スプリット・ボードってどうよ?に関する私なりの解答【第一話】

magic_split_2.jpg

そろそろ冬の足音も聞こえてきている今日この頃。
裏庭を愛するパウダーライダーの皆さんいかがお過ごしでしょうか。
昨年あたりから急激に熱を帯びはじめておりますスプリット・ボードに関して
果たしていかがなものかとお悩みの方々も少なくないと思われます。
今回はそんなお悩みの貴兄の一助になればと筆(キーボード)を取った次第でございます。
スキーでのハイク経験があるとは言え、私も昨季の途中からスプリットを始めた新参者。
そんなたいそうなことも申し上げられませんので、まあ参考程度にでもなれば幸いでございます。


第一話【スプリットって、どういいのよ?】

なにはなくともこれだと思いますが、はっきりと登りが『楽(ラク)』です。
特に深雪の先頭を切る場合に於いてはそのメリットはMAXになります。
時に私は自分の前に最低5人はラッセル担当がいないとかなり苦労する程度の体力しかありませんので
スノーシューで膝まで深雪に埋まるような場所だと体力は10倍消耗し10倍ペースが落ちます。
そこをスプリット・ボードならば踏みしめられたラインをスノーシューで歩く半分以下の体力で
そのペースを維持でき、しかもペースを上げる余裕も生まれます。
私の感覚ですがスノーシューで膝程度沈み込む場所でも沈むのは5cm程度です。

DSC00821.jpg
これくらいの深雪があまり苦になりません。ここをスノーシューで立つと膝まで
下手すりゃ腰まで埋まります。

kagura0220e.jpg

たまにスノーシューに較べて重いことを指摘する方がいらっしゃいますがそれは持ち上げようとするから。
すり足で進めば膝を上げる必要がほとんどないため太ももへの負担が少なくて済みます。
ちなみにボードを背負わなくて済むことで荷物が軽くなることもありますが私の場合は背中の重さは
あまり負担には感じませんのでそれよりも背負ったボードが風に煽られないことと
低い枝をくぐるときに気を遣わされないことなどの方が背負わないことでのメリットに感じます。
滑るときはスノーシューとクライミング・スキンで重さにあまり差はないのでバーターですが
あえて言えばスノーシューは身体から一番遠い場所に積載するしかないことに較べて
クライミング・スキンはザックの一番下に納めることもでき
荷物の重量バランスを最適化できることの方が大きいでしょうか。

とにもかくにもスプリット・ボードのメリットは
登りで楽できることに尽きると言って過言ではありません。
深雪の登りでトラウマになるくらい苦労されたことのある方、体力に自信のない方、
まさしく私のことですが、そんな私に同じ日に同じ場所を登り返す体力を残してくれるのが
スプリット・ボードなのです。
これは私がゲレンデ・アクセスでバックカントリーに入っていくのでよけいにそう感じている部分では
ありますが、ゲレンデではなく国道からアクセスし山裾までの平坦な場所をそれこそすり足進むような
シーンを想像いただければ更にスプリット・ボードのメリットをイメージいただけるのではないでしょうか。

さて、きれいな花には棘がある。美味い話にゃ裏がある。
次回はそんなスプリット・ボードのデメリットに関して書いてみようと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2011.11.09 | コメント(3) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

興味津々で読ませて頂きます。

2011-11-09 水 22:03:25 | URL | オヤジボーダー #- [ 編集 ]

私の場合3月中旬頃まではSPLITに興味なしでしたが・・・
いきなりSWITCH-ON!
一番の決め手は「楽」ってとこですね。
SNOWSHOESだと太ももパンパンに・・・

2011-11-09 水 22:42:05 | URL | HAMA☆ #DNiKDWeE [ 編集 ]

オヤジボーダー殿
お眼鏡に適えばいいのですが・・・

HAMA☆さま
私も昨季の大雪に大敗しわらにもすがる思いでのスプリットでした。

2011-11-10 木 11:06:42 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR