FC2ブログ

サーフィン@茨城 10/5

この度の台風19号による被害を受けられた皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

2019_1001-23.jpg

1ヶ月前にサーフィンに連れて行った従姉妹姪が、
また連れて行って欲しいと言って来た。
それはもちろん私ではなく、サーフィンが楽しかったせいであるのですが、
叔父としても、サーフィンを人生の友とする一人としても、
とてもウレシイことであります。

初心者を連れて行くので、小波で構わないわけなのだが、
それにしてもここのところの天候は不安定で読みづらい。
季節の変わり目ということもあるのかも知れないが、
風向きもコロコロと変わりやすくてややこしい。

とはいえ、この日は全体的に小波傾向で、
風向き的にもいつもの大貫が安定度高し。
小波は望んでいないatu、コモさん、ユウタくん、
マッツンも大貫にやって来るほど。この日の選択肢は限られていた。

2019_1001-22.jpg

やっと朝方はヒンヤリするようになったが、
それでも、少なくとも私が海に行く日は気温が20℃の後半になり、
10月にもなって、まだ残暑が続いている。

ここ数年、この時期になると繰り返されように耳にする暖冬予想も、
こんな天候が続いていては致し方ないとさえ思えてしまう。
それほどに、近頃の天候は当たり前のように不順だ。

2019_1001-24.jpg

というわけで、この天気。
風が入ると肌寒いが、風がなくなれば一気に汗ばむほどの陽気。

波の方はと言えば、ヒザ〜モモと低め安定。
それでも波数だけは無駄に多くて乗れ高はそれ相応に高い。

ただ、スープライドで練習を重ねる姪っ子にとっては、
ミドルでドカーンと崩れてくれた方がインサイドで走るので、
ミドルで乗りやすい程度のサイズだと少々合わせづらい様子。
かといって、まだミドルまで出ていくほどの自信はないようで、
なかなか自身の身の丈に合った居場所が見つけられないようだった。

う〜〜ん。ワカル。姪っ子よ、叔父さんにもその気持ちよく分かるぞ。
これは初心者に限らず、どのレベルであっても、
海でも山でも同じことが言える。
チャレンジしなければ上達しないのは確かだし、
上達できないと長続きしない。
でも、社会人としてリスクを取れない領域がある。

そういう中でも楽しみを見つけていくのは、とても根気が要るし、
とても難しい作業になる。生きがいとまで言えなくても、
一生の友となるような趣味と出会うのは本当に難しいのであります。

叔父としてそういう場面を提供できるのは、この上ない光栄なことだ。
とか、
大げさなことを思って勝手にジーンと来ていた。

2019_1001-25.jpg

そうこうしている間に時計はすでに9時を回り、海はこの混雑状況。
まるで真夏の様相。しかも、そのほとんどがロングボード。

1Rを終えて、駐車場に戻ったときに、
こちらをお読みいただいているTakaさんに声をかけていただいた。
朝から鉾田のポイントにいらっしゃったそうなのだが、
そちらのサイズが下がってから大貫に来たとのことで、
多くの方々も同じように大貫に避難してきたのかも知れない。

とにかく嘘みたいに混雑していたのだが、
台風のあとに一気に秋めいてくるのと一緒で、
最後の最後にドカッと混雑して、海はそのあとに秋らしく閑散としてくる。
これもある意味の風物詩。

2019_1001-26.jpg

2R目も1時間ほどやりましたが、
更に波はなくなりロングボードでもいかんともしがたい状況。
さすがの姪っ子もあきらめ顔で上がってきた。
というわけで、昼過ぎに終了。

いつもいつも上手いこと運ばないのは人生と一緒。
またいつでも来なさいよね。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
先日やっと行くことができた栗原川林道での走行シーンを
Insta360 ONE Xで撮ってみた。
果たしてGoProとの違いやいかに???お楽しみに。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2019.10.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR