(いまさら)初スキー!

2013_0420_10.jpg

さて、この週末はどうしたものかと、仕事もそっちのけで悩んでいた。
もちろん最有力候補は波乗りなのであるが、心のどこかに穴が開いたような
何か大事なことを忘れている気がしてならない・・・・・・というのは嘘で、
実は今季はこれまでまったくスキーをしていないことにかなり心を痛める・・
・・というよりも、正直焦っていました。

と申しますのも・・・・・・・
不肖私、10歳から今季までスキーをしなかったシーズンはありません。
(ここ2年ほどシーズン中に一日しか滑ってませんケド)
実はスノーボードに本腰入れるようになったのはほんのここ数年の話で
それまではスキーの合間にスノーボードする程度だった。のですよ。
そんなわけで「スキー歴38年、休みなく続けています!」という
既成事実をデッチ上げるためだけにこの週末はスキーに行くことにしました。

    kagura_tour.jpg

そこで、目に付いたのがコチラ。
かぐら観光協会が開催する『ツアースキー&ボード』(ヘリの方じゃなくて)。
いつもかぐらにばかり来ている私だが、ここにもいつも書いているように
通称「三角」と勝手に呼んでいる2,000メートル峰のその先(奥)には
今まで行ったことがありません。

この「雁ヶ峰〜霧の塔」を巡るクラシックツアーコースはとても有名なのですが
なにぶんアップダウンありのツアーコースなので「山スキー向きでしょ?」と
スノーボード前提で考えれば到底圏外だったからだ。
それに加えてこのコースは厳冬期だとガチに難易度の高いルートなので、
私には行きたくてもこの時期まで待たないと難しいということもあった。

で、このツアー。いわゆるプロのガイドの方ではなく、
地元のコアなローカルの方々にアテンドしていただくツアーで
申込時にも、スノーシューやシールの有無はおろか
ビーコンの有無に関しても確認されることはなく、
雪の上を歩きやすいこの時期だからこそのツボ足(スノーシューもなし)ツアー。

私はもちろんクライミング・スキンを使いましたが
ほかのほとんどの方がツボ足で5ロマ降り場から霧の塔まで歩かれてました。
そういったわけで、BC未経験者向けのツアーだと思われますが、
体力的には結構ハードだったと思われます。少なくとも私にはツボ足は無理。
それでもみなさんケロっと登っていらっしゃいました。ヤング(古っ)。

なので、キッチリとした統制のとれたガイディングをご希望の方には向きませんが
その代わりにゲストに堅いことを言ったりしないとても肩の力の抜けたユル系で、
私はこういうの大好き。
実際途中から降り出した雪により、その場で翌日曜日の同ツアーの中止を決定されて
いたのですが、リーダーの方曰く「雪の中ツボ足しても辛いだけでしょ?」
(実際翌日曜日のかぐらは10cm以上の積雪!)とおっしゃっていた通り
リフト券込みで7,000円という、地元の方々の商売抜きの心づくしに触れる
とてもスローなツアーと言えると思います。

2013_0420_1.jpg
2013_0420_12.jpg

さあ!久々のスキーツアーでっす!
(1年ぶりのスキーで、いきなりツアーコースですんでかなり緊張してます)
天気は視界が充分にとれる程度のくもりで、
この時期にしては肌寒く昼過ぎから雪が舞い始めた。つまり、
申し分のないコンディション!

2013_0420_11.jpg

おっと、その前にこのツアーお約束のゼッケンをしなければ。
みなさんザックに括り付けたりおしゃれに気を遣われておりましたが
私はなかなかない機会なのでガチにゼッケンを着用してみた。
やっぱりこういった催しはガッツリ全部楽しまないと。

2013_0420_2.jpg

2013_0420_3.jpg

2013_0420_4.jpg

と、ロクに滑りの練習もなしでのツアー開始であったが、
もちろん登りの作業はいつものスプリットボードと同じなので
中尾根〜北斜面〜といつも通りにルートをこなしスムースに三角頂上に到着。
それにしても、ハイク中のスキーはやっぱり重い・・・・
ブーツも合わせるとスプリットの倍くらい足にズシリと来る。
よってスプリットの倍疲れるイメージ。

2013_0420_5.jpg

そして!ついに禁断の三角裏側(霧の塔)へ!
画像に見えているのが三角頂上で、アテンドしてくれた地元のみなさんは
この三角を「雁ヶ峰」と呼ばれていたが、日本地理院の地図上では
雁ヶ峰は霧の塔の先にあって、地元湯沢町と認識のズレがあるので注意が必要かも。
ちなみに三角への急勾配を「無言坂」と呼ばれていた。ワカル・・・

2013_0420_6.jpg

ここ霧の塔でちょうどお昼。今回のツアー参加者は20名を越す大盛況!
ときにこの奥に見える広場状の場所がヘリスキーツアーのヘリポートだそうで
つまりはここから先はまったく同じルート。1万円の差。
もちろん登った方が何倍も楽しいが、子供の私は単純にヘリにも乗りたい。

そして霧の塔からいよいよ滑走開始!!!!!!!!!

2013_0420_8.jpg

2013_0420_9.jpg

2013_0420_13.jpg

た、楽しいぃぃぃーーーーーー!

念のために言っておくと、今の時期だからこそありがたいという楽しさ。
樹林帯やこの時期のゲレンデでは得られないフレッシュな雪面を滑れたり、
美しい景色の中をハイキングのように歩いたり、と
まさにバックカントリーの楽しさが詰まっている春ルートだ。
これに参加してバックカントリーにはまる人も多いのではないでしょうか。

0420kagura_gps.jpg

0420kagura_gps2.jpg
スノーボードの参加者の方も数名いらっしゃいましたが、
比較的安全が確保される尾根沿いを延々伝ってゴンドラコースまで滑るルートで
広いオープンバーンもなくはないがそれも短めで、斜度のある長い斜面もなく、
上の高度グラフにもあるようにちょこちょこと登りの場面が出てくるので
このツアーコースはどちらかと言えばやはりスキー向きだと思います。

2013_0420_7.jpg

ところで、前日の金曜日は雪が降ったここかぐら。
霧の塔の吹きだまりでこの積雪量。今回の雪は良かった〜〜〜〜〜〜です。
お世辞抜きに3月中旬の雪!ブレーキングスノーはおろかとても良く走る!

それと、久しぶりのスキーで一番の収穫は、正直にスキーの方がスノーボードに較べ
3割増しで上手にできる(当社比)という事実に気づいてしまったこと。
何より転ぶ気がしないし、どんな場面でも自信を持ってスキーを操作している自分も
3割増しでカッコよく感じる(あくまでも個人の感想です)。

って、おいおいおい〜っ!!

やべぇ!スキーめちゃ楽しいぞ、おいっ!また本腰入れちゃうか〜?
(楽しかった滑走時の動画はまた後日)
さておき、こちらの「かぐら・苗場山 スキーツアー&ボード」は5月5日まで!
気になられた方は是非参加してみてください!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

2013.04.22 | コメント(8) | トラックバック(0) | スキー

コメント

来期は、太っといスキーが増えるのかナァ〜(笑)

2013-04-22 月 12:36:33 | URL | オヤジボーダー #K3/xRIcs [ 編集 ]

自分も20年ぶりにスキーしましたが、スキーも楽しいってコトに改めて気づきましたよ!
こっちはまだまだ滑れますw

2013-04-22 月 13:03:21 | URL | のぶ #- [ 編集 ]

無言坂 うける www

来季はスキー転向ですか

スキーは機動力が うらやましいです! 

2013-04-22 月 14:47:03 | URL | T∀2 #- [ 編集 ]

オヤジボーダーさん
すでに太っといのは百花繚乱に出揃っていますよ。
濃い〜変態の集まる時間帯は太っといスキーと
異様に先の尖ったボードばかりになりますが、その反面
平時では見かけませんかね。

2013-04-22 月 16:35:54 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

のぶさん
> こっちはまだまだ滑れますw
ほんとスノーシーズン長いですよね〜
でも、モーターサイクル・ダイヤリーはコッチの方が長いけどね!

2013-04-22 月 16:37:31 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

> スキーは機動力が うらやましいです! 

ボードでのトラバースで、
私のみっともないところを多数見られている
T∀2さんなら、私の気持ちも分かるはず!

2013-04-22 月 16:39:15 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

ずーっと前から気になっていました…これがクラシックコースですか!しかしもう滑らないのかな?と思っていたのでマサカの二枚板にはビックリです(汗)

少しスノーボードだとキツイのでしょうか?

ビブは正しく装着がナウイですw

2013-04-24 水 04:55:03 | URL | NADA #- [ 編集 ]

NADAさん
> しかしもう滑らないのかな?と思っていたのでマサカの二枚板にはビックリです(汗)

『厳冬 利尻富士 スキー大滑降』の影響も大きいです(汗)
わかりやすく感化されてます・・・

> 少しスノーボードだとキツイのでしょうか?

そうですね。苦労のわりに・・・って感じでしょうか。
みなさんほとんどの場面でポールを出しっぱなしで使われてましたから。
ですので滑りに行くというよりも半分は景色を眺めに行く感じで
一度はクラシックルートを巡ってみるのも楽しいと思いますよ。

2013-04-24 水 09:58:19 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR