FC2ブログ

ダウンチルデッキをリフォームしました

2020_0612-27.jpg

ダウンチルから新たに発売された小径ウィール『CATS』を手に入れた。
CATSの話はまた次回にするとして、
今回は真新しいウィールを使うためにデッキをリフォームしたお話です。

2016年のダウンチルセッションのときに手に入れたダウンチルデッキも、
すでに4年の時を経て少々艶がなくなってしまい、
例の“おうち時間”を持て余していたこともあり、
一気にデッキをリフォームしたい気分に拍車がかかってしまった。

本当はソール面の「DOWNCHILL」のロゴは活かしたまま、
日灼けと経年変化で黄ばんだ色味を鮮やかにしようと試みたのですが、
私の技量では無理でありました。
途中で諦め、ランダムサンダーで一旦すべて削り落とすことにした。
関係各位、誠にさーせん。

2020_0612-33.jpg

なので、作業内容としては
基本的にスノースケートデッキをリフォームしたときと同じ。
違うのは、スノースケートは杢目を活かすクリアニスで仕上げましたが、
今回はニスの前に色づけを施してみた。

2020_0612-9.jpg
2020_0612-10.jpg

それに加えて艶ありのニスを10層重ね塗りしてみた。
10層なんて言ってますが、ニスの薄め方をイロイロ試行錯誤していたら
その回数になってしまっただけの話。
でも、その甲斐あって磨き作業なしでこれだけ艶を出すことができた。

2020_0612-11.jpg

我ながら上手くリフォームできたソール面とは違い、
デッキ面はグダグダになってしまった。
サンドグリップ加工を施してみましたが、あからさまに失敗。
砂にニスを重ね塗りするときに筆遣いが荒くて気泡が入ってしまった。
おかげでなんか汚い。
こういうことがあると、高くてもプロの職人が加工した
市販品を買うべきだと思い知らされる。

とはいえ作業自体を楽しむ目的でやっているので、これでいいノダ。
何より、こういう作業は何度か失敗しないと上手くならない。
失敗は成功の母なのであります。
また気持ちがアガったらデッキを塗り直したいと思います。
いつになるのか分かりませんが・・・
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2020.07.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | スケートボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR