FC2ブログ

かぐら 【1/12】

2020_0114-13.jpg

相変わらずまとまった雪は降ってくれない。
長期予報を眺めても、あまり期待できそうにない。
それは、あわよくばパウダースノー・・・なんていう贅沢なレベルではなく、
もっと多くのスキー場がオープンしてくれるように・・・という切実なレベル。
滑ることのできる一部のスキー場にスキーヤーやスノーボーダーが
偏ってしまうことを思うと、それだけでスキー場に行く気が滅入る。

滑ることができているだけ有り難いと思わなければならないのかもしれないが、
できれば混雑したゲレンデは避けたいところ。
もちろん、もっと雪のある場所まで行けば良いのだし、
ガイドに人気のない山中まで連れて行ってもらえば良いのですが、
私の諸事情がそれを許さないため、この際もう祈るしかない。

とかなんとか言ってますが、それでも雪山に行こうと思うようになっただけ、
自暴自棄になりかけていた頃から較べれば、
精神的にはだいぶ改善が見られるので、それはそれで良い傾向だ。

というわけで、成人の日の三連休は、中日の日曜日に
atu、OYくん、サッちゃんとかぐらに滑りに行くことにした。

2020_0114-5.jpg

かぐらにしたのは、この日曜日に日本海側で雪が降りそうだったから。
シーズンはじめでも、どんなに少雪の年であっても、
いつも雪に恵まれるかぐらは、ここ数年来、湯沢方面で圧倒的な勝ち組だ。
なので、ハズシが少なく、つぶしが利くのは良いのですが、
それはつまり混雑必至ということでもあるので、
こういった年なら尚のこと、できれば避けたい筆頭のスキー場。

それでも何でもこの際仕方がない・・・
正月休みの翌週は空くこともある。ということに一縷の望みを託し、
かぐらに決めた。

土曜日は『フォード vs フェラーリ』を観に行った以外は
家でグダグダに過ごしていたのでまったく眠くならないどころか、頭の中で
FORD GT40のエンジン音が鳴り響いてしまい興奮してなかなか寝付けない。

近頃車中泊に目覚めた私は、いっそ前泊してみようと22時に思い立ち、
そのままかぐらに向け出発することにした。

2020_0114-1.jpg

今回は田代ステーションから上山するつもりだったので、
月夜野から三国峠を越えて田代入り。
そんなわけで、久しぶりに群馬側から通る三国トンネル。
私の父方の田舎が新潟で、クルマ好きの父は毎年お盆休みは
クルマで柏崎まで帰省していた。
私が小学生だった頃、関越自動車道は川越までしかなく、
毎年この三国トンネルを通って新潟に帰省していたし、
学生時代ですら関越は前橋までしか開通してはおらず、
新潟にスキーをしに行くときも、毎回ここを通っていた。
その後、関越トンネルが開通し、三国峠の重要性が下がったこともあり、
このトンネルは今も変わらずにあの頃のままだ。
なので今でもここを通る度に感慨深い思いに駆られる。

2020_0114-6.jpg

さておき、車中泊のメリットとして、
前泊できるということが一番なのではなかろうか。
と思えるほど、移動方法に選択肢ができることが何よりウレシイ。
ここまで運転してくれば、どんなに寝付けなかった夜でも
トーゼンのように即熟睡だ。

2020_0114-7.jpg
2020_0114-8.jpg
2020_0114-12.jpg

始発から2便目のロープウェイに乗車して上山。
別に新雪が待っているわけでもないので慌てることはないし、
田代第1高速リフトへの連絡コースが開く時間には
実は2便がちょうど良い。

2020_0114-11.jpg
2020_0114-13.jpg
2020_0114-14.jpg

やっと気温も低い状態で維持されるようになったのか、
少雪ながらも比較的雪質が良い状態で保たれていた。
特にピステンのかけられた雪面は、
なかなかに踏み応えの良い雪でありました。美味。

2020_0114-17.jpg
2020_0114-16.jpg

案の定と申しますか、例年ならばこの時期すでに
氷と雪に覆われているはずの田代湖は春のように剥き出し。

2020_0114-19.jpg
2020_0114-20.jpg

朝のうちはスッキリと晴れ渡り、
遠くまで見渡せるナイスビューが眼下に広がる。
キモッチイイ〜〜〜〜

2020_0114-15.jpg
2020_0114-26.jpg

コイツを持ち出すのはもっと雪が良くなってから・・・とか思っていたのですが、
いよいよ辛抱たまらずにSPEEDMASTERを持ち出した。
SPEEDMASTERを北海道以外で乗るのは実はこれがはじめて。
正直、関東圏のスキー場のねちっこくてすぐに硬くなってしまう
手強い雪質では楽しめないのでは・・・
とか思っていたのですが、決してそんなことはなかった。
もちろん、北海道の、特にルスツあたりで滑らせた時のヨロコビと較べたら
足許にも及ばないだろうが、それがSPEEDMASTERの直進性に起因する
ものであろうという想像は、良い意味で裏切られた。
ややこしい場面でも意外に振り回せてしまったのは予想外のこと。
そうした無理強いが楽しいわけでは決してないが、
楽しい斜面までの、ただ通過するだけの場所でウンザリするなんてこともなく、
むしろ、こんな長尺モノを降り回している自分にウットリしてしまうほどに
操るヨロコビに溢れている。
ちなみに、SUPERFISHは新潟の雪ではこんなに軽快には動かせなかった。

意外や意外。SPEEDMASTERはかぐらでもイケる。

2020_0114-28.jpg

意外と言えば、田代を回しきったあとでかぐらエリアまで足を運んだのですが、
10時頃までは空いていたのは意外だった。
しかして、11時にはきっちりと混み始めたのですが。

2020_0114-29.jpg

混雑してきたので11時に早めのランチを摂り、
昼過ぎからコースに戻った。
言わずもがな、雪の状態が良かったのは最初の1時間で、
食後は1分ごとに荒れていくゲレンデにヘキエキさせられた。
何より長いリフト待ちに耐えられなくなり、14時過ぎで辛抱の限界。

私以外の3人は日帰りだったので、田代の駐車場で解散となった。

2020_0114-32.jpg

翌月曜日は、この日も苗場で滑っていたマッツン家族と、
Hさん家族の子供連れスノーボードキャンプチームと
一緒に滑ることになったので、この晩はかぐらで車中泊。
行きつけの居酒屋さんでみんなと、そして
馴染みの店のオヤジと飲み散らかして、
朝方に自分のイビキで目が醒めるほど爆睡した。

ただ、この日の晩には降り出すとか言っていた雪は、
結局夜中になっても降っては来なかった。
まさに降る降る詐欺・・・
(つづく)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2020.01.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR