FC2ブログ

2020 F1 開幕戦 オーストラリアGP 新型コロナウィルスの影響で中止

2020_0309-45.jpg
2020_0309-46.jpg

いよいよF1も開幕ですよ。
他のスポーツにはあまり関心のない私としては、待ちに待った日でありますよ。
FP-1(Free Plactice-1)から全セッション観てやろうと意気込んでいたのですが、
なんと新型コロナウィルスの影響で、
今季開幕戦のオーストラリアGPが中止となってしまった。

第4戦中国GPは2月末の時点で早々に延期が決定され、
第2戦のバーレーンGPは無観客での開催がすでに決定されていた。
今年初開催となる第3戦のベトナムGPも予断を許さない状況であることも
早くから報道されていた。

そして、イタリア国内での感染拡大を受け、
イタリアからの渡航禁止令などがオーストラリア政府から
発布されるのではないかとも言われ、
もし1チームでもサーキットに到着することができなければ、
たとえ開催しても、世界選手権の対象から除外するとの発表もあった。
それ以前に開催に関して賛否あったことは聞いていたし、
予断を許さない状況であることは分かってはいた。

しかして、各チームとも無事にメルボルンに集結し、
GPウィークが始まるやに思われた矢先に
マクラーレンのチーム員の1人に陽性反応が出て、
検討の結果、開幕の前日にマクラーレンは棄権することを決めた。
それを受け、その晩に各チームと主催者側とで緊急の協議が行われ、
なんと走行開始2時間前にグランプリの中止が決定された。

これに続いて第2〜3戦の延期も発表され、
5月末の開幕を目指す見通しであることも伝えられた。
それはつまり、5月中に開催予定であったオランダ、スペイン、モナコの
各GPも延期もしくは中止の可能性が高いということだ。

パンデミックと定義された新型コロナウィルスの感染拡大の中心は、
いまやヨーロッパへと移り変わってきているのだから、
それも当然であろう。

無観客での開催を表明していた選抜高校野球も中止を決定し、
プロ野球やJリーグといった日本国内だけでなく、NBA、NFL、
大リーグも開催の延期を決定した。
そして、いよいよオリンピックも1年の延期が議論されるまでになってきた。

なんとか無観客での開催を実施した大相撲春場所も
テレビで観られはするものの、寂しさは否めない。

映画の世界でも、4/10日公開予定だった
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が世界的に延期され、
日本公開日も11月20日と発表されたり、撮影自体も中止されている。
ブロードウェイミュージカルの全公演も中止になったりと
エンタメ業界にもその波紋は広がっている。

今回のオーストラリアGPが、ギリギリまで中止の決定を延ばすような
強硬策を採ってでも開催しようとしていたのは、もちろん経済的な問題が理由だ。

開催には莫大な開催権料が必要で、地元の開催者にとって、
それらの大半は観客のチケット代金によって賄われる。
国によっては政府が開催のために補助金を出すほどの
国家レベルの行事でもあるわけで、おいそれとは中止にはできないのだ。
もちろん、お金よりも人命の方が大切なのは言わずもがなですが、
国家レベルの話を横に置いておいても、様々なサプライヤー、
地元の開催関係者への支払いや、
地域に落ちるはずの巨額のお金が全て消えてしまうわけだから、
遠回しに人命にも関係してくる深刻な問題でもある。

春の選抜高校野球の中止による経済損失は270億円に上るととも言われ、
観光や、多くの人たちが集まるイベントなどから多くの収益を上げている
企業や地方自治体にとっては、
株安よりももっとダイレクトな死活問題となってきている。

そして、
新型コロナウィルス自身に関しても、テレビでもチャンネルごと、ニュースごと、
専門家ごとに意見が分かれていて、それこそ楽観論から悲観論まで様々だ。
もちろん私は根っからの楽観論者なので、
「心配しすぎも良くない」という意見に簡単になびいてしまう。

中でも、Newsweek 3/17号の
ダイヤモンド・プリンセス号の感染データがあぶり出す「致死率」の真実
は、そんな楽観論者にとってはとても分かりやすく説得力のある内容でありました。

もちろん、私の楽観的で浅はかな考えを押しつける気は毛頭ないし、
感染が拡大している国への渡航や、そういった地域からの入国を制限したり、
引き続き注意や警戒が必要であることに違いはない。

それでも、
健康な人には効果がないとWHOから発表されたにも係わらず、
マスクが高値で転売され、デマによってトイレットペーパーが
売り切れてしまうようなヒステリックで安易に暗いこの状況を鑑みるに、
国や自治体が国民や市民の行動規制を解除する前に、
我々自身が自粛ムードを緩和させる準備をしておかないと、
通常の経済活動への復調が大きく遅れていってしまうとも思う。

うがい、手洗い、遊ぶ気持ち、そして何より働く意欲。

塞ぎ込んでいては物事は悪い方向にしか進まない。
と私は思う。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
なんと、今年は例年より1ヶ月近くも早くオープンした
奥只見の春シーズンオープン初日に行ったお話です。
   

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

2020.03.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR