FC2ブログ

サーフィン@茨城 11/4

2019_1105-30.jpg

昨晩は居酒屋から寝床(クルマ)に戻った途端に豪雨。
雨が降ることは知っていたのに、
傘も持たずに居酒屋に行っていたのでまさに間一髪。
危ねえアブねえ。

そんな豪雨もものともせずに、新しいクルマの寝床もなかなか調子がイイ。
快眠とはまでは行かないが、いままでの寝床と較べればずっと調子がイイ。
それに、暑いより寒い方が眠りやすいのは言わずもがな。
いまが車泊のベストシーズン。

2019_1105-31.jpg

翌朝6時に目を覚ますと、日帰りのコモさんはすでにポイントに到着していた。
atuと追っかけポイント着。OYくんはまだ寝ている様子。
それにしても寒い。前日よりさらに寒い。
しかもウェットスーツは昨晩の雨で乾かせずに濡れたままだ。
着替えるのにかなりの勇気と思い切りがいる。

2019_1105-32.jpg
2019_1105-36.jpg

遅れてOYくんも到着し、三人でコモさんを追いかけて7時に入水。
波はヒザ〜モモと昨日よりさらにサイズダウン。
しかも、そこそこ風の影響を受けていて、面の状況はよろしくない。

2019_1105-33.jpg
2019_1105-34.jpg

なのに勢い余って『Klinker』を持ち出してしまった。
こいつはウネリ程度では拾ってくれないので、
きっちり割れてくる場所に、きっちりいないと走り出してくれない。
しかも、肩、腕を中心に前日の疲労が溜まっており、
パドルがままならないので散らかるブレイクポイントまで素早く動けない。
昨日からのやる気が完全に裏目になった格好だ。

トホホ。
最近泊まりの翌日の波が良かった例しがない。

2019_1105-35.jpg
2019_1105-39.jpg

すると、atuがKlinkerに乗せろと言ってきた。
え?こんな波の日にいいの?
atuの浮力のある走り出しの良い『Mandala VoidComp』に乗り換えた。
まさに渡りに船。

とはいえ、腕力があがっている事に変わりはなく、
せっかくウネリを拾えるボードなのに、そのウネリを追いかける体力がない。
それでもまあまあ数には乗れたので文句を言う筋合いでもないのですが、
すぐ隣でキャッチサーフで乗りまくる無双状態のOYくんがいるので、
自分がまったく乗れていない錯覚に陥ってしまう。
ローカルルールでスポンジボードは禁止にしたい。

というのは冗談だが、その名の通りに波のキャッチが抜群にいい。
初級者の方など、まずはこいつで波に押される感覚を
身につけるとイイと思う。
一本寄り道するぶん、余計なコストがかかると考える気持ちも分かるが、
良いボードほどその走り出しの感覚が捉えづらい。
「こういうときにボードは走り出すんだ」
「キャッチサーフだと走ったのに、こいつだと走らない。
 じゃあこいつはどこで走り出すんだ?」など、
次を考えるヒントをくれると思う。まさに急がば回れ。
速くて機動性の高いボードに乗るのはそれからでも遅くない。

2019_1105-41.jpg
2019_1105-42.jpg

9時頃に太陽が覗き気温も上がってきたのですが、
そこまでは波待ちが長引くとまあまあ寒かった。
茨城ではそろそろゼミドライの季節だ。

2019_1105-43.jpg
2019_1105-40.jpg

そうして9時過ぎに上がることにした。
波よりも先に体力がなくなった。すっかり腕があがらない。
前日乗りすぎたな。

2019_1105-44.jpg

海帰りに4人して土浦にある『良温 Ra-on』でラーメン。
はじめて「まぜそば」というものを食べたのですが、これまた美味かった。
でも、大盛りはもう無理。普通盛りで充分。
精神的食いしん坊がアダとなった。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
な、な、な、なんと!あのハーレーが!という、最近のオートバイ関係で
一番驚いたニュースが、先日行われたミラノショーから飛び込んでまいりました。
    

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2019.11.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR