Karakoram ヒールロックは使えるか



カラコラムのスプリット用バインディングに
ヒールロック機構が装備されることをご存じの方も多いと思うが、
他ならぬ私もちょっと気になってきた。
果たしてコイツは使えるのだろうか???

特にスキーをしてきた人間にすれば、「それができたら便利」だよね。
と、確かにそう思える装備だ。

いつものかぐらの三角までの道程で考えてみると・・・・
中尾根の頂上からまず北斜面に向かってちょっとした下りがあるので、
そこではこのヒールロックを活用すると思うが、
面倒くさがりの私の場合、わざわざシールを剥がしたりしないで
そのままシールを貼ったまま滑り降りるだろう。

確かにその後も三角の裾に取り付くまでしばらくは
少し登ったり下ったりを繰り返すので、
面倒くさがらずに中尾根の頂上でシールを剥がす決心さえつければ
そこそこにラクができるのかもしれない。

ただ、スケーティングや横向きの段登りもさほどラクではない。
実際三角までスキーで登るときも頂上まで剥がさないし、
シールを着けて、一歩一歩リズムを作って登った方が最終的に体力残せるし。

ただ、2つ便利そうに思える点がある。
ひとつ目は、三角も含め中尾根の北側を滑り降りると
最後にほんの少しだが、どうしても登り返しが必要になってしまう。
ほんとうに少しなのでシールを貼る気にもならないが
あそこをスキーだとツボ足せずに、板を着けたまま越えられるので
ポールをザックから出すことも含めてモードチェンジはちょっと面倒だが、
特に深雪時ならばツボ足よりマシな気がする。

二つ目はハイク時ではなく、滑走時のトラバースだ。
残念ながら私はボード滑走時にトラバースで狙った位置に百発百中で
取り付く技術は持ち合わせてはいないので、
体力的にと言うよりも精神的に『安楽』さが得られる気がする。

karakoram_heellock.jpg

続いて心配事。
VOILEのダブルリフターもプラスチックの留め部が削れて
使い物にならない話を耳にした。
この場合もヒールリフターでバインディングをロックするわけだが、
ステンレス性のワイヤーは問題ないとしても、
それを支えるプラスチック部の台座の耐久性に問題はないのだろうか???

そして、あの頑丈なスキーのバインディングを想像してもらえば解るが、
スケーティングっていうのはかなりの力が加わる作業だ。
重い荷物を背負った人間の体重を、滑らせるとは言え前に推進させるための
あれだけの力作業を、その程度のことで支えられるのか???と心配になる。
そもそもそれを想定していないボードのインサートホールへの影響も心配だ。

アメリカのサーファーが
「日本人は本当にボードを大切に扱うよね。あれにはいつも驚かされるし、
 物を大切にするその姿勢にはいつも感心させられる。」
っていう話をよく雑誌などで目にするので、
余計にアメリカ人の発想には疑ってかかりたくなるのもあるけれど・・・

karakoramPrime.jpg

まあ、いずれにせよ“あったらいいな”的な装備であることは確かだ。
そのためにフタ桁万円に届く出費ができるか否か。
って、ヒールロックのことだけで
カラコラムの購入を検討する人もいないと思うけど。

まあ近ごろそこかしこで日本に正規代理店が登場するって話を耳にするので、
欠損パーツの手配やクレーム対応も含めて、
以前より買いやすくなりそうなのは歓迎すべきことだ。とは思うけれど・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.08.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR