事故った・・・

DSC01799*

数日前の朝、会社に向かってとある二車線道路の走行車線を走行中、
目の前の歩道で手を挙げた人に向かって、
それまで追い越し車線を私と併走するように走っていたタクシーが、
急転舵して私の車に突っ込んできた。

タクシーの運転手は手を挙げた人ばかりに気をとられて
まったくこちらを見ていなかったらしい。

画像だとかなりの規模の事故に見えるかもしれないが
実際は40km/hも出ていなかったので、クルマは見た目ほど壊れてはおらず
レッカーのお世話になることもなく、とりあえず自走で会社に行くことができた。
バンパーに左右のフェンダーと、ボンネット、ホイールも交換か。
それと左のタイヤのサイドウォールが中側で破断したようで、コブができている。
外傷はそんなもんだし、走ってみた感じからも、ステアリングや足回りには問題なさそう。

クルマもさることながら、私にも、歩道で手を挙げていた方にも、
もちろんタクシーの運転手にも怪我はなかったので
ひとまずは良かったけれど、スノーシーズンのど真ん中になんてことしてくれるんだっ!?

それはそうと、こういうことがあるとバブル時代を思い出すのは
私の悪いクセだが、当時は本当にタクシーが止まってくれなかった。
いわゆる乗車拒否が平気でまかり通っていた時代だ。

今は、運転手に後方確認を怠らせるほどの不況だということだ。

当てこすりな言いがかりだけど、まったく関係がないとは言えないはずだ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フォルクスワーゲン - ジャンル:車・バイク

2012.02.16 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

あらら~。
でも、誰にも怪我が無くて何より。
いくらスキルがあっても注意を払っていても、相手次第で事故に関与してしまう当事者になってしまうのが、まさに事故って感じですね。
それは、道路だけではなく、ゲレンデや山でも同じ事かな。
私も気をつけようっと。

2012-02-16 木 22:03:38 | URL | sk #zHAUYs2U [ 編集 ]

skさん

そうですね、加害者にならないことが一番ですね。
でも、こういうときに怒らなくなりました。いい歳のとりかた?

2012-02-16 木 22:23:26 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR