FC2ブログ

TREE of LIFE

treeoflife.jpg

良い映画、記憶に残る映画とは、
得てして傑作とも駄作ともとれるものだったりするが、
この「TREE of LIFE」はまさにその典型的な一本と言えるだろう。

かくいう私もこれが傑作なのか、駄作なのか判断しかねている。

映像はとにかく「すごい」の一言で、
間違いなくこの後の私の人生に少なくない影響を与えるだろう。

それくらいインパクトのある映像は、それ単体で成立できるくらいの力がないと生まれない。

だから、ストーリーを説明するような映像ではなかなかそういった類の
インパクトを得られないものなので、大概はドキュメンタリーものの映像に感じる事が多く
作り物の映像ではもう感動まで昇華させることは不可能だと思う。

つまりこの「TREE of LIFE」はほとんど無声映画なのである。
ストーリーは有って無きが如き。

「二種類の生き方がある
 神と共に生きることと
 俗世に生きることだ」

神と共に生きることを選んだ母と
俗世に囚われ続ける父。
その二人の間に生まれた息子。
そんな5人家族の成長の物語を、宇宙の誕生と紐づけて展開させる。

これがこの映画の出発点であり、そして全てである。
ほらね?なんのことかさっぱりでしょう?
観終わっても感想は変わりませんケド。
ひとつアドバイスするとすれば、
Blu-layとハイビジョンテレビの組合せ推奨作品だということくらいか。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2012.03.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR