FC2ブログ

AXXE Classic 2.8mm ロングチェストジップ

2019_1001-19.jpg

今年の初めに『AZS』を手に入れたばかりだというのに、
同じAXXEの『ボヘミアン ロングチェストジップ』もオーダーしてしまった・・・

フルスーツは春〜秋用に3mmと、秋〜冬用にセミドライの5mm、
場合によっては真冬用のドライスーツの3着を持つのが一般的だと思いますが、
『AZS』も『BOHEMIAN』も区分けとしては春〜秋用。
真夏を除く季節で活用するつもりで『AZS』を買ったのですが、
『PREMIUM DRAIN』と呼ばれる裏起毛付きの生地は、想像以上に暖かく、
今夏が猛暑だったことも手伝って、
すでに初夏の時点で暑くて着られなくなってしまった。

そこから真夏になるまでは、
それまで着ていたPatagoniaのジャーフルを仕方なく着ていたのですが、
フルスーツの場合は特に、自分のサイズにきっちりと合わせられたオーダー品と、
最大公約数的に作られた既製品では、
嘘でしょ!ってくらいに着心地に違いがあり、
既製品のPatagoniaを着ているのがほとんど苦痛になってしまいました・・・

ハイソーデス。極度の贅沢病であります。

という重い病気を発症してしまい、
裏起毛のない『PREMIUM LIMITED』という生地で
オーダーし直すことにしました。

とはいえ、同じモデルの生地違いではつまらないので、
昨シーズンあたりから登場した二の腕のあたりまでざっくりと開く、
広い開口部を持つネックエントリーの
『ボヘミアン ロングチェストジップ』にしてみた。

そして、今回は通販でウェットスーツをオーダーするという
ほとんど実験的な気持ちでチャレンジしてみました。

ウェットスーツのオーダーは、測る人の腕前にも大きく影響を受けると思うので、
それを自分で測るというのはちょっとした冒険・・・なのですが、
実は『AZS』をオーダーしたときのオーダーシートの写メを撮っておいたので、
丸写しのカンニング。ほとんど反則技でありますが、これができる安心感もあり、
加えて貯まったポイントを使えたり、そもそも割引率が高かったりしたこともあって、
思い切って飛びつくことができた(無駄遣いできた)のであります。

2019_0927-3.jpg

そうしてオーダーから3週間程度で届いていたのですが、
今年の夏は例年にないくらいにサーフショーツの出番が多く、
せっかく作ったジャーフルでしたが、なかなか出番が巡ってきませんでした。
そうして、まだまだ残暑厳しい9月の最後の週に、
痺れを切らしてこの新しいジャーフル出したわけですが、
結果的にここで出しておいて良かった・・・

2019_0927-34.jpg

何より、AXXEの『PREMIUM LIMITED』という生地は
もう病みつきレベルに超絶柔らかい。
裏起毛のある『PREMIUM DRAIN』も柔らかいのですが、
こちらは更に輪をかけて柔らかい。
圧迫感も感じないし、ほとんど裸と一緒。皮膚感覚。

ただ、身体の硬い私としては、いかにロングチェストジップとはいえ、
ネックエントリーの脱ぎ着に要する時間と手間はそれ相応に増える。
やはりバックジップの方が着るのも脱ぐのもラクだし速い。

では実際にライディングしてみての感想はどうかと言うと、
これだけ表皮が柔らかいと、バックジップであっても突っ張る感触は少なく、
背中から腕に掛けての動かしやすさに定評のあるネックエントリーであっても、
さほどの違いを感じることもない。

速乾性の高さに関しても、裏起毛の『PREMIUM LIMITED』方が
乾いた肌ざわりになるのが速い感じがするものの、
『PREMIUM DRAIN』も一般的なジャージ素材に較べれば格段に速い。

2019_0927-37.jpg

一番驚いたのは、保温性に関してもこのモデルはかなりのものだということ。
このインナーバリアと、ここに重なるアウターのネック部との組合わせによって、
首からの浸水はまったくと言っていいほどなく、
ジャーフルとはいえ、保温性は存外に高い。
裏起毛の暖かさは更にもう2〜3段上を行くものであることは確かなのだが、
こちらのジャーフルの暖かさも想像以上でありました。

バリア類が充実していることも、スーツの保温性に
大きく関係していることを期せずして実感することとなった。
つまり、9月も下旬になったのに、これでもまだ暑く感じる・・・
長引く今年の猛暑に、完全に目論見が外れた感じだ。

そして、先日の台風19号のあとから季節は一気に秋になり、
日によっては気温もぐぐ、ぐ〜〜〜〜んと下がるようになってしまった。
陽が差していればまだ海水温は高いので、長い波待ちも平気なのだが、
曇り空に風が入るとそこそこ寒い。
せっかく作ったジャーフルなのに、少なくとも茨城ではもう出番はなさそうだ。
もう少し気温が下がるまで、とか言いながら出さずにいたら、
まったく着る機会がなくなるところでした。

慌てなくても作るの来年で良かったかな・・・
結果論ではありますが、ちょっと残念。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
先日も小説とその映画化作品とが、必ずしも観る者に同じ感慨を
生むとは限らないという話をさせていただきましたが、
まさにその典型例と言っていい、
湊かなえの『贖罪』の話をさせていただきます。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2019.10.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR