FC2ブログ

栗原川林道

DSC00287.jpg

今週は栗原川林道へ行って来ました。
9月に入りさすがに高速も空いてました。

DSC00280.jpg
沼田I.Cから沼田大間々線。軽井沢みたい。快走。

DSC00282.jpg
120号線側からは「法面工事中につき進入禁止」と沼田市役所のHPにあったので
素直に利根側からアクセス。通称鹿ゲート。

DSC00294.jpg
DSC00293.jpg
ランチはいつもの皇海山登山道入り口に架かる橋の下

DSC00291.jpgDSC00300.jpg
暑いのにはもうウンザリですが、山の上は涼しくて気持ちいいです。

先週中津川で好調だったので、ノリノリでやって来た栗原川林道ですが
私の好調さは路面状況に左右されるということが解ってしまいました・・・
玉砂利だめでした・・・がっくり。
もう少し土が出ていて欲しいっす。
ディープサンドやマディもだめだとは知ってたけど。
立ち上がりで後輪を持って行かれるのはいいとして
コーナー・アプローチでバイクを安定して止められ(減速でき)ない。
フロントの喰い付きを感じられないとだめな様子。フロント依存症。

で、まただよ・・・
DSC00302.jpgDSC00303.jpg

登山道入り口から120号線に向かって
もうすぐ追貝側に出る5km手前辺りに牧草地帯が広がる箇所があるのですが、
行った人なら解ると思いますが、そこがまた気持ちいい直線で
手前のコーナーからその牧草地帯が見えたのをいいことに勢いよくアクセルオーン!
そしたら、皇海山登山道までこちら側は長く通行止めだったせいか
ここのところの夕方の集中した雨のせいか
すっかりウォッシュアウト・・・下りの直線にタイヤ半分埋まる轍が突然目の前に・・・
轍の中を10mほど突っ走って、頭大ほどの石が轍の中に鎮座されているのが見えたので
段差を乗り越え右側に車線変更を企てましたが・・・
あの一瞬でフロント持ち上げて、なんて私にゃ無理っす。
次の瞬間、私飛んでました。何があったのか分かりません。
あの加速区間で60km/hは出てました・・・HP2やっぱ速えーや。
あのまままっすぐ行った方が良かったのか?いや、あの石は避けられなかっただろうな。

今回はHP2の被害甚大。
といっても、普通に走って帰って来られる程度ですんでHP2のタフさに関心すべきか。
リア・ブレーキ・レバーがステップとキスしてました。
DSC00307.jpg

軟鉄なので、曲げ戻しもできますが、ここまでだと元の形にゃ戻らんな。交換だな。
純正パーツでフレームとレバーをワイヤーで締結してこういった反り返しを防ぐ
リア・ブレーキ・レバー・ガードなるものがあるんですけど、着けときゃよかった。
ないとこうなるのね。後悔先に・・・
それ以外にも・・・はああああああああ~

こんなことここに書いてるくらいですから身体は右肘すりむいただけで済みましたが、
こういう笑えないシチュエーションで写真撮ろうとすると気持ちが落ち着くことが分かりました。
あははは・・・

そうそう、休日だったせいか工事も休みだったようで全線抜けられました。
前回7月2日に来たときは、登山道入り口から利根側に1kmも行かないところで土砂崩れしてたし。
ホント久しぶりの栗原川林道完走。
本当は往復する予定だったのですが
さすがに心がぽっきりいきまして、そのまま120号線走って帰りましたとさ。


【追記】2010/09/12
今日ディーラーで確認したところ、リア・ブレーキ・レバー・ガードは
レバー(ペダル)の曲がりを防ぐものではなく
ブッシュなどで、走行中リアブレーキが勝手に作動してしまうことを
防ぐためのものだということでした。
やはり有事にはちぎれるそうです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2010.09.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR