2012~2013年シーズン スプリットボード事情

jones2013.jpg

HAMA☆さんよりJONES SNOWBOARDSの来季モデルの追加情報を提供いただいたので紹介したい。

jones2013b.jpg

例のフルカーボン仕様のモデルに関しては、割れてるのがSOLUTIONで
割れていないのはFLAGSHIPらしい。
ただ、「CARBON SERIES」と銘打っているので、他のモデル展開があるやもしれぬ。
少しでも情報の欲しい私としては、ジョーンズさんの後に貼ってあるパネルまでガン読みするが
残念ながらメーカーの心意気しか書いてない・・・

jonespack.jpg

バックパックの表の画像もあった。
きっとジョーンズさんの豊富な経験が活かされたモノになっているのだろうけれど・・・

carakoram2013.jpg

それと、重箱の隅的に私が気になったのが、karakoramの色だ。青と白が追加されてる。
それと、
下のカーボンのSOLUTIONに装着されている白いのに着いてるハイバックは新型の様子。
しかも踵側のフレームが削除されて、ハイバックがロープかワイヤーで固定されており
より軽量化を狙ったモデルと推測される。

ってことは、JONESのカーボンシリーズも軽量化目的である可能性が高いですね、HAMA☆さん。

ついでに、もう少しネットを探してみたら・・・・

dakineaibag.jpg

DAKINEもエアバッグを装備していたり、BURTONも来季はスプリット・モデルを拡充していたり、

spark2013b.jpg

SPARK R&DとDEELUXEは更に友情が深まっていたりもする。

spark2013.jpg

で、そのSPARKのベース部分にご注目!!

spark2013c.jpg

かなりザックリと穴が開けられて、メッチャ軽量化が進んでる!

spark2013d.jpg

こちらにはBURTON最高機種であるDIODEと同等と思われるパッドが装備されていたり
SPARK R&Dのめざましい躍進がとにかく目立つ。

しかもだっ!!!!!!

Spark R&D Edison from bcrider on Vimeo.


来たな。これは来たよ、ついに来た!

私がkarakoramに対して、唯一不満に感じているのは、
ハイク時にビンディングを外したあと、ボードに残ってしまうこの大きなプレート。

karakoram2013b.jpg

私はVOILEのキットを塗装したくらい、よけいな部品は極力隠蔽したいタイプの人間なので
このように、まるでスカートの中が丸見えになっているような所がどうにも気にくわない。

それに引き替えこのSPARKの新しいシステムは、そもそもVOILEのビンディングベースを使わずに、
動画にあるようにとても小さな、しかも黒いパーツだけしかベースに残さないスマート設計。
取り付け取り外しもご覧の通りにワンタッチ!しかもkarakoramのように複雑な機構を含んでいない。
そしてVOILEの場合、一旦設定したスタンスとローテーションを変えるためには
ボルト4本をすべて抜いてインターフェースを取り外し、例のガイドを当てて調整するという、
とても面倒な作業が必要なのに対し、こいつはスタンス幅とローテーションを分けて
調整することができるようになっていたりと、まさに至れり尽くせり!!!!!!!

利便性と軽量化、そして複雑化せざるを得ないスプリットのパーツをスマートにする
高いデザイン性をも同時に達成している。
誠に勝手ながら決定版と言わせて欲しいな。コレに関しては!

無理と知りつつも、このベースをAccubladeにできないだろうか?と
つい夢想したくなるデキ映えだ。

う~ん、スプリット・ボードでもフリーソールに戻るのか!?オレ?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.01.31 | コメント(1) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

ネタ丸投げですんませんねぇ~w
karakoramのBIN詳細画像見たらはほぼベースレス?
ワイヤーじゃなくてヒモ!
MY板CARBON仕様にして良かったw

2012-01-31 火 19:24:06 | URL | HAMA☆ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR