2013 YONEX ACCUBLADE BOOTS(訂正版)

yonex2013d.jpg

YONEXの来季(2012~2013)モデルのカタログが、いつになく早くにホームページに上げられていた
噂には聞いていたが、来季はTRIPPERがカタログから落ちるようで、
代わりにREXISと呼ばれるNEWモデルが登場するようだ。

詳しくはカタログを見ていただくとして、おおざっぱなアウトラインだけ書きます。

色は画像の黒のみで、このREXISだけが透湿、防水のインナーブーティを装備していたりと
その通好みな設定も含め、内容的にはほとんどTRIPPERと同等と思われる。
ただ、画像のブーツはフリーソールではなく、なんとACCUBLADE。
アンクルストラップがキレイさっぱり省かれていることが驚きだ。




と書いたのだが、その後ACCUBLADEには

やはりストラップがあることが判明・・・


yonex2013b.jpg

yonex2013c.jpg

なんだよ~カタログ画像の間違いかよ~がっかりだよ・・・・


それと、表皮が「アクションレザー」から「天然皮革」とその表記名称が変わっていることにも注目だ。

そして、右側のAEREOもまた来季からのNEWモデル。
DIVOもPRIMACYも継続されるので、こちらは代替モデルではなく完全なブランニュー。
で、このAEREOですが、その名の示すとおりに軽量さがウリのモデルのようだ。
その色使いは相変わらず・・・・ではあるが、
SHIMANO時代からのシンプルで張った感じのデザインは影を潜め、切り返しの多くなってしまった
REXISの方は、ちょっと・・・・・な私なので、履きやすいダブルBOAを装備したこのAEREOの方が
むしろ気になる。

と、SHIMANOからのTRIPPERファンの一人としては、悲しい限り。
しかし、ACCUBLADEを作り続けてくれるだけでもヨシとすべきなのだろう。

R0012631.jpg

そんなこともあり、最後のTRIPPERを買っておくことにした。
それもACCUBLADEではなく、フリーソールの方。
ACCUBLADEに関しては軽量化も含めて来季モデルの方に期待できると思えたからだ。
何よりオークションで半額以下だったこともあり、
「新品が(安く)買えるときに買っとけ」となったわけだ。思い出作り。

使ってみないことには詳しいことは言えないが、室内で履いただけでも違いははっきりと解る。
上下2ピース化され足首の動きが良くなったことと、それに伴い爪先のデザインがSHIMANO時代と
きっぱり決別したことがアウターの大きな違いとして見て取れるのだが、
そういった表層的なことのみならず、インナー、アウターともにフロントフラップ部を
ベルクロ固定できるようになっていて、緩みづらい構造になっていたりと、
やはり、私のSHIMANO最終型のFLAKEとは比べ物にならない程の進歩を果たしていた。
そして、特筆すべきは、その足入れの容易さと日本人にベストと言っていいフィット感はそのままに
踵のホールド感がまるで鍵がかかったように強固に固定されるように進化している部分だ。

SHIMANOのスノーボード事業撤退から早5年。
ご多分に漏れず、私もYONEXブランドを食わず嫌いしていたが、
TRIPPERの哲学はYONEXによって確実に進化していた。

思い違いを正すときが来たようだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.03.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR