FC2ブログ

MSR Lightning Ascent 22 Inch

2020_0302-58.jpg

今季モデルの『MSR Lightning Ascent』に採用された
新しいバインディングが気になっている方多いのではないでしょうか。
とはいえ、それまでの『3-Strap』にも何の問題もないので、
買い換えるまでには至らないという方がほとんどだと思う。
というわけで、私の出番であります。

ええそうですとも。購入理由のほとんどが興味本位であります。
今シーズンは特に雪板遊びで重宝するかなと思い買ってしまった。

とはいえ、こちらをお読みの方ならご存じの通り、
今シーズンはここまでまったく使う機会がなく、
まさに宝の持ち腐れとなっております。
使ったら報告しようと思い、ここまでネタを温めていたのですが、
一向にその機会が訪れないので、とりあえずさわりだけお伝えしておきます。

2020_0302-53.jpg

何はなくとも、というか、唯一確認しなければならないのは
この『パラゴンバインディング』。
一度セッティングを出したら、スリッポンのように脱ぎ履きできるのかと
思いきや、そんな甘い話ではなかった。
一度ベルトの締め付けを開放させてからでないとつま先は入らない。
その上で左右のベルトを締め上げる必要がある。
高いグリップ力を得ようとしたら当たり前の話だ。
少し考えれば買わなくても分かるよな・・・
簡便さが増したと考えるならば、
締めるべきベルトが一本減ったという理解でよろしいかと。

つまり、面でブーツを支えることで、
固定力を増強させるための改良なのであろう。
硬い斜面のナナメトラバースなど、歯が斜面にナナメに刺さりながら
身体を垂直に保ちたいときに威力を発揮してくれそうだ。

ベルトの締め上げは今まで通りとてもラクチン。
ベルトループの押さえつけ力も増していて、とても頼もしい印象。

2020_0302-52.jpg

そして、画像にあるように、
ヒール側のステンレス製のベルトホルダーはコの字のままながら、
パラゴンバインディング側は輪環形状になり、
併せてベルトが抜けきらないようにベルトの端にストッパーが用意された。
つまりベルトを緩めたところに足を入れて、ベルトを引き揚げれば固定される。
慌ただしい現場でとても長宝しそうだ。

2020_0302-54.jpg

言ったようにかかと側のベルトに大きな変更はないが、
オーバーラップ側のベルトと同様に、
余ったベルトを留めておくベルトループが、
ただ引っかけておくだけだったものから、
しっかりと固定される強化版に変更されていた。
何てことない部分に見えるが、実際触るとそのシッカリ感を実感する。
こういったちょっとした部分への気遣いが
全体への安心感、信頼感につながっていくと思う。
ディテールって大事だ。

2020_0302-57.jpg

細かいことですが、こちらは左右が指定されている。
毎回どっちが右か左かで迷むところだったので、
どうってことないことですが、意外に助かる装備。

2020_0302-56.jpg

これまで使っていた『フローテーションテール』もそのまま使えます。
(とはいえ、私は今まで一度も使ったことがないのですが・・・)
というわけで、はやいところフィールドテストをしたいところですが、
それはいったい、いつになることやら・・・

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
こういう自粛ムードのときに、WOWOWがセレクトしてくれる
ちょい古映画は余計に心に染みるわけでありまして・・・
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2020.04.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR