FC2ブログ

TOYOTA GR YARIS

2020_0402-13.jpg



トヨタ ヤリス(旧名ヴィッツ)のGAZOO Racingチューンのスペシャルモデル。
『GR YARIS』が3月31日〜4月1日の二日間、
東京駅八重洲中央口の特設ステージに展示されるということで、
打ち合わせのついでに寄ってみた。

2020_0402-16.jpg

私は、いわゆるホット・ハッチと呼ばれる、
ピリリとスパイスの利いた小粋なクルマが好きなのですが、
中でもオリジンをラリーカーにもつリトル・ダイナマイトなクルマはより大好き。
どういったわけか、ラリーのホモロゲーション・モデルは、
私の目にいつも魅力的に映る。
2020_0402-17b.jpg
なので、ラリーカーに起源を持つ、
この『GR YARIS』もまた、かなり好きな部類に入るクルマだ。

2020_0402-6.jpg
2020_0402-12.jpg
2020_0402-14.jpg
2020_0402-8.jpg

上に画像を貼ったオリジナルのWRCカーはまったくカッコ良くないし、
『86』も『SUPRA』もまったく私の琴線に触れては来ないのだけれど、
『GR YARIS』はなかなかにドキドキさせてくれるじゃありませんか。
マニアレベルのクルマ好きが社長をやっているメーカーでないと、
なかなかこういったクルマは出てこないと思う。

2020_0402-7.jpg
2020_0402-10.jpg

この際、荷室の使い勝手の説明は必要ないように思うのですが、
こういうラリーとはまったく関係のないことを、
きちんと紹介してくるのもまたトヨタというメーカーだ・・・

あえてそれに乗っかって話を続ければ、
2人までならスノーボードでも問題なく行けそう。
ショートボードならサーフボードも中積みできるかもしれない。
ただ車中泊は無理だろう。これ買って車中泊する人もいないだろうけど。

2020_0402-9.jpg

こちらは隣に展示されていたノーマルのヤリス。
リッター30kmを超える燃費性能を誇るハイブリッドで213万円!
身内にラリーカーがいるせいか、ハンドリングもすこぶる良いらしい。
しかして、どうにもヤスモノ感が否めない。

2019_1025-36.jpg

ホットハッチではなくベースモデルという観点で言えば、
新型の『ホンダ フィット』の方が品質感というかイイモノ感が高くていいかな。
モーターショーで見ただけですが。

2019_1025-50.jpg

もちろん私としては、フィットを買うなら間違いなく
『ルノー トゥインゴ』を買いますが。

2020_0402-11.jpg
2020_0402-15.jpg

本気度が伝わって来るディテール。イイデスネ〜〜

【GR YARIS 1st Edition】
車両本体価格
RZ “High performance” 4,560,000円 税抜価格:4,145,455円
RZ 3,960,000円 税抜価格:3,600,000円
※オプション価格は含まれていません。

お値段もなかなかのもの。

2020_0402-30.jpg

【ABARTH 595 COMPETIZIONE】
ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション
全国メーカー希望小売価格 4,000,000円 税抜価格:3,636,364円

ただし、こうやってアバルトと比較すると、
GR YARISの価格設定には説得力があるように感じる。

さておき、
こんなクルマとドキドキするような生活をしてみたいものであります。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
車中泊というのは繰り返すごとに改善されていくものであります。
そして、眠りとは自分自身の知られざる身体の特徴を知る
良い機会にもなるのでありまして。
   

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自動車・バイク関連ニュース - ジャンル:車・バイク

2020.04.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR