FC2ブログ

アイリッシュマン 〜ついに我家にNetflixがやってきた!〜

irishman1.jpg



これまで、なんとなくではあるが
「Netflixを契約したら終わりだ」と思ってやって来た。
それは、「いよいよリビングのソファに根が生えてしまうかもしれない」という
危惧感からの切実な思いだったワケなのだが、
こと、#stayhomeな状況に至っては、それも仕方がないことだろう。

これまで
・WOWOW(BS放送)
・Amazon Prime Video(デジタル配信)
・Disney THEATER(デジタル配信)
・フジテレビNEXT(CS放送:F1中継)
の4つの有料チャンネルを契約してきたわけなのだが、
いよいよそこに「Netflix」(デジタル配信)が加わることとなった。
(とはいえ、F1は開幕のメドすらたっていない状況なので、
 フジテレビNEXTは一旦解約した)

地上波を含め、これでいよいよ
我が家のリビングのテレビの液晶が休まる暇はなくなった。

というわけで、いまNetflixを契約して、何はなくとも見なければならないのは
もちろん『アイリッシュマン』であります。

下馬評を覆して本年度アカデミー作品賞に輝いた『パラサイト』の活躍の裏で、
まさにその下馬評の期待を一身に浴びていたのが、
他ならないこの『アイリッシュマン』。

irishman2.jpg

巨匠マーティン・スコセッシをはじめとして、
ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ、ハーヴィー・カイテル
といった大御所俳優達がこぞって参加した超話題作。
しかも、上映時間は圧巻の3時間29分。

その制作費は1億7500万ドルとも言われるが、
アベンジャーズ4の3億ドルと較べればかわいいもの。とはいえ、
いまどき任侠映画にこの額の予算をつぎ込むメジャー配給会社もないようで、
まさにNetflixならではの作品と言えるだろう。

物語は1975年にアメリカで実際に起こった、
最も有名な未解決事件の1つであるジミー・ホッファ失踪事件を軸にして描かれる。

もし鑑賞する予定があるなら、
この失踪事件のアウトラインは調べておいた方がいいかもしれない。

「エルヴィスやビートルズと同じくらい人々を熱狂させた」
と、劇中でも述べられるほどのカリスマ、
全米トラック運転手組合委員長ジミー・ホッファ(アル・パチーノ)と、
ペンシルバニアのマフィアのボス、ラッセル・ブファリーノ(ジョー・ペシ)、
そして、そんな大者たちの寵愛を受け、腹心として長く仕え続けた
元トラック運転手のフランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)の3人の半生を、
後日語られたシーランの告白という形で綴っていく、壮大な叙事詩となっている。

ホッファという強大すぎるほどの権力を持った男の存在はアメリカの闇で、
もちろんそのコントラストを描き出すのはジョン・F・ケネディという存在だ。
今作がアメリカの光と闇を描く近代史となっているところも見所。

しかして、200分を超える時間の間中、
私の心を掴んで離さなかったのは、
デニーロ演じるフランク“アイリッシュマン”シーランという男の
深すぎるほどの忠儀心でありました。

登場人物のほとんどが、対抗勢力、ときに身内から、
簡単に殺されていく危うい世界の中で、
83歳という天寿を全うできたのは、ひとえにその忠儀心からによるもの。

尊敬し、約束を守り、多くを語らず、自らの犠牲を厭わない。

そんな嘘偽りも、表も裏もない彼の言動や行動に、
世の大物達は上下の隔たりなく彼を信頼し、ときに友と認める。

フランク・シーランの人生観には心からシビれさせていただきました。

といったスコセッシの脚本、編集の妙技に加え、
シーランを20代から80代までを演じたデ・ニーロの
特殊メイクと、傑出したCG加工技術にも目を見張らされる。

誠にお金の使い方も見事でありました。

私も大好きなMARVEL作品をして「あれは映画ではなくテーマパーク」と
吐き捨てたスコセッシに、これまでは少なからず嫌悪感を抱いておりましたが、
こういった作品には出資せずに、アメコミ作品に巨額の制作費を投じ続ける
メジャースタジオの姿勢に対して、そう言いたい気持ちも今では良く分かる。
これを見せられてしまっては、もはやグウの音も出ない。

スコセッシの次回昨『Killers of the Flower Moon』は、
すでにデ・ニーロとディカプリオの共演が決まっているそうで、
配給権と制作費に関して、現在Netflixに加えて、Appleとも交渉中とのことだ。

『ROMA』を世に出した功績も含め、
Netflixの今後の活動からは一切目が離せなくなった。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて来週月曜日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
滑れないとき、使っていないときの方が、
道具に施したい改良策が浮かんできてしまう。
今シーズンは一回も使わなかったスプリットボードなのに、
バインディングに改良を加えてしまいました・・・
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:Netflix - ジャンル:映画

2020.04.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR