオチのつけ方はいかがなものか?と、そこまでの重厚感ある展開を一気に醒ますような収束のさせ方に少々納得のいかないところでございます。まあ、私の個人的な当てこすりに過ぎないので、そんな私の当てこすりを見透かす意味でも、まだお読みでない方は是非読んでみていただきたいと思います。

すでに12月公開予定で映画化も決定しており、宮部久蔵は岡田准一が演じるそうです。気持ちは分かるがなんか違うなあ・・・興行を考えればそうなるんだろうけれど、この作品の場合、せめて当時の再現部分はあまり売れていない面の割れていない無名の役者さんを起用して、俳優のもつイメージに引っ張られることなく、客観的に観られるように演出して欲しかったなあ。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

2013.05.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR