舞子【1/28】・上越国際【1/29】

20120128h.jpg

報道されている通り、今年最大、最強寒波の影響は新潟県にも甚大だ。
雪かきや雪下ろしに追われる住民の皆さんに大変申し訳ない思いを抱きつつ
せめて地域経済に一役買おうとそそくさとスキー場へ向かう。

もちろんこの週末もかぐらを登ろうと企てていましたが、
この豪雪では、私レベルは地獄を見ることは明らか。
道具は一式積んで行ったが、ゲレンデパウダーを狙って正月に続き舞子へ向かう。

20120128a.jpg

上の画像はもう昼過ぎの落ち着いてきた頃の画像なので
朝一の奥添地エリアのパウダーの臨場感はまったくありませんが、
そりゃあまあスンゴイパウダーでした。
毎年そうですが、平日に来れるスキーバムの方や、地元の方など
いわゆるパウダーハンターの方々にしか当てられない幸運を、今年は週末に当てられる確立が高く
ホリデースキーヤーの私が、リフトでこれだけのパウダーにありつけちゃうなんて、幸せ過ぎます。

20120128d.jpg

土曜の晩はかぐらの近くに宿を取り、日曜日はかぐらに行く予定が、なんと高圧電線の不具合で、
かぐらのキモ、もしくは核心部と言っていいかぐら第一高速リフトが運休。
よって、日曜もゲレンデパウダーを求めて越後湯沢方面へ向かうことだけ決め宿を後に。
迷ったあげく、争奪戦のなさそうな上越国際へ行くことにした。
ここももう10数年前に来たことがあるのだが、まったく記憶にない。
古くからあって、とても歴史のあるスキー場にありがちな落とし穴も想像されるが
書き込みを見ると、とにかく広いらしい。
果たして行ってみますと、確かに異様なほど広いのだが、驚くほど平らなスキー場だった・・・
天候が天候だったので、よけいにそう感じたのかもしれないが、どのコースも同じ景色・・・
ただ、天気が良ければ景観も良さそうで、難易度も含め家族連れに最適ではなかろうか。
どのコースも一定のレベルで設定されているので、初心者のカノジョでも
様々なコースへアテンドできるので、ツアー感覚で楽しませてあげることができるだろう。
いうなれば広大なクロスカントリー場。

ただし、スキーヤー限定。

ここ上越国際で、スノーボードの初心者を連れ回すと確実にトラウマになり
二度とスノーボードはやらなくなるか、最悪連れて行った人が嫌われることになるかもしれない。
それくらい個々のリフトアクセスが悪いんである。
いくつかのスキー場をリフトで繋げながら発展してきたオールドコースのまさに典型。
スキーならスケーティングすればなんてことない距離感なのだが、
スノーボードだと上級者でもいいかげん頭に来る絶妙な設定。

20120128e.jpg

20120128f.jpg

そんなわけで、どの駐車場から行っても一番奥地にあたるフォレスト・ゾーンは、
こういった天候だと尚のこと貸し切り。
おかげで距離短めながらパフパフのパウダーをいただけた。

20120128c.jpg

ところで、この二日間のお供はMAGIC 38 Split。
TT168持って来ればよかったとも正直思ったが、
それはゲレンデでスプリットっていうハズし感だけの話で、もちろん乗れば最高に楽しい。気持ちいい。
隣のWAND FORWARDは会社の部下。FORWARDも乗りやすい良い板だ。
もう5シーズン前のモデルなので最新モデルと違うかもしれないが、VECTOR GLIDE Mark3に似た
安定感の高いボードで、Mark3ほどキレ味を際立たせていないまろやか風味が持ち味か。

20120128g.jpg

オールドコースのいいところは、メシが美味い(確立が高い)ことだと思うが
レストラン(食堂)に貼られた、このポスターのジズル感にメロメロにヤラレた。
普通、上手い料理写真家はこんなに具材をテカテカに撮らないが、
逆にそのテカテカ感が、寒い中で凍えた身にはヨダレモノに見えてしまう。
なんてことをプロのグラフィック・デザイナーが真顔で語り合ってしまうのもまた
B級ゲレ食の楽しみ方だ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2012.01.30 | コメント(1) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

土曜はどこもパウ祭りでしたね!
NOSE166(WAND FORWARDのグラ入)を3年ぶりに投入は気持ちイイ。
今週末もヤバイっしょ!

2012-01-30 月 19:10:38 | URL | HAMA☆ #DNiKDWeE [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR