HP2 ハンドル ライザー

R0010941.jpgR0010940.jpg

先日フリーライドトレッキングに参加したときに
アテンドしていただいた同じくHP2乗りの松本充治さんに
HP2の「後ろ乗り」についてご教授いただきました。

そもそもHP2はダートバイクとしては異例と言えるほど
重いエンジンを載せていることもあり放っておいても前荷重になります。
加えて、スタンディング時にステップに垂直に荷重するためには
身長178cmの私でも腕は伸びきってしまいます。

そこで、
ハンドル位置を後ろに下げる「ハンドル・ライザー」を探し始めたのですが
これがなかなかスマートなものがない。

2008年型以降のR1200GSのものも流用できるようなので
それも併せて検討したのですが
形状的にハンドルをフルロックさせた時にハンドル・ライザーが
タンクカバーに当たってしまうようで
カバーを削るのはいかがなものかということで
振り出しに戻ってTouratechのHP2専用を素直に買うことにしました。

んー・・・しかし・・・
それにしても見た目が無骨に過ぎる。
もうちっとなんとかできんのかね?頭悪い感じ。

下駄を履かすのでまず26mm程度アップし
ノーマルの5mm程度手前に来る場所から、約10mmステップで
三段階に手前に動かせます。しかし、
一番手前の位置にするとがっつりタンクカバーに当たりますし
何よりライザーのベースからクランプが後ろに飛び出してしまい格好悪いことこの上なし。
結局画像の2段目にするしかなく選択の余地なし。
この位置でおおよそ30mm程度ハンドル位置が手前に来たものと思われますが
だったら最初からこの位置になるシングルポジションのもの造ってよ・・・

R0010942.jpg
それでもクリアランスは1mm。
HP2のハンドルストッパーはフレームに巻かれたゴムですので
転んで強い荷重がかかった時は確実にカバーに当たると思われます。

とはいえ、効能高し。
ステアリング・ピボットから遠く感じるのではないかと不安もありましたが問題なし。
それどころか今までスタンディング時にハンドルにつかまっていたことを痛感。
自然にニーグリップで身体を支えてステップに荷重できるようになりました。

おまけとしては、キーシリンダー周りに空間が増えて
キーが回しやすくなりました。

イイネー。(カッコ悪いけど・・・)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2010.08.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR