三橋淳 オフロードトレーニング

R0011099.jpg

お世話になっているディ-ラー、原サイクルのご厚意で
オフロードトレーニングを受講させていただきました。
今回お教えいただいたのは三橋 淳さん。

こういったレッスンを受講していつも思い出すことは、
それが出来る人には他人が出来ていない部分が気になるということ。
例えば、「そこで体重移動」と言われて体重移動しても
なんのために体重移動しているのか理解する
もしくは、それまでの自分との違いを実感しなければ
その体重移動はあくまでもそのクリニック専用のテクニックになってしまい
実際の道ではどこで体重移動したらいいのかわかりません。

これはオートバイに限らず、スノーボードでも
仕事でもなんでも同じだと思います。

私も部下に「なぜそうした?」「なぜこうしなかった?」と
ついつい言ってしまうことを思い出します。

あくまでも本人の問題意識もしくは目的意識から発する
疑問や、答えを得るために前に進もうとする推進力に対しての
サジェスチョンでない限り意味がないからだと思います。


そういった意味で
三橋さんの「好きな方でやればいい」という言葉にひどく感銘を受けました。

これは放任主義的な言い放ちではなく、
「リアが流れればカウンターを充てる」という誰に教わるでもなく
あたりまえにそこにいる人間が行う行動を阻害しないことが
技術レベルや、モチベーション・レベル、強いて言えば
一人ひとりの抱えるバックグランドの違いを超えて何かを伝えようとしたときに
個々の持つ目的意識に一番即している考え方だと私は理解しました。

なんだか運転以外に教わることが多い一日でした。


運転に関しては、私は
「突っ込み過ぎ」
「コーナーに直線的にアプローチし過ぎ」
「寝かせ過ぎ(体重移動しなさ過ぎ)」
「アクセル開け過ぎ(駆動力調節しなさ過ぎ)」
だったと言うことをはっきりと理解。
いいことなしに思われるかもしれませんが、
スタンダードを知れたことでこちらも大収穫。

早く実践するために山に行きたい。
(どろんこ祭りの前に)

0919b.jpg
画像は原サイクルのブログから拝借。
しっかし三橋さんオットコマエやなー。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2010.09.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR