FC2ブログ

RAEN / FLOWERS by Alex Knost

2019_0917-53.jpg
2019_0917-54.jpg

今年の夏は久しぶりにサングラスを作った。
「作った」と言うのは、私の場合度付きレンズじゃないとならないから。
ツルシのサングラスは買えないため、いつも自分用に作らないとならない。

RAENのアイウェアはこれで二個目。
実はこのRAENのフレームは、そのひとつ目があまりに調子が良かったため、
普段使いの眼鏡にしようと思い、続けて買っていたものなのだが、
眼鏡としては私にまったく似合わなかったので、そのまま放置されていたもの。
そろそろ眼鏡の度が合わなくなってきたので、
新たに眼鏡を作り替えるついでに、
このフレームを引っ張り出して、サングラスに作り変えようと思い、
7年ぶりに文字通りの“日の目を見た”というわけだ。

2019_0917-39.jpg
2019_0917-37.jpg

そもそもサーファーのシグネチャーモデルの多いRAENですが、
こちらはその中のAlex knostモデル。
マットブラックのセルフレームが超イカしてる。

2019_0917-52.jpg

モデル名の『Flowers』は当時ノストさんが
好んでアイコンにしていたモチーフらしい。
こんなフィンも同じ世界観で展開していた様子。

2019_0917-38.jpg

柄の内側には何やら詩が書かれているが例によって凡人にはイミフ。

“ジーンズの膝には穴が開いていて、靴にはガムが着いている、
 靴ひもの結び目でちょっとだけ君につまずいた”


って感じか??誰か詩の意味知ってたら教えて。

2019_0917-36.jpg

レンズは全面に色を付けるタイプではなく、
上半分にグラデーションで色が付くタイプにしてみた。
青っぽく見えるが、着色したのはグレースモーク。

私がいつも使っているメガネ屋さんでは、
防傷、防汚コートと、ブルーライトカットのコーティングがセットになっていて、
サングラスなのでPC画面は見ることはないし、
ブルーライトカットは要らないのだが、
これを外すと防傷のコートが選べない。
まあいいか、と3点セットでお願いしたら、
グレースモークよりもブルーカットの青いイリジウムの方が目立ってしまった。
ちょっと失敗。

2019_0917-51.jpg

このテのブランドだと造りが粗い印象があるかも知れないが、
そう思う人ほど実物を手にとって見て欲しい。
意外や意外、使い心地はかなり快適。
デザインだけでなく質感も高く、
アイウェアとしての機能性も充分以上に確保されている。
似合う似合わないは、この際どーでもいい感じだな。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
毎年の恒例行事となっておりますオートバイのユーザー車検のお話。
合格して当然の話をなぜに毎年繰り返しするのか?と言えば、
それは毎度毎度検査場でドラマが巻き起こるから・・・
果たして今回の車検はいかに???お楽しみに。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2019.10.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR