八甲田【Day-2】

hakkouda_day2_1.jpg

ロープウェイ2本でいい気分の一行はその晩、すっかり自分たちが何をしに来たのかを忘れてしまっていた。特に一年後に結婚をひかえたカワさんが、実はとある星から来た星人であることが発覚し、それを肴にずいぶんと盛り上がってしまった。結果、カワさんが密輸した日本酒「四万十川」そして青森空港で買った「津軽娘」を飲み干し、八甲田山荘で「亀吉」を追加購入する始末。

そんな宴の中、その窓外で吹きすさぶ雪を眺めながらも、翌日のガイドツアーへの不安なんぞ1mmも持ってはいない一行であった・・・

0014222.jpg

そして、翌朝、雪は降り続き加えて風まで強くなってきた。実はこのときすでにロープウェイが運行を見合わせていたのだが、こういうときは得てして見たい物しか見えず、聞きたいことしか聞こえないわけで、まったくなんの疑いもなく八甲田ガイドクラブにガイドの申し込みを済ませた。

0014224.jpg

その後、山荘の目の前にあるにも関わらず、まだまったく滑っていなかった八甲田スキー場のリフトを数本回し、ゲレンデ脇のパウダーを楽しんでいた我々の前に、突如寒風吹きすさぶこの八甲田で、半袖Tシャツの男が立ち塞がった。

「いまリフト下滑ってたでしょう?リフト券は没収させていただきます」

いい歳こいたおっさんは公共の場で若者に叱られることには慣れていないし、何よりその半袖姿に気圧されてしまい、いつもなら1~2時間の口論も受けて立つ私もすっかり言いなりになってしまった。もちろんその嫌疑に関して、まんざら心当たりがないわけではないということもある。

しかしだ。
「リフト下」の解釈に相違があったことはここで言わせていただきたい。それならリフト下と定義する場所にロープでも張っておいていただきたい。お互いのためにも。
それと、まずもって自分が何者か名乗るくらいのことしてくれてもいいんじゃないのか?できれば名乗ったうえで社員証か、もしもパトロールだとしたらそれを証明する何かがあるだろう?それを提示して欲しかった。というか、なんかそれっぽい感じのユニフォームとかあるでしょう?仮にも人の資産を没収するのだからそれ相応の覚悟を示していただきたいので、Tシャツはいろんな意味で失礼だと思う。

そんな意気消沈した一行を待っていたのは、結局午後も運休していたロープウェイのため、本日のガイドツアー中止の報せだった・・・つづく

(次回予告)

0014295.jpg

その晩、案の定ヤケ酒モードに入ってしまったへそ曲がりとカワ。そんなに飲んで二日酔いは大丈夫なのか?そんな毎夜飲み明かす一行に、とんでもない一日が訪れる!

hakkouda_day3_1.jpg

次回「八甲田【 “THE ” Day-3】」!を待て!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2013.02.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR