FC2ブログ

icon8 1/2

2019_1125-2.jpg



今年はスノー系DVDが豊作だ。
ゲレンディング』、『Let's GO SNOWBOARD』などの
ゲレンデガイドやHow to系作品も毎年リリースしてくれている中、
3年ぶりとなる『Downchill-3』も発売された。

そして、ダウンチルより更に1年のご無沙汰が加算され、
4年ぶりの新作として登場したのが『icon8 1/2』だ。

その謙虚なナンバリングが施された題名の通りに、
完全な新作というわけではなく、
「蔵出し」的な意味合いの強い内容となっている。

それは、CDではなくドーナツ盤だった頃の
シングルレコードのB面を集めたベスト盤的なイメージで、
とある理由からA面に収録されなかったアザーサイドが集められている。
そんな風に私は感じた。

この「1/2」という解釈に触れて、思うところもあり
久しぶりに『icon8』や、『Persona』を観返してみると、
一見個々に独立したチャプターが並んでいるように見えて、
このiconというシリーズが、実は映像体験という目的意識に対して、
一枚のDVDの全体構成を詳細にプログラムして
まとめられてきたことが良く分かった。

つまり、A面に収録されなかった「とある理由」というのが、
「DVD一枚を通して紡がれる全体像の構成に填まらなかったから」
であることをあらためて感じることとなり、
「1/2」とは、そういった意味での今作の「まとまりのなさ」に対しての
遠慮であったのだろうと勝手に思っている。

なので、「9」への道の途中を想起させる「1/2」という表記よりも、
いままでのicon全体のB面である『icon' (ダッシュ)』だと私は思いました。

もちろん、それがいつ撮られたものであっても、
映像を観て気分を上げるという観る側の効果効能に変わりはなく、
貫かれる姿勢や、伝わる雰囲気にも変わりはないので、
小難しく考えずに観ても、充分頭の中は真っ白(雪色)になるのでご安心ください。

それと、細かい話ではありますが、
今作からカラコレ(Color Correction)の方向性を変えたのか、
フィルムの粒子の表現の仕方がかなり現代的(HDより)になったように思う。
私はこちらの方が好みであります。
音楽も少し趣を変えていたが、音楽に関しては前の方が好みかな。

さておき、
『Downchill』を観るとゲレンデ(特にルスツ、及びそのサイドカントリー)方面が、
『icon』を観るとBC方面の血が騒ぐ。

美しい斜面を見下ろす、静まりかえった山頂に立つイメージが
勝手に湧き出してきますな。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
私は映画だけでなく、かなりの海外ドラマ好きでもありますが、
そんな私のハートを激しく揺さぶる良作に出会ってしまいました!
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:★スノーボード★ - ジャンル:スポーツ

2019.12.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | スキー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR