FC2ブログ

Surf Grip 0.8mm ショートジョン・インナー

2019_1118-2.jpg

私はどちらかというと寒さには強い方のようだ。
「ようだ」と言うのも、これは比較論の問題なので、
自分は平気なのに、隣で「寒い寒い」と言っている人を見てはじめて
「俺って寒さに強い方なのか」と、自覚できるという程度の話だからだ。

そんな自覚もあって、
1月の海でも関東圏ならセミドライさえ着てしまえば、
インナーなしでも寒さを感じずに済んでしまっていた。
でも、セミドライの重さと、拘束力の高さからくる動きの悪さ、
そして、脱ぎ着に時間と手間がかかることは、正直に頭が痛い。

今年、春〜秋に使ういわゆるジャージ・フルのウエットスーツを
バージョンアップしようと『AXXE Classic AZS』を手に入れたワケなのだが、
何度も言うようにこいつがまた保温性が高くとても暖かい。
2mmなんて厚みだけ聞くと嘘みたいに感じるが、本当に暖かく、
少なくとも夏には使えないほど、使用範囲の狭いウェットスーツでありました。

であるならば、こいつでセミドライへの衣替えの時期を
できるだけあと送りにできないか?と考えるのはいたって真っ当な考えだ。

それと、何となくこの冬は山よりも海にいることの方が多くなるような
悪い(良い?)予感もしている。(私の取り越し苦労ならいいのですが・・・)

そんなこんなで、モノは試しでインナースーツを買ってみた。

2019_1118-3.jpg
2019_1118-21.jpg

この『Sur Grip 0.8mm ショートジョン・インナー』は、
AXXEいうところの『PREMIUM DRAIN』と同じ素材が使われているらしい。

2019_1118-19.jpg

旭化成の『ストレッチエナジー』というのが、この素材の正式名称のようなのだが、
ここにあるように「生地を伸張することにより発熱効果を発揮する」というもので、
この裏起毛が、いわゆる「暖かいデッドエアをスーツ内で維持する」という
保温性能だけを狙ったものではないようだ。
まずは比較的陽差しが暖かだった
先日の大貫(気温7〜9℃)で使ってみた印象について。

まずはこのショートジョンという形状ですが、
膝丈であることはいいとしても、確かに袖のあるものや、
クルーネックの方が暖かそうに思うのではありますが、
ラバーの乗った裏起毛付きの2mmのウェットスーツでも寒くなかった。
汗ばむとか、ポッカポカというわけではないが、
気温に気が散るようなことは一切なかったので、つまり快適。

ノースリーブであることに関しては、腕だけ寒いとかいうこともなく、
何よりパドルへの影響が一切ないことは明確だ。

というわけで、プレミアムインナーの二枚重ねという
贅沢な『ダブル・プレミアム』で、
もうちょっと2mmのスーツで海に入ってみようとは思っている。
ただ、ここに来ての季節の進み方はかなり加速してきたので、
特に茨城の海では少々命がけになる可能性も高い。
日和って止めてしまう可能性も大なので、期待しないで待っていて欲しい。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
今季はスノー系ムービーの当たり年かもしれませんね〜〜〜
というわけで、4年ぶりの新作『icon8 1/2』のお話です。
    

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2019.12.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR