デンジャラス・ラン

safe_house.jpg

『デンジャラス・ラン』を観ました。
「デンゼル・ワシントン極上の悪に染まる」「4大陸で指名手配犯」と
テレビCMでは煽りまくっていましたが、
そこはさすがのデンゼルさんですので・・・・・

という意外性がいい意味でも悪い意味でも本作の見所です。
それが結果どちらに転ぶかは観る人次第。
ちなみに私の場合は『トレーニング・デイ』でのデンゼルさんの
悪ぶりが印象深かったのでそれ以上を期待したためガッカリ方面。

原題の『SAFE HOUSE』とは「隠れ家」のことで、
ミッションインポッシブル的なスパイものの場合、
作戦前に準備を進める「アジト」的なイメージがありますが
それとは違いリアルに諜報活動を行うためのまさに「隠れ家」。

その狭い部屋の中にびっしりと並べられたモニターに映し出される
様々な情報や監視映像、オンラインでバークレーと繋がっている黒電話など、
それらは元CIA局員のアドヴァイザーによる詳細なものらしい。
これ見ちゃうと『ボーン・アイデンティティ』シリーズも顔色なし。

そんな場所にすし詰めにされ、来る日も来る日も
椅子に座って監視を続けさせられる、エリート中のエリートであるはずの
CIA局員の退屈な仕事ぶりには忍耐力もエリートなのね。と
変なところに感心させられるリアリティではありました。
ある意味ディスカバリーチャンネル。

とはいえ、
この隠れ家が本作で何か重要なポイントかというと
さほどではないといったところはご愛敬。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2013.01.24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画

コメント

ハリウッド的盛り上がりを期待してると肩透かしを喰らってしまう内容だったかもしれませんね。
私はデンゼル好き、スパイモノ好きなので楽しめました。

2013-01-25 金 07:35:47 | URL | tetsu #7Vwe54W6 [ 編集 ]

tetsuさん
「プロメテウス」含め、宣伝と作品のギャップに悩まされてばかりです。
確かに素直に観れば
デンゼル・ワシントンのいいところは
きちんと出ていましたね!

2013-01-25 金 09:22:57 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR