FC2ブログ

Insta360 ONE X 自撮りベルトマウント

2019_1111-18.jpg

360°カメラの特性を活かし、
スティッチングにより自撮り棒を消してしまうInsta360。
自撮りでありながら、まるでドローンから撮られた映像のような
客観性を生み出すところが私がInsta360を最大に気に入っているところ。

なにせ360°全天球で同時撮影されているので、
撮影後の編集でもアングルや画角を変えたり、
画変わりの自由度が高く、前もって撮影プランを立てる必要もないし
ノートラックの一発勝負でもマルチアングルの画が使えたりもする。

そんないいところばかりのInsta360ですが、
もちろん問題点がないわけではない。
これはInsta360に限った話ではないのだが、
片手が塞がる事による弊害が一番大きい。
スノーボードやスケートなどのハンズフリースポーツの場合はまだ良いとしても、
スキーやオートバイの場合はそうもいかない。
もちろん、ハンズフリーな横乗りであっても、
手を自由に動かせた方が良いに決まっているし、
自撮り棒が消えるだけでなく、手もカメラと無関係な位置に置くことができれば
映像としての客観性もより高まる。

スキーの板にマウントして撮影もしたが、
スキー板の発生する振動は相当なもので、
いかにInsta360 ONE Xの手ブレ補正が優れていても、
その限界も軽く超えてしまう。
そして、ネジでマウントと締結された本体が振動に耐えきれずに
飛んで行ってしまいそうになるのが一番怖かった。

というわけで、自撮り棒を手で持つのではなく、
どこかにマウントしたかったわけだが、
それを解決するアイテムが存在していた。
それが『ウェストベルト・マウント』(という名称かどうかは知りません)
であります。

バックカントリーなどではザックにマウントする方法も考えられますが、
これがあれば取り付け場所や方法に苦慮することもない。

自撮り棒は持っている(しかも2本も!)ので、ベルトだけ欲しかったのですが、
ネットで見つけても日本国内ではベルトと自撮り棒のセットで販売されていて、
ベルトだけを手に入れることができない。
いっそメーカーサイトで購入することにした。

2019_1015-16.jpg
2019_1015-17.jpg

サスガはメーカー直営のショッピングサイト。
あっさりと埼玉の片田舎に到着した。
しかも送料を含めても4千円でお釣りがきた。

というわけで、本格的に活用する冬が来る前に、
どんなもんかスケートで撮影してテストしておくことにした。

2019_1111-19.jpg

スキーならば腰から真後ろにセッティングすれば良いが、
横乗りの場合はそうもいかないので、腰から横に自撮り棒が生えるようにする。
ベルトはこうしても何ら問題のない柔軟性を持っていてくれたので助かった。
それでいて固定力は高い。
長尺物の先に重量物のある設計なのでそれなりにグラグラとはするが、
ぶらんぶらんにスイングしてしまうようなことはない。



んで、実際に撮ってみた動画がこちら。
手持ちと絵面はあまり変わり映えしませんが、
さらに客観性が上がったことは確か。
この構造を知らない人が見たら
自動追尾のドローンの映像と勘違いしてくれそう。

というわけで、次はこれを使って雪山で撮影しようと思う。
しかして、他人に自撮り棒を持っているところを見られること以上に、
見た目が恥ずかしいことが気がかりだ。
スキー場で腰から棒を生やした私を見かけても、
どうか見ないフリをして欲しい・・・

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
今年も大詰めですね。
毎日、毎年、同じ事が繰り返されるとか思っていると、
人生の転機ってやつはいきなり訪れたりするわけで・・・

  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.12.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR