iPhone5に、cheero Power Plus 10000mAh

cheero.jpg

ツーリングなど旅先での緊急事態に備えてケータイの充電は怠りたくないものです。
しかし、iPhone5の場合、例のLightning USBケーブルのおかげで
今まで使っていた屋外で使う携帯用充電器が使えなくなってしまった。
先日のDoor of Adventureはキャンプ泊のためもちろんコンセントはない。
一応ラリーイベントなので、通話エリアに問題を抱えるSoftbankとはいえ
ケータイがいざというときの緊急連絡機器であることに違いはなく
もしもの際にケータイが電池切れなんて圏外よりも笑えない。
そんなわけで、
なんとか電源を確保しなければと慌ててこちらを買いました。

出先で手に入りやすい乾電池交換式の方が便利だし、
116×74×22mm、250gとかなかなのサイズなので
荷物をひとつでも減らしたいツーリングや旅行向きとは言えませんが
この際仕方がない・・・

・・・と思ったのですが、この『cheero Power Plus』
USBが2口装備されていて、例えばcontourなど
USBから充電する機器とiPhoneとで同時に充電ができたりするので
大きさの問題も実は考え方次第だったりする。

通常1万円ほどするそうなのですが、amazonで70%OFFの2,980円!でした。
3千円でお釣りが来るなら目をつぶろう。

R0013513.jpg

iSERIES_CASES.jpg
ところで、ツーリングでケータイを持ち運ぶ際にも
冬のスキー場、BCエリア同様にケータイの防水対策は必要です。
こちらSEAL LINEの中でもiPhone4用に発売された『 i シリーズ』ですが、
この通りサイズが伸びたiPhone5でもなんとか入りました。
でも、キッチキチでプロテクターが着いたままだと入りません。
特にイヤホンジャック付きのタイプの場合は
4から5へのモデルチェンジでイヤホンジャックが下側に移設されたので
5のジャックまで届くのかどうかわかりませんが、それ以前に
ジャック及びケーブルが飛び出すぶんこいつに収めるのは無理なような気が・・・

『 i シリーズ』が出る前のSEAL LINEのスマホ用ケースも
iPhone4を入れようとすると知恵の輪的に入れづらかったので
元に戻った格好だ。歴史は繰り返すなーヤレヤレ・・・

日進月歩を繰り返すIT業界と、スローで薄利なアウトドア業界ほど
相性の悪い組合せもないもんだね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:iPhone5 - ジャンル:携帯電話・PHS

2012.10.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR