FC2ブログ

ニュー・ミュータント

newmutants1.jpg



そもそもの公開日が2018年4月だったのですが、
本作の製作中にFOXがディズニーに買収されたことを受け、
作品自体はファンからは支持されていながらも、
アベンジャーズを有するMCU(Marvel Cinematic Universe)との位置づけの
問題もあり、再撮影の可能性も含めて一旦2019年2月に延期が決まった。
そもそもディズニーは『X-MEN』の権利が欲しくて買収を決めたこともあり、
そのX-MENのスピンオフで、しかも異質なホラー作品ということも合わさって、
その後も今作の調整はだいぶ難航したようで、4月から8月、
2020年の4月と公開延期を重ねているうちにコロナ禍に突入してしまう。

いつ、どこで?ではなく、やるかやらないかという
お家事情の絡む話しなだけに、動画配信に切り換えるわけにもいかず、
いよいよお蔵入りか?と思われた2020年8月に全米公開に踏み切った。
それから更に半年経って、先行配信という形式ながら
(3月31日にブルーレイ+DVDセット発売)、
やっと日本でも観られることとなった。
待つこと3年ですよ3年!
劇場公開が叶わなかったのは誠に残念ではありますが、
まずは観ることができて何よりであります。

ディズニーによる再撮影や再編集は行われなかったとのことですが、
予告編にある映像が使われていなかったりもするので、
何某かは改編があったものと思われますが、定かではありません。

newmutants2.jpg

が、漏れ伝わっていた情報によると、
かなりホラー色の強い、むしろ問題作という触れ込みだったので、
ディズニー側がだいぶ甘口にブレンドし直した可能性は否定できません。
(もしかすると買収前のFOXかも??)

ということもあり、日本版予告編と上のUS版予告編では
印象がだいぶ違う。

※もし鑑賞されるおつもりでしたら、
 以下の日本版予告編は見ずに、
 上のUS版の気分でご覧になることをオススメいたします。




だいぶ趣が違うでしょ?
ストーリーもこちらの日本版の予告編の方が合っているように思えますが、
このような切り取り方は本作の趣旨には反しているように思う。
全米公開からもだいぶ経っているし、
日本の配給元もネタバレ上等の覚悟なのだろうが、
この予告編は公開を楽しみにしていたファンを舐めていると思う。

newmutants3.jpg

さておき、
やはりアニャ・テイラー・ジョイの存在感が図抜けております。
放っておいても主役格。
すでにアニャを若手俳優たちの群像劇で使うのは
無理があることを証明してしまっている。
すでにアベンジャーズクラスだ。

噂レベルの話ではありますが、ディズニー傘下となっても
『デッドプール』の続編は制作される見通しだというし、
アニャ演じる「マジック」も
このままの勢いでアベンジャーズに出てくれないかな〜〜〜

というわけで、あまりに待たされたおかげで、
その間に知りたくもない情報を知りすぎてしまった。
そのため初見の感じが全くなく、むしろそうした舞台裏のゴタゴタの
経緯を想像する方が楽しかった作品でありました。

誤解のないように言っておくと、これまでにX-MEN関連を観ていて、
今作のストーリーに関する事前情報のない真っ新な状態で観られれば
かなり楽しめる娯楽作品に仕上がっておりますので、
気になった方は是非ご覧ください。
(オススメ度:X-MEN好きならマスト。そうでなければ60)

ところで

newmutants5.jpg

エンドゲーム』と『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で
幕を閉じたMCUのフェーズ3。
コロナ禍の影響で、特に劇場公開作品にスケジュールの遅れがあるものの、
いよいよMCUフェーズ4の幕開けとなる
『ワンダヴィジョン』の配信がDisney+で始まった。

同じDisney+で配信された『スター・ウォーズ・ストーリー』の
マンダロリアン2』の最終話に“アノ人”が登場して世界中をあっと言わせたが、
ワンダヴィジョンの第5話にもとんでもない人物が登場して
(ある一部の界隈では)大騒ぎになっている。
スパイダーマン』の次回昨でもいよいよマルチバースが解禁になるらしいが、
ワンダビジョンはその口火を切る格好となっている。となると、
この『ニュー・ミュータント』もあながちMCUと無関係ではないのか?

ちなみに、『ドクター・ストレンジ』の続編は、
このワンダビジョンから連なるストーリー展開となるそうで、その名も
『ドクター・ ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』!

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて来週月曜日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
かれこれ2016年からこちらに度々コメントを寄せてくれていた
たいそんさんと、やっと一緒に滑ることが叶った。
同じTT愛好家ということもあり、まさに案ずるより産むが易し。
つべこべ言わずにひと滑りすれば、やはり話も早いわけでありまして。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2021.02.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR