FC2ブログ

Les Misérables

Les_Miserables.jpg

私は演劇の類にはまったく興味がないため
レミゼラブルを含め、劇団四季のような大箱ミュージカルものから
下北でやっているような小さな劇場のアングラなものまで一切観ない。

なので、ミュージカル映画も「シカゴ」や「NINE」、
「マンマミーア」など今まで数えるほどしか観たことがない。
よってこの作品がアフレコではなく、同録で撮られていることとか
正直言ってあまり興味がなかった。

そもそもこれを観る気になったのも前評判の良い大作だからという
「押さえとかないと・・・」程度の理由で
さほど期待もしていなかった・・・・のだが、

歳とともに涙腺はかなりゆるくなってきていることもあり
お恥ずかしながら泣かせていただきました。感動です。
かなりずるい映画です。

何がずるいって、
人間の基本的な感情である喜怒哀楽の、特に「哀」の部分を
それこそこれでもかと突いてくる、
そして、その刺さるような感情表現を音楽に乗せて伝えるということが
これほどまでに人間の心に刺さるものなのか。
しかも、
ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイと
これ以上ないキャストで描かれるわけですから
その感極まり方たるや、まさに“万感押し寄せる”と呼べるものでした。
ものすごいです。そこがずるいです。

善と悪、愛と憎、貧と富の境界線はいつも曖昧で
だからこそその境界線のこっちと向こうの差に失望しながらも、
お金や育ちなど関係なしに、愛はいつでも無償であることにまた希望を抱く。
人間のもつ良い部分と悪い部分を、これほどまでにストレートに描けるのは
まさに長いあいだ愛されてきた古典ならでは。
そんなキリスト教の典礼を核としたヨーロッパ文化がそのまま、
まさにそのまんま盛り込まれています。

その昔『北の国から』を観たことがない私を
「非国民」だと罵った友人がおりましたが、
このヒネリなんて1mmもなく、どこまでも歪みなく真っ直ぐな
この映画を観たあとの言動にその人の本性が見てとれるであろう
人間リトマス試験紙のような映画です。

彼氏の本性を暴きたいとお思いの女性は
是非連れて行って観てください。
とはいえ、逆に暴かれるリスクもあるのでご注意のほどを・・・

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

2012.12.26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コレ、予告編見てて観たいなって思ってました!

邦題は「ああ無情」ですよね?子供の頃早朝にテレビアニメやってた記憶があります。
ストーリーは全く覚えてませんが(^-^;

今年最後の映画鑑賞にしたいと思います。

2012-12-27 木 20:28:24 | URL | tetsu #7Vwe54W6 [ 編集 ]

tetsuさん

そうです!『ああ無情』です。
私はほとんどストーリー忘れてましたが改めて楽しめました。
ハンカチかティッシュのご用意をお忘れなく・・・

2012-12-27 木 21:25:23 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR