FC2ブログ

ダイソンの電気自動車 開発中止

2020_0515-17.jpg
2020_0515-16.jpg

あのダイソンが電気自動車を作っていたのを、知ってましたか??
私はまったく知らなかった。知ったのは開発を断念したというニュース。

実現できていれば。という但し書き付きではありますが、
200kWモーターをデュアルで装備して536馬力を発生。
0〜100km/h加速は4.8秒、最高速度は時速200km程度で、
満充電での走行距離はテスラのModel Xの航続距離507kmを
軽く超える約965kmと言われる。
しかも、実走行できるモデルまで存在しており、
創始者のジェームズ・ダイソンも実際にハンドルを握って
テスト走行していたというじゃありませんか。
ヒジョーに残念であります。

AppleもEV作ろうとして断念していますから、
PCやハイテク家電のメーカーは、よっぽどやりたいんでしょうね〜EV。

それほどテスラの手法論が、採算含めて秀でていたわけなのでしょう。
「あれならウチでもできる」と思えるんでしょうね。きっと。

「商業ベースには決して乗らないと分かったから」という以外に
撤退の理由に関しては発表されていませんが、
ダイソンのオリジナル開発でのバッテリーを搭載する予定だったことからも、
やはりバッテリーの価格を下げられなかったのでしょうか。

以前、仕事でとあるバッテリー会社の方に伺ったのですが、
そのバッテリーメーカーの安全基準で測ったら、
とてもじゃないがテスラのバッテリーの構造では基準を満たせないそうです。
個人的な意見も含めて「あんなに危ないもの・・・」とまで仰っていたので、
それを制御しているテスラの技術は相当なものなのでしょうね。

私が知らないだけかもしれませんが、
テスラの自動運転の事故のニュースは聞こえてきても、
バッテリーが燃えたとか、破裂したとかいうニュースは聞かない。

おまけに先日、スペースXの新型宇宙船「クルー・ドラゴン」を
無事宇宙ステーションにドッキングさせたわけですから、
イーロン・マスクって人は本当にスゴいのか、
もしくは強烈に運がいい人なのかもしれません。

いずれにせよ、リスク承知で思い切らないと、
今ある技術ではあの価格にあの航続距離を稼ぎ出すバッテリーを
載せられないってことなんでしょうね。
「いいからやっちゃえ」みたいな、
ベンチャー的なイケイケ精神の賜物なんですかね。

ダイソンあたりが安全なEVを実現してくれたなら、
自動車界の流れも変わったのかも。とか思うと本当に残念でなりません。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

2020.06.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR