八甲田【LAST DAY】

hakkoda_lastday_5.jpg

hakkoda_lastday_2.jpg

遠征3日目にして、まさにTHE DAYを引き当てたわけだが、
実は心のどこかで引っかかっていたことがある。
それは『八甲田〜風と樹氷の山』を観た方なら一番に印象に残ったと思われる
“アレ”だ。

聞くところによると八甲田ロープウェイは、風速25メートルまで運行されるそうだが
あなたは風速25メートルを体験したことがあるだろうか?
そう、アレとは「厳しく、美しい。日本の山へようこそ。」の “厳しい” の部分だ。

朝、部屋の窓から見える山は猛吹雪・・・
しかし、ガイドクラブへ向かうとガイドツアーは開催されるという。
正直一旦は切れかけた気持ちをたたき起こし、申し込みをしていると、
「(ロープウェイ)止まったぁ〜」という一言。あらら・・・
2日目と同様にロープウェイとのにらみ合いだ。

しかして、今日はもう最終日。空港行きのバスは15:30に八甲田山荘を発ってしまう。
あわよくば18時半の最終のバスに替えて、と思ったが、
バスの予約は変更ができないそうで、着替えや準備を計算しても15時前には
戻ってこなければならないので12時までにガイドツアーが出発できないと
事実上タイムアウトだ。

hakkoda_lastday_3b.jpg

まあ、言っても目の前には
ざんざんに積もる雪が降りまくっているスキー場があるわけで、
それを放っておく手はない。っていうかそれしか手はない。
そんなわけで、私、HAMA☆さん、カワさんと三人して
パウダー降り積もるラインを攻めながらビデオ撮影にいそしむことに。

hakkoda_lastday_7.jpg

で、「スーパー如意棒」と自ら命名した
なんと優に160cmを超える長さを誇る一脚でビデオ撮影を繰り返すカワさん。
その「スーパー如意棒」緩斜面ではパドルに早変わり。
如意棒を漕ぎながら進むその姿はどこか神々しい・・・

hakkoda_lastday_1.jpg

八甲田スキー場の半日券は手書きだ。パスケースはお土産に買った。

hakkoda_lastday_4.jpg

迷彩柄のウエアに身を包んだイカすチームがいると思ったら自衛隊のみなさん。
こんな光景も八甲田ならではだろう。

hakkoda_lastday_6.jpg

と、同じラインを何度も攻める我々にロープウェイ再開の報せが!
ガイドツアーも遅れて開催されるというが、残念ながらその時点ですでに
我々にはガイドツアーに参加する時間は残されていなかった。

hakkoda_lastday_9.jpg

hakkoda_lastday_8.jpg

しかし、ロープウェイ山頂駅から滑る時間ならある!
いよいよ真の八甲田を味わうときが来た!

hakkoda_lastday_11.jpg

HAKKODA 25m/s from Masakazu S on Vimeo.


※ ただ強風に煽られる様を映しただけの動画ですのでご注意ください。

・・・・・・風速25メートルはもちろんハンパではない。
ボードを持っていると冗談ではなく身体ごと飛ばされてしまいそうだ。
しかも身体のいたる所が瞬時に凍り出す自然の冷凍庫。
画像では伝えることはできない状況だ。これはもう体験していただくしかない。
でも、一度経験すれば、きっと忘れられない良い思い出になることだろう。

そんな状況の中、この日唯一開けられたダイレクトコースを2回堪能し
私たちの宝物になるであろう4日間がついに終わった。

hakkoda_lastday_13.jpg

私のエアチケットは特割だったので、変更がきかないという話だったが
空港へ行くと荒天のため特例で前の便に振り替えてもらえた。
一気に3時間前倒し。

IMG_0141.jpg

青森空港で三人で食べる最後の夕食。しんみりしちゃうよ。

hakkoda_lastday_12.jpg

そんなわけで、バタバタとセキュリティチェックを受け
思い出に浸る間もなく青森空港を飛び立った。

hakkoda_lastday_10.jpg

今回はTHE DAYと言っていい晴天と、その厳しい環境の中にあって
それに抗うように人間が創ったロープウェイという利器との知恵比べ
力(ちから)比べなど、いい意味で八甲田の自然に翻弄された4日間だった。

聞けばロープウェイが運休することもそうそうあるわけではないようなので
我々がそういった移り変わりの激しい時に訪れていたようだ。
それも含めて八甲田という山を楽しむということなのだろう。

レジャー施設でありながら、元来スキー場は大自然の中にあるという
あたりまえの尊い事実を改めて八甲田に教えてもらった感じがする。
八甲田は嘘偽りなく厳しくも美しい山なのだ。
きっと俺はまたここに来るよ!

最後に、
最高の時間を共有できたHAMA☆さん、カワさんに感謝!
技術的にもハート的にもガッチリシンクロした4日間だったよ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2013.02.07 | コメント(7) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

NO SNOW NO LIFE

久しぶり!

八甲田を満喫できたようでなによりです。

私が行ったときは山頂から迷って、いまは閉鎖中のモッコ沢コースへ。
これが大当たりでノートラックをいただきました。
ガイドグラブに連れていってもらったのは銅像ルート。雪深くて最高でした。

次回、少人数で行くことがあるなら、八甲田リゾートホテルがおすすめです、おいしい料理と温泉を楽しめます。

※12月18~20日は、トマム、サホロに行ってきました。3月1~2日は、乗鞍温泉スキー場でハイクする予定です。





2013-02-07 木 11:20:21 | URL | ダイスケ #Yx4/yqFE [ 編集 ]

いやー、お疲れさまでした!
アノ風と気温はやっぱり体験しないとですよねw

次回は北海道ですな!

2013-02-07 木 17:38:02 | URL | のぶ #- [ 編集 ]

Re: NO SNOW NO LIFE

ダイスケさん
お久しぶりです。
リゾートホテルも良さそうですが、私には山荘のほっこり感が合っているようです。
ガイドクラブも山荘の中にあるし。

2013-02-07 木 18:48:47 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

> 次回は北海道ですな!
ですなっ!

2013-02-07 木 18:49:23 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

かぐら


酸ヶ湯温泉、バスで行けたのに!

あさって9日はギャンブルで中里へ!(12月に行ったときは全コースパウダー)
来週は泊まりでかぐらと湯沢高原へ行きます。











2013-02-07 木 21:17:58 | URL | ダイスケ #- [ 編集 ]

車団地5撤回させて下さい(汗)

没収〜ピーカン〜山の厳しさと、リアル八甲田ですね…
芭蕉も果たせなかった青森ルートのリアルなお山をワントリップで学ばせて頂きました。

滑走体験しておくべき山ですね!


2013-02-08 金 04:47:42 | URL | NADA #- [ 編集 ]

NADAさん
今回は残念なことに一日しかガイドツアーが催されなかったので
もっと参加したかったです。
ガイドしていただいても1〜2日ではとてもではありませんが滑り尽くせないし
3月以降はまた別のルートも開くそうなので八甲田めっちゃ奥が深いです!

2013-02-08 金 09:26:04 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR