FC2ブログ

40台からのロングボード選び ~その2~

DSC02012.jpg

そうして辿り着いたのが、

この「Dewey Weber PERFORMER」でございます。


「パフォーマンス系」よりも「クラシック系」が私に向いていると結論づけながら、買ったボードの名前が「パフォーマー」ではちょっと話がややこしいとは思いますが気にせずお付き合いください。
もちろん一言で「クラシック系」と言っても数えだしたら死ぬほどあって、私一人の力で見つけ出すことは不可能。ですが、このネット社会にはそんな私のような輩をやさしく見守ってくれているサイトがあるわけです。それが「シーコング」でした。細かい話はそちらに譲るとして、そこにあった「要はアンタは乗れればいいんだろ?」的な物書きがズッポシ私に突き刺さったわけでございます。
で、実際にこのシーコングのサイトを読んでいただくと、ナダカンダ言っても初心者やリターンサーファーは自動的に「CREME BeachBall」か「Dewey Weber STYLIST」に導かれるようになっていることにお気づきのはず。
ときにそのBeach Ballを例にとって各スペックを私のHARBOUR H3と較べてみますと・・・
長さ:9’4”
幅 :23 7/8(約60.4cm:H3比 約+3cm)
厚さ:3 3/16(約8.1cm:H3比 約+1cm)
となって、H3に較べてそもそも浮力が確保されていることが解ります。もちろん幅や厚み以外にもレール、ボトム、ロッカー形状など複雑に要素が絡み合ってテイクオフ性能が決まりますんで、最後はやはりショップさんの出番となるわけですが、そのショップさんと話すにしても、ある程度の知識と自分なりの見解はあった方がお勧めの意図の理解が早いのは言うまでもありません。それが幅と厚み、それとボード自体の反り方(ロッカー)とレール形状の違いが「ラクに立てるボード選び」のひとつの目安ではないかと私は考えてみたというわけです。

で、そのシーコングというショップはネット販売専門ならまだしも、言い訳無用の実店舗を構えながら「後悔させません」とまで言い切る(?)その口ぶりに、期待度は否が応にも高まってしまうというもの。そんなわけで実は「CREME BeachBall」を買いに行ったのですが、話すうちにこちらの「PERFORMER」を薦められ「ヨッシャア!乗ったあっ!あんたに任せたあっ!」と変に江戸っ子っぽく買ってしまったわけであります。
それはそうと、ショップで薦められたポイントはもちろんそのサイトにあるように「たまの休日を満喫するのはテイクオフ率です」という目的意識なのですが、その安定感の高さから特に軽量な方だと「動かないボード」だという評価にも繋がってしまうため、腕を磨いた先でボードを動かしたくなったときを見据えて比較的動かしやすいピンテール形状のビーチボールやスタイリストをお勧めしているのだそう。実際にテイクオフに特化して考えれば「絶対!パフォーマーですよ!」と見るからに重量級な私を見て店員さんは言うのでした。

ところで、テール形状以外はパフォーマーもスタイリストもテンプレートは同じだそうです。それと余談ですが、ビーチボールは「スタイリストのようなボード」をシェイパーのロビー・ギーガルにシーコングがオーダーしたのが始まりなんだそうなので、ここでしか買えないというわけですね。
余談ついでにもうひとつ、
先日リペアのためにショップに持ち込んだ際に開口一番「あ、ホンモノのWEBERだ」と、ショップのオヤジにさも珍しいものを見るように言われた。それくらいテンプレートが真似されておりニセモノが普通に横行しているそうなので、WEBERの購入を考えている方、とくに通販ではご注意あれ。見る人が見ればすぐにニセモノだと判るらしいです。

で、実際乗ってみての感想ですが、私レベルがあえて誤解を恐れずに言わせていただくと「とにかく簡単に波をつかまえられる」と言うことに尽きます。
いるべき場所にいさえすれば、あとはぽーんと胸を張るだけで、どんな波でもボードが勝手に走り出します。なんて書くと言い過ぎか? でも、ロングボードを動かし倒すという性能にある程度見切りをつけて得られた代償は、テイクオフのための特殊技術をいくつか省いていることは間違いありません。
これはつまり「Harbour H3」との単純比較でしかありませんが、パフォーマンス系からの乗り換えなので、よけいにその安楽さが際立ちますし、感動もひとしおです。
それと、安定させたい願望が強すぎたせいか、乗ってみると想像以上に「よく動きます(動かせます)」。店員さんからは後ろ足で回すピボットターンがし易いと聞かされていましたが、体重移動でもクイックな動きではないにせよボードの向きを変えることができます。
私はノーズライディングなんぞまだまだできませんが、速度が落ちてきたときにボードの前に移動するとまた再加速するので、1~2歩は移動します。前目に立ったときの安定感はノーズチャンネル(コンケーブ)を持つH3の方が抜群に安定していて、パフォーマーはというと低速ということもありそれなりにグラつきます。
そんな、新しいムーブメントが訪れるより前に完成した技術的にも、楽しさにしても、ロングボードでの波乗りの基本部分にフォーカスされた、本当にクラシックなプロダクトなのだと思います。

「弘法筆を選ばず」で、もちろん腕を磨くのが一番ですが、月に何度かの波乗りではなかなかそうもいかないと思います。
もし、「いつも置いて行かれる」「とらえられる波の形状(状況)がピンポイント」など、そのように感じたら、もしかしたらそのボードは「まだ機動性を捨て切れていないボード」かもしれません。そんなときは是非一度そんな安楽テイクオフ系ボードをレンタルしてみてください。苦悩が長い人ほどその効果は絶大だと思います。

最後に、そのお値段ですが
R0012351.jpg
長さ3メートルに届くサーフボードと較べるのもどうかと思うが、パフォーマーのお値段はこちらのGENTEMSTICK Magic38 splitとほぼ同額。
テンプレートで同型を生産してはいるが、それでもパフォーマーは一点一点ハンドシェイプで削り出された同じものが2本とない一点ものだし、円安とはいえ海外からの運送費もかかってこの値段だ。そう考えるといくら国産のハンドメイドとは言ってもGENTEMSTICKは高すぎると感じる。はたまたサーフボードが安すぎるのか・・・・とか言いながらまたきっと買ってしまう私は、さように金銭感覚をGENTEMSTICKに狂わされているのである。



DSC02013.jpg

おまけ
パフォーマーと言えばやっぱりこの「ハチェットフィン」

DSC01277.jpgDSC01278.jpg

フィンはその位置をほんの少し前後させるだけでも違いが分かりますし、その日のコンディションへの対応力も上がります。笑っちゃうくらい様々なデザインがあるので、フィンのどこを水がどう流れてどう抵抗が生まれているのか想像しながらいろいろ試すとおもしろいですよ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2012.05.03 | コメント(5) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

はじめまして

はじめまして。楽しく読ませてもらいました。
四国、鳥取でやってるオヤジロングボーダーです。
このDewey Weber PERFORMERは何fですか?よければ体重は、何キロですか?

スタイリスト購入を考えてるので、参考にさせていただきたいです。

2013-10-02 水 10:08:23 | URL | おやじサーファー #- [ 編集 ]

Re: はじめまして

おやじサーファーさん

コメントありがとうございます。
私は身長178cm、体重74kgで、パフォーマーは9.6ftを使っております。
ショップの方には9.4ftを薦められましたが
安定性と色(笑)に固執して9.6を選びましたが、
安定性という意味ではそのふたつに浮力の差はあまりないようです。

それと、もちろん波にもよりますが、シングルフィン向きの波ならば
パフォーマーでもテールの踏み込みにレスポンス良く反応してくれて
さほどターンしづらいと感じたことはありませんので
スタイリストはピンテールになるぶん、テイクオフ率にこだわる
私ならむしろ積極的に9.6か9.8ftということになるのかもしれません。

2013-10-02 水 11:14:46 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして。

楽しく拝見させて頂いてます。

私もウェーバーの板、欲しくなりました。

スタイリストかパフォーマーで悩んでおります。

アドバイス、ありましたらお教えくださいm(._.)m

2015-04-02 木 19:38:29 | URL | yasu #b.nIH9Ek [ 編集 ]

Re: はじめまして

yasuさん

こちらこそはじめまして。

パフォーマーとスタイリストの比較に関しまして
私なりの見解を述べさせていただきます。
ただ、私はスタイリストは所有したことがないので、
乗り味が似ていると言われるCreme FATCATと比較しながら話させていただきます。
それと、まだはじめられたばかりか、もしくはロングボードがはじめてだと思われますので、
その前提で話させていただきます。

とにかくテイクオフを容易にして、
多少面が荒れててもビクともしない安定した乗り味を楽しみたいのであればパフォーマー。

テイクオフ後に、それなりにボードを動かすところまで行きたいのであればスタイリスト。

ざっくり言うとそういった感じでしょうか。とはいえ、
パフォーマーのテイクオフ性能を10とすれば、スタイリストは8。
スタイリストの機動性を10とすれば、パフォーマーは6といったところでしょうか。

ただ、パフォーマーのどんなに小さな波の力でもきちんと捉えて
勝手に走り出す無敵のテイクオフ性能と、ず〜〜〜っと波を乗り継いで行ける、
まさにクラシックなまるで船のような安定感が是か非かということですね。

とはいえ、テイクオフも機動性も、テクニック次第で
どうにでもなる部分(であるよう)なので、
この二本を較べる場合においては大きな違いではないと思います。

ただ、私もそうでありましたが、いずれ間違いなく、
波の上でボードをもっと動かしたくなりますので、ミッドレングスを含め、
機動性の高いボードがもう一本欲しくなると思います。
そういったときに、乗り換えるのか、残して買い足すのか、
先に考えておくのもいいかもしれません。

2015-04-02 木 21:17:48 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

ありがとうございます。

早速のお返事ありがとうございます。


『埼玉の…』様と同じショップへ

明日 買いに行こうと思います(^-^)

幾らか値下げはあったのでしょうか。



私は神奈川に住んでます。

あまりパドルに自信がない40代です。

楽しく拝見させて頂いてます。

今年はまだ入水されませんか?







2015-04-02 木 22:14:43 | URL | yasu #b.nIH9Ek [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR