スキー場で行方不明者が出ている

DSC01656.jpg

スキー場で行方不明者が出ている。
これは今年に限ったことではないのだろうが、
当の私も含め、パウダースノーを狙うスノーボーダーが増えたことに加え、
これほどの豪雪の続く今シーズンは尚更のように思う。

私の場合に限って言わせてもらうと、私は幸か不幸か本当の深雪に出会えたのは
昨シーズンあたりからで、今にして思うと、とてもパウダーなんて言えないシロモノの上を
パウパウ言いながら、よろこんで滑っていたように思う。

そういったわけで、少しづつ経験を積めたことは、幸運だったというほかない。

もし、いきなり今年のような豪雪に当たってしまったらと考えると
背筋に寒いモノが走る。

今でこそ、首まで埋まるような深雪に転げても、落ち着いて周りの雪を硬めながら
そこから脱出する術を身につけられているが、それを今年経験していたらどうなっていたことか。
無事に帰還できていたとしても、少しはパウダースノーから足が遠のいていたかもしれない。
たとえ雪崩に遭わなくとも、太陽もなく、重い色をした空から雪が降りしきる中で、
あの底なし沼に沈むような心細い、時に恐怖をも感じる時間は誰にでも訪れる。
それは、コースから1メートル脇の場所ですら、周りに人気がなければ恐怖に変わる。
ここでスノーボーダーと言っているのは、スキーヤーの場合は、そもそも転ぶ時点で
ある程度立て直せるので、比較的シリアスな体勢で埋まりづらいからである。

そんな経験無しに、ある程度の滑走技術があるからと、今シーズンのサイドカントリーに入れば
そのもしもが起こったときに、シリアスなことになる可能性は高い。
もちろん要求される滑走技術もまたゲレンデのそれとは違うので転倒の危険性は高まる。

それと、地形が頭に入っていないのならば、最低でもその沢や斜面が
どこに出るのかを理解していないのならば、特に降雪時や視界の悪いときには
たとえサイドカントリーといえども、絶対に入らないで欲しい。
誰かの付けたトラックほど当てにならないものはない。ケータイは間違いなく圏外だ。
コースから尾根ひとつ外れただけで、苛つくほど鳴っていたゲレンデの音楽は一切届かず
そこはまったくの無音になり、頼りになるものは音ですら何ひとつなくなる。

誰でも最初から一人でそういった場所に入っていくことはないと思う。
まずは経験者と入っていくだろう。

そこでお願いなのだが、未経験者を連れて行く経験者の方は、必ずあとから滑走して欲しい。
よだれモノのパウダーを前に、正気を保つことがどれだけ難しいことかは解っている。
でも、その人を連れて行ったのなら、せめて後から滑ってあげてほしい。
もしくは見える範囲で停止して待っていて欲しい。
何かあっても近くにいると思えるだけで、その人は落ち着いて行動できるはずだ。

私の気のせいならいいのだが、
「サイド・カントリー」なんて言葉で、雪山の危険性が軽んじられている気がしてならない。
実際軽んじていたが、単に運が良かっただけの私が言うのだから間違いない。
「おまえなら大丈夫だよ!イケルよ!」なんて安易に連れ出してきた私自身も猛省だ。

スキー場の一歩先には厳しい大自然が牙をむいている。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.02.08 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

自分もまだ初心者の域を出てないので、今日の内容を読みながら考えさせられてしまいました。
確かに、事故のニュースを良く目にする気がします。
上手な、そして間違いのない経験の積み方、知識の向上。

もう一度考えないと駄目なのかなと思いました。
雪が降って浮かれた気持ちを抑えて、冷静に状況を読み取れる能力を身につけたいですね。

2012-02-08 水 14:53:42 | URL | おにぃーさん #- [ 編集 ]

おにぃーさん

真摯なコメントありがとうございます。
「スキー場で行方不明」ってニュースを目にしたときに、正直にショックでした。
だって「ディズニーランドのカリブの海賊に乗っていて、海賊に誘拐された」って
言ってるのと同じですからね。
それくらいスキー場で危険な目に遭うなんて誰も思っていないですものね。

たとえプロから見たら本当に僅かな経験でしかなくても、
たとえ少しであってもその怖さを知っている我々こそ、
近くの人に伝えていかないといけないと思います。

2012-02-08 水 15:19:40 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR